メインメニューを開く

生体鉱物(せいたいこうぶつ、バイオミネラル)とは、生体によって形成された無機化合物の総称である[1][2]

様々な植物動物によって形成され、特に強い組織構造を構築する。これをバイオミネラリゼーション英語版(生体鉱物形成作用)という。生体鉱物の例として、貝殻などがある。現在、約60の生体鉱物が知られている。

生体鉱物の応用が材料科学において研究され、医療技術や建築での利用が考えられている。

編集

出典編集

  1. ^ 百科事典マイペディア『鉱物』 - コトバンク、2017年8月4日閲覧。
  2. ^ 生体鉱物 - 理学のキーワード - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部”. 東京大学大学院理学系研究科. 2017年8月4日閲覧。