メインメニューを開く

生方 壮児(うぶかた そうじ、1908年3月29日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3][4]。本名は生方 太吉(うぶかた たきち)[1]。旧芸名は、生方 一平(うぶかた いっぺい)、生方 荘児生方 壮二[1][2][3]

うぶかた そうじ
生方 壮児
本名 生方 太吉 (うぶかた たきち)
別名義 生方 一平 (うぶかた いっぺい)
生方 荘児
生方 壮二
生年月日 (1908-03-29) 1908年3月29日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇特撮映画サイレント映画トーキー)、テレビドラマ
活動期間 1927年 - 1971年
主な作品
地球防衛軍
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1908年3月29日東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[1][2][4]

旧制中学校中退後、本郷区(現在の文京区)にあった日本映画俳優学校に進学[1]。卒業後は阪妻・立花・ユニヴァーサル聯合映画に入るが、1927年に解散[1]1928年2月に創立した河合プロダクション(後の河合映画社)に入社[1]生方一平名義で数本の映画に出演する。1931年帝国キネマに移籍して、ここでも多くの作品に脇役として出演する[1]1934年新興キネマ現代劇の大泉撮影所に移転するに伴い、芸名も生方壮児に改名。以後も多くの作品に助演した[1]

戦後は東宝に所属して多くの作品に出演するが、1957年に公開された本多猪四郎監督映画『地球防衛軍』などの特撮映画にも数本出演している[4]

1971年に公開された坂野義光監督映画『ゴジラ対ヘドラ』以後の消息は伝えられていない[1][2][4]没年不詳

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • ウルトラQ(1966年)
    • 第2話「五郎とゴロー」 - 村人 ※ノンクレジット
    • 第22話「変身」 - 警官隊隊長
  • 快獣ブースカ 第32話「すてきな快獣の日」(1967年) - ラーメン屋の主人・三吉
  • 昔三九郎 第1話「お命頂戴仕る」(1968年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、83頁。
  2. ^ a b c d 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』日外アソシエーツ、2014年。
  3. ^ a b 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社、1983年、527頁。
  4. ^ a b c d 『モスラ映画大全』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、29頁。