メインメニューを開く

生写真(なまじゃしん)は、フィルムから現像引き伸ばし等の通常の過程で作られた写真のこと。 かつては光学的に直接、感光紙(印画紙)に投影、定着したものを指していた。デジタルカメラによる撮影は、この限りではない。

アイドル等の人物写真について、写真集グラビア写真などを起こして印刷した写真と区別するために使う言葉である。 また、一点モノの写真ではなく、頒布販売するために焼き増し大量生産した写真について言うことが多い。

単品で販売されたり、写真集やCDなどの特典として添付されたりする。