メインメニューを開く
待合所(2014年11月)

甘木バスセンター(あまきバスセンター)は、福岡県朝倉市にあるバスセンターである。西鉄バスの停留所標柱の表示は「甘木」となっている。

目次

概要編集

 
旧甘木駅の様子。右側が両筑軌道、左側は朝倉軌道である
 
改装前の待合所

西鉄バス二日市が管理しているバスセンターで、現在は杷木方面から来たバスと福岡市方面へ向かうバスの接続点となっている場所であり、朝夕はバス通学の高校生でにぎわう。また、当停留所の2つ隣の停留所である甘木営業所へは、徒歩で移動できる距離にあるため、ここから営業所行きのバスを利用する乗客は滅多にいない。なお、当バスセンター終着のバスは杷木発甘木バスセンター行が平日に1本存在するのみで、バスの発着拠点は前述の甘木営業所となっている。

以前はこのバスセンターを中心に、旧甘木市内のバス路線網と福岡・福岡空港・大分・別府方面への特急・急行バス路線、鳥栖、小郡、田主丸方面への都市間路線網が広がっていたが、大分自動車道の開通や甘木鉄道の開業などで次第に発着路線数は減少し、さらに幹線である40番台・400番以外(以下、ローカル線)のすべての路線を甘木観光バスに譲渡した際、甘木観光バス側が甘木鉄道甘木駅へターミナルを移設したため、現在このバスセンターからは幹線道路である国道386号及び県道112号の杷木方面、若しくは二日市・福岡方面のバスしか運行されていない。

2014年秋に、待合室が改装された。

当初、この場所に朝倉街道上に敷設された朝倉軌道の駅が設けられ、その後、当駅から杷木方面へ延伸、さらに田主丸・秋月方面に両筑軌道が開業し共同使用の拠点駅となったことがターミナルとしての起源である。路線・会社の改廃に関してはそれぞれの記事を参照のこと。

乗り場と行き先編集

 
甘木バスセンター・杷木方面乗り場
 
甘木バスセンターに進入する日田バス急行高塚行(既に廃止)
 
甘木バスセンター・朝倉街道・博多方面乗り場
乗り場は二つあり、北側(内側)が福岡市二日市駅方面、南側(道路側)が杷木発着所方面である。
  • 40:二日市駅・朝倉街道駅 ⇔ 西鉄甘木営業所・杷木発着所
  • 41:二日市駅・朝倉街道駅 ⇔ 杷木発着所(原鶴温泉経由)
  • 400:博多駅3号線バイパス,都市高速経由)⇔ 西鉄甘木営業所
  • 甘木観光バス・朝倉市あいのりタクシー(甘木中央停留所 - 詳細は後述)
西鉄バス乗り場から道を挟んで反対側にある。
  • 甘木駅など旧甘木市内各方面

過去の路線編集

  • 1:甘鉄甘木駅・甘木バスセンター ⇔ 長谷山・秋月・野鳥・潭空庵 
  • 1:甘鉄甘木駅・甘木バスセンター ⇔ 長谷山・上秋月・松丸 
  • 2:甘木バスセンター ⇔ 十文字・寺内・矢野竹・佐田 
  • 4:甘鉄甘木駅・甘木バスセンター⇔ 屋永・長渕
  • 5:甘木バスセンター⇔ 金川道・小田・林田・田主丸駅
  • 41:甘木バスセンター⇔ 杷木・日田
  • 急行:甘木バスセンター⇔ 田主丸中央吉井営業所浮羽発着所

これらの系統は、末期は両筑交通に管理委託されていた。

これらの路線は2000年ごろまで存在していた。

これらの路線は、1990年ごろまで存在していた。

  • 8:西鉄鳥栖・JR鳥栖駅西鉄小郡駅・松崎・太刀洗駅前・馬田⇔ 甘木バスセンター
  • 9:西鉄鳥栖・JR鳥栖駅 ・西鉄小郡駅・松崎・太刀洗駅前・新町⇔ 甘木バスセンター 

8・9番の末期は鳥栖交通に管理委託されていた。 この2路線は2001年3月廃止。

  • 無番:朝倉健生病院・甘鉄甘木駅⇔ 甘木市役所・屋形原・美奈宜の杜

2000年ごろまで存在していた。[1][2]

  • 急行:朝倉街道⇔ 杷木・日田・高塚 ※2012年10月1日廃止

その他にも大分自動車道の開通まで、福岡空港博多バスターミナル・西鉄天神バスセンター・九重・大分方面へ現在のとよのくに号の前身にあたる特急バスや急行バスが乗り入れていたが、現在は高速道路上の高速甘木バス停が当バスセンターの代替的役割を果たしている。

甘木中央バス停編集

 
甘木中央バス停に停車中の朝倉市あいのりタクシー(甘木観光バス運行)

2001年4月1日、西鉄は甘木地区の支線を廃止し、甘木観光バスが代替輸送を開始した。甘木観光バスの路線は当バスセンターへは乗り入れず、甘木観光側が独自に設置した甘木中央停留所で客扱いをすることになる。そのため、旧甘木市内のうち386号からそれた場所へバスで移動するためには東に100mほど離れた甘木中央停留所から甘木観光バスを利用する必要がある。また、後年朝倉市あいのりタクシーの甘木中央停留所も同位置に設置された。

周辺編集

以前は西鉄ストア(1972年12月開店[3]、1998年閉店)やマルショクが併設されていたが、現在は駐車場となっており、以前に比べると辺りは閑散としている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 九州大学鉄道研究同好会(1999)『鉄路Vol.20』222-240pp.
  2. ^ 九州大学鉄道研究同好会(2000)『鉄路Vol.21』268pp.
  3. ^ 「にしてつ画像ライブラリ- 西鉄ストア開店(箱崎店・三ヶ森店・春日原店・甘木店) 」 西日本鉄道企業サイト

関連項目編集