メインメニューを開く

甘利 俊一(あまり しゅんいち、1936年1月3日 - )は、日本工学者数理工学)。勲等文化勲章学位工学博士東京大学1963年)。東京大学名誉教授国立研究開発法人理化学研究所栄誉研究員、文化功労者

甘利 俊一
あまり しゅんいち
Shunichi Amari cropped Shunichi Amari 201911.jpg
文化勲章受章に際して
公表された肖像写真
生誕 (1936-01-03) 1936年1月3日(83歳)
日本の旗 東京府
国籍 日本の旗 日本
教育 東京大学工学部卒業
東京大学大学院
数物系研究科博士課程修了
業績
専門分野 数理工学
勤務先 九州大学
東京大学
理化学研究所
成果 数理脳科学の基盤を構築
情報幾何学の創始

九州大学工学部助教授、東京大学工学部教授独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長などを歴任した。

概要編集

東京府生まれの数理工学者である。神経科学、特に計算論的神経科学を専攻しており、学習理論、自己組織化理論、連想記憶、統計神経力学、神経場理論などを研究し、数理脳科学の基盤を構築した。また,微分幾何学の観点から情報学の研究に取り組み、情報幾何学の創始者として知られている。九州大学、東京大学、理化学研究所に勤務した。

来歴編集

生い立ち編集

東京都生まれ。1958年東京大学工学部応用物理学科卒業。1963年工学博士(「情報空間の刻接 」)。

工学者として編集

九州大学助教授、マサチューセッツ大学客員研究員、東京大学工学部計数工学科教授、独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長などを歴任。その後、理化学研究所の脳科学総合研究センターの特別顧問公立はこだて未来大学客員教授などを務めた。東京大学の名誉教授でもある。 2012年文化功労者2019年文化勲章受章。

研究編集

連続体力学情報理論ニューラルネットワークなどを研究する。最近の人工知能ブームの一部には、甘利の業績の再発見があったことが認められている[出典?]。国際的知名度があり、受賞多数。

人物編集

囲碁アマ六段。

脚注編集

外部リンク編集