生団子(なまだんご)は、長野県埴科郡更級郡(現・長野市)などに見られる特殊な家筋[1]

この家筋では生団子仏(なまだんごぼとけ)という仏像を本尊としているといわれる。この仏像は片足が素足で、片方の草履を手に持っているという奇妙な姿のものであり[2]、この家筋との縁組は忌まれるという[1]。また、この生団子仏に供えるために団子を茹でると、その名の通り一つだけ生のままの物が必ずあるともいわれ[2]、彼岸や月見に団子を作っても、3つは必ず生のままになるともいう[1]

また長野の上水内郡北小川村(現・小川村)には、生団子という名の掛け物が伝わっている。仏像を描いたものだが、その姿は頭に笠を被り、生団子仏と同様に片足が素足、もう片方には破れた草履を履き、身につけた衣も破れており、手には半分折れた杖を持っているというものである。この掛け物を持っている家には、金がたまるといわれている[2]

生団子の家筋は山伏や武士の末裔というが[2]阿弥陀仏を本尊にする阿弥陀衆である、仏事を扱った人々である、死者を取り扱った人々の子孫であるなどともいわれることから、「なまだんご」とは「南無阿弥陀仏講」が訛ったものであり、葬事に参与する被差別民阿弥陀衆・念仏衆の末裔とする説もある[1]

武州(現・埼玉県秩父地方にも生団子の名は伝わっており、憑き物オサキネブッチョウと並び、これらの家筋は秩父の三害といわれたという[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 桜井徳太郎編 『民間信仰辞典』 東京堂出版、1980年、215頁。ISBN 978-4-490-10137-9
  2. ^ a b c d 水木しげる 『水木しげるの憑物百怪〈下〉』 小学館小学館文庫〉、2005年、96-99頁。ISBN 978-4-09-404703-5
  3. ^ 『水木しげるの憑物百怪〈下〉』 118頁。