生田春月

生田 春月(いくた しゅんげつ、1892年3月12日 - 1930年5月19日)は、日本詩人ハインリヒ・ハイネなど、外国文学の翻訳も多い。妻生田花世平塚らいてう主宰の「青鞜」同人作家。本名は清平。

目次

経歴編集

明治25年(1892年)3月12日、鳥取県西伯郡米子町(現米子市)に生まれる。家業は酒造業明治36年(1903年)米子角盤高等小学校中退。17歳の時に生田長江の書生となり、文学とドイツ語を学ぶ。大正6年(1917年)に最初の詩集『霊魂の秋』を刊行[1]

昭和5年(1930年)5月19日、大阪発、別府行きの船菫丸に乗船中、瀬戸内海播磨灘投身自殺を遂げた。享年38。戒名は澹雲院孤峰春月居士[1]

著作編集

  • 詩集『霊魂の秋』
  • 詩集『感傷の春』
  • 詩集『春月小曲集』
  • 詩集『私の花環』
  • 詩集『慰めの國』
  • 詩集『春の序曲』
  • 詩集『純愛詩集』
  • 詩集『小曲集 夢心地』
  • 詩集『澄める青空』
  • 詩集『物思い』
  • 詩集『自然の恵み』
  • 詩集『象徴の烏賊』
  • 詩集『春月詩集』
  • 詩集『定本生田春月詩集』

脚注編集

  1. ^ a b 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)23頁

外部リンク編集