メインメニューを開く

生モノ(なまもの)とは、同人誌などにおいて、タレントスポーツ選手、歌い手や実況者など、実在の人物・生き物(固有名称を持つもの)を題材にしていること、および題材にして制作された作品を指す隠語。特にやおいのジャンルで使われる[1]ナマモノという表記も行われる。

生きている人間の私生活を題材とするため、本人や関係者、ファンなどの目に触れないようにするなど、取り扱いに注意すべきという意味が込められている。

用語編集

J禁(ジェイきん)
ジャニーズ事務所関係者、もしくはJリーグのチーム関係者へ見せないようにという意味の言葉[2]。芸能人を題材としたやおい同人誌を、本人が出演するラジオ番組に送ったという都市伝説があり、そこからこのような注意書きが行われるようになったと言われる[2]
P禁(ピーきん)
同人文化を知らない一般の人たち(一般ピープル)へ見せないようにと言う意味で、生モノだけの用語ではないが、生モノで多く使われる[2]
半生(はんなま)
実写ドラマ・映画などを題材にしている作品は、登場人物自体は架空であっても、実在の俳優が演じているため、このように俗称されることがある[3]

脚注編集

  1. ^ 杉浦由美子 『オタク女子研究 腐女子思想大系』 原書房、2006年、61頁。ISBN 978-4562039920
  2. ^ a b c 大崎祐美『腐女子のことば』一迅社、2009年、139、140、155頁。ISBN 978-4-7580-1137-2
  3. ^ 金田一「乙」彦『オタク語事典 〜マンガ・アニメ・ネット・ゲームの最新&定番ワードがまるわかり』美術出版社、2009年、91頁。ISBN 978-4568221329

関連項目編集