メインメニューを開く

生品村(いくしなむら)は群馬県の東部、新田郡に属していた

生品村
Ikushina jinja.jpg
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 新設合併
木崎町生品村綿打村新田町
現在の自治体 太田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
新田郡
面積 16.90km2.
総人口 8,043
(1955年10月1日)
隣接自治体 太田市新田郡宝泉村木崎町
綿打村藪塚本町強戸村
生品村役場
所在地 群馬県新田郡生品村
生品村役場跡
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

大間々扇状地の扇央に位置するため、伏流水からの湧き水が多く、市野井、小金井など「井」のつく地名が多い。生品の地名の由来は、新鮮な野菜を意味する「生くし菜」から、といわれている。 旧生品村役場の跡地は太田市新田村田町にあり、石の門柱に「生品村役場」と刻まれている。筆跡は、元生品村長・小川佐京によるものである。

歴史編集

関連項目編集