メインメニューを開く

生気象学(せいきしょうがく、英語:biometeorology)とは、気象現象が人間をはじめとした生物に与える影響を研究する学問。気象学および生態学の一分野で、医学衛生などにも強い関連性がある。

気象現象が持つ物理的・化学的な特性が作り出す環境は、人間、動物植物に大きな影響を与える。大きなものとして健康への影響が挙げられ、高温多湿による熱中症、低温による凍傷低体温症などの極端なものから、湿度や気温のバランスによる快適度、農業気象、洗濯物の乾きやすさまでをも扱い、生活にかかわる身近な事象も取り上げる。

季節現象などの長期的な事象との関係は、生気候学の範疇に入ってくる。こちらは気候と、生物の種や生態との関係を扱うが、生気象学と生気候学とはお互いに事象の長さが長いか短いかという違いしかなく、どちらに属するか決められないというテーマもしばしばある。

生気象学の扱う事象編集

外部リンク編集