メインメニューを開く

生出 寿(おいで ひさし、1926年大正15年)3月13日 - 2006年平成18年)[1])は、日本小説家作家、元大日本帝国海軍軍人(最終階級は海軍少尉)。(株)ことば社社長[2][3]

経歴編集

栃木県宇都宮市出身[2]1942年海軍兵学校に入学し(海兵74期)、1945年に卒業。卒業後は海軍少尉に任官した。終戦後東京大学に入学して仏文学科を卒業するが[2]、この間に公職追放を受けた[4]。大学卒業後、アサヒ芸能に入社し、新聞編集部[2]、同出版(現・徳間書店)常務取締役を経て、ことば社社長となる[2]。その一方で日本海軍に関する著書が多数ある。2006年死去。

著書編集

  • 『凡将山本五十六』徳間書店
  • 『反戦大将井上成美』徳間書店
  • 『特攻長官大西瀧治郎』徳間書店
  • 『捨身提督小澤治三郎(文庫版は智将小澤治三郎)』徳間書店
  • 『勇断提督山口多聞(文庫版は烈将山口多聞)』徳間書店
  • 『帝国海軍軍令部総長の失敗』徳間書店
  • 『海軍兵学校よもやま物語』光人社
  • 『知将秋山真之』光人社
  • 『知将児玉源太郎』光人社
  • 『勝つ司令部と負ける司令部』新人物往来社

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文庫版『勝つ司令部負ける司令部』表ソデ 新人物文庫 2009年。
  2. ^ a b c d e 新訂 現代日本人名録 2002 あ~か』日外アソシエーツ株式会社、2002年、1241頁。
  3. ^ 『『日本著者名・人名典拠録(新訂増補第3版)』1(あ~く)、日外アソシエーツ、2012年5月、p.916。
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、68頁。NDLJP:1276156 

参考文献編集

  • 新訂 現代日本人名録 2002 あ~か』編集・発行 - 日外アソシエーツ、2002年
  • 『日本著者名・人名典拠録(新訂増補第3版)』1(あ~く)、編集・発行 - 日外アソシエーツ、2012年5月
  • 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年