メインメニューを開く

甚目寺町(じもくじちょう)は、かつて愛知県海部郡にあった。2010年(平成24年)3月22日に海部郡美和町七宝町と合併してあま市となり、甚目寺町は廃止された。尾張四観音の一つである甚目寺観音が名称の由来であり、地名になったのは鎌倉時代からと伝えられる。名古屋市の西側に隣接しており、名古屋市のベッドタウンとして発展してきた。あま市発足時点の人口は約4万人であり、合併前までは日本で5番目に人口密度が高い町であった。市外局番は「052」であるが、かつては「0560」であった。

じもくじちょう
甚目寺町
甚目寺観音
Flag of Jimokuji Aichi.png
甚目寺町旗
Jimokuji Aichi chapter.JPG
甚目寺町章
1970年1月1日制定
廃止日 2010年3月22日
廃止理由 新設合併
七宝町美和町甚目寺町あま市
現在の自治体 あま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
海部郡
団体コード 23423-1
面積 9.34km2
総人口 39,779
推計人口、2010年3月1日)
隣接自治体 名古屋市清須市稲沢市
美和町七宝町大治町
町の木 クスノキ
町の花 キク
甚目寺町役場
所在地 490-1198
愛知県海部郡甚目寺町大字甚目寺字二伴田76番地
Ama City Hall Jimokuji branch ac.jpg
外部リンク 閉鎖

甚目寺町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

隣接している自治体・行政区編集

地名編集

  • 甚目寺(じもくじ)
  • 坂牧(さかまき)
  • 本郷(ほんごう)
  • 上萱津(かみかやづ)
  • 中萱津(なかかやづ)
  • 下萱津(しもかやづ)
  • 森(もり)
  • 方領(ほうりょう)
  • 石作(いしつくり)
  • 小路(しょうじ)
  • 新居屋(にいや)
  • 栄(さかえ)
  • 西今宿(にしいまじゅく)

歴史編集

甚目寺の始まりは推古天皇5年(597年)。地名になったのは鎌倉時代からと言われている。

海道記』に萱津とある。

渡りはつれば尾張の國に移りぬ。(中略)萱津の宿に泊りぬ。

沿革編集

  • 1552年9月4日 - 萱津の戦いが起こる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行により、甚目寺村、坂巻村、本郷村が合併し、甚目寺村が発足。
  • 1906年(明治39年)7月1日 -甚目寺村、萱津村春富村白鷹村森村新居屋村東今宿村が合併し、甚目寺村発足
  • 1919年(大正8年)10月 - 廻間地区を清洲町に編入する。
  • 1933年(昭和8年)8月1日 - 町制施行をし甚目寺町となる。
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 土田・上条地区を清洲町に編入する。
  • 2008年(平成20年)[1]
    • 5月1日 - 美和町七宝町大治町との間に、東部四町合併研究会設置。
    • 11月5日 - 大治町の離脱により研究会を解散、七宝・美和・甚目寺町合併研究会設置。
  • 2009年(平成21年)
    • 2月 - 住民に対して合併に関するアンケートを実施。甚目寺町では「賛成」が41.5%、「どちらかといえば賛成」が23.9%であった[2]
    • 4月 - アンケート結果を受け、七宝・美和・甚目寺町合併協議会を設置[3]
    • 7月24日 - 新設される市名として公募多数と委員会選出の計6つを候補とし、協議会での投票の結果「あま市」と決定された。同時に美和町役場を市役所の本庁舎とし、七宝と甚目寺の各町役場を分庁舎とすることが決定された[4]
  • 2010年(平成22年)3月22日 - 同郡美和町七宝町と合併しあま市誕生。同日甚目寺町は廃止。

行政編集

町長編集

行政機関編集

 
海部東部消防組合北分署

警察編集

消防編集

その他の機関編集

公共施設編集

 
公立尾陽病院
 
甚目寺町中央公民館

医療編集

公立尾陽病院

文化・体育施設編集

郵便局編集

経済編集

特産品編集

企業編集

商業編集

教育編集

姉妹都市・提携都市編集

国外編集

フレンドシップ相手国

2005年に開催された愛知万博では、「一市町村一国フレンドシップ事業」が行われた。名古屋市を除く愛知県内の市町村が、120の万博公式参加国をフレンドシップ相手国として迎え入れた[6]

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
甚目寺観音

寺社編集

史跡編集

  • 阿弥陀寺遺跡
  • 森南遺跡
  • 大渕遺跡
  • 甚目寺遺跡
  • 法性寺跡
  • 清林寺遺跡
  • 萱津古戦場跡

その他の名所編集

  • 上街道(津島街道)
  • 鎌倉街道
  • 小町塚 - 小野小町関東へ向かう途中、新居屋で亡くなったという伝説がある。
  • 清洲飛行場(通称:甚目寺飛行場) - 町内に当時の壕などが残る。甚目寺公民館の敷地内に開拓記念碑が建てられている。1995年に甚目寺町教育委員会が「甚目寺飛行場」という冊子を作成した。
  • 甚目寺町歴史民俗資料館 - 1986年に開館した歴史資料館。

祭事・イベント編集

  • 甚目寺観音節分会(2月)
  • 町民まつり(8月)
  • 甚目寺観音桃十日祭(8月)
  • 萱津神社香の物祭(8月)

出身有名人編集

脚注編集

参考文献編集

  • 甚目寺町史編纂委員会『甚目寺町史』 甚目寺町、1975年。

関連項目編集