メインメニューを開く

生坂ダム殺人事件(いくさかダムさつじんじけん)とは1980年昭和55年)に発生した殺人事件。

目次

概要編集

1980年(昭和55年)3月29日、21歳の会社員男性が生坂ダム湖底より水死体となって発見された。数日前に被害者が立ち寄り先に友人女性を残したまま、別の車に乗った後に行方不明となっていたことや、遺体がビニールひもで縛られていたことなど、不審な点もあったが、長野県警はこれを自殺として処理した。

判断の理由は、被害者が特に争うこともなく、自ら他の車に乗り込んだこと、ひもが被害者自身でも縛ることが可能な状態であったこと、遺体には頸部の索条痕以外に目立った外傷が無く、解剖及び検死により、死因が生坂ダムの水による溺死であると推定されること、などによる。この際県警は、目撃者である被害者の友人女性の証言にあった、被害者を連れ去った大型黒色乗用車は特定できなかった。

しかし、2000年平成12年)4月14日覚せい剤取締法違反の罪で服役していた男から、「人を殺したので話をする。」という内容の手紙が豊科警察署長に送達される。

男の供述によると、1980年(昭和55年)3月1日、知人と2人で車に乗っていたところ、友人女性と車で松本市内の運動公園駐車場に来ていた被害者男性と、知人との間でトラブルとなった。その後に被害者男性を自分たちの車に乗せ、ひもで縛り、生きたままダムに投げ込んだと言う。犯行に使われたと見られるビニールひもを購入した店も特定された。

この時点で事件から20年が経過していたため、捜査資料の多くが保存期間切れで廃棄されており、供述内容のみでの即断ができなかったが、再取調べが行われ、自白から3年後の2003年(平成15年)10月6日長野地方検察庁へ書類送付された。しかし、殺人罪公訴時効(当時は15年)が成立しており、起訴はできなかった。

その他編集

長野県公安委員だった河野義行松本サリン事件無実ながら警察マスメディアから犯人視された人物)は、長野県警がこの事件を他殺と断定できなかったのはやむをえないとして擁護する意見を出していたが、河野が長野県警糾弾の先鋒になることを期待した田中康夫県知事と対立することになったため、更迭された。

関連書籍編集

  • 小山順『犯人よ、話してくれてありがとう 長野生坂ダム事件の真相を追った母の23年朝日新聞社、2004年。ISBN 4022579005

同系統の事件編集

  • 久留米同僚殺害事件 - 自殺であるとして、捜査は打ち切られたが、被害者の遺族や友人の捜査によって、他殺であることが判明し、事件発生から6年後に犯人が逮捕された事件。
  • 徳島自衛官変死事件 - 自殺であるとして、捜査は打ち切られたが、被害者の遺族や友人は不審な点があるとして調査を続けている。

外部リンク編集