メインメニューを開く

生田春月

Ikuta Shungetsu

生田 春月(いくた しゅんげつ、1892年3月12日 - 1930年5月19日)は、日本詩人ハインリヒ・ハイネなど、外国文学の翻訳も多い。妻生田花世平塚らいてう主宰の「青鞜」同人作家。本名は清平。

目次

経歴編集

明治25年(1892年)3月12日、鳥取県西伯郡米子町(現米子市)に生まれる。家業は酒造業明治36年(1903年)米子角盤高等小学校中退。17歳の時に生田長江の書生となり、文学とドイツ語を学ぶ。大正6年(1917年)に最初の詩集『霊魂の秋』を刊行[1]

昭和5年(1930年)5月19日、大阪発、別府行きの船菫丸に乗船中、瀬戸内海播磨灘投身自殺を遂げた。享年38。戒名は澹雲院孤峰春月居士[1]

著作編集

  • 詩集『霊魂の秋 心の断片』新潮社 1917
  • 『感傷の春 詩集』新潮社 1918
  • 『新らしき詩の作り方』新潮社 1919
  • 『片隅の幸福』越山堂 1919
  • 『春月小曲集』新潮社 1919
  • 『漂泊と夢想 小説及小品集』新潮社 1920
  • 『慰めの国 詩集』新潮社 1922
  • 『小曲集 夢心地』新潮社 1923
  • 『智慧に輝く愛』新詩壇社 1924
  • 『静夜詩話』春秋社 1925
  • 詩集『自然の恵み』新潮社 1925
  • 『旅ゆく一人』新潮社 1926
  • 『草上静思』交蘭社 1926
  • 『詩魂礼讃』新潮社 1926
  • 『二つの結婚』交蘭社 1926
  • 『山家文学論集』新潮社 1927
  • 『春月詩集』新潮社 1928
  • 『影は夢みる 感想集』新潮社 1928
  • 『抒情小曲集』新潮社 1929
  • メリケヘルデルリン 詩集と伝記』行人社 1929
  • 『愛の小鳥 外3篇』令女文学全集 平凡社 1930
  • 『生命の道』新潮文庫 新潮社 1930
  • 『象徴の烏賊 詩集』第一書房 1930
  • 『生田春月全集』全10巻 生田花世, 生田博孝共編 新潮社 1930-31
  • 『真実に生きる悩み』新潮文庫 新潮社 1933 のち角川文庫
  • 『澄める青空・自然の恵み』新潮文庫 新潮社 1935
  • 『夢心地・春の序曲』新潮文庫 新潮社 1937
  • 小説『相ひ寄る魂』新潮文庫 新潮社 1938
  • 『愛と真実の悩み 自殺した詩人の手記』青春新書 青春出版社 1957
  • 『真実に生きぬく悩み』青春新書 青春出版社 1958
  • 『定本生田春月詩集』広野晴彦弥生書房 1967
  • 生田春月全集』生田花世, 生田博孝 編. 飯塚書房、1981
第1-2巻 (詩集
第3巻 (詩集 [3] 時代人の詩)
第4-5巻 小説 相寄る魂
第6巻 (小説集)
第7-8巻 (感想集)
第9巻 (感想・書簡)
第10巻 (評論集)
第11巻 ハイネ詩の本[訳]
第12巻 ハイネ新詩集[訳]
第13巻 ハイネ物語詩

編纂編集

  • 三宅雪嶺修養語録』編 新潮社 1915
  • 『日本民謡集』編 越山堂 1921

翻訳編集

  • ツルゲエネフ『散文詩』新潮社 1917
  • サン・ピエール『海の嘆き ポオルと[ヴィ]ルジニイ』新潮社 1917
  • 『初恋』ツルゲエネフ全集 新潮社 1918
  • 『泰西名詩名訳集』編. 越山堂, 1919
  • ジョルジュ・サンド『少女マリイ 原名・魔の沼』世界名著文庫 中村千代子共訳 越山堂 1919
  • プラトオン『饗宴』世界名著文庫 越山堂 1919
  • ゲエテ詩集』新潮社 1919
  • 『ハイネ詩集』新潮社 1919
  • 『ハイネ全集 第2巻 (新詩集・ロマンツエロ)』越山堂 1920
  • 『私の花環』訳. 新潮社 1920
  • バーンス詩集』泰西詩人叢書 聚英閣, 1923
  • ロングフエロウ詩集』越山堂 1923
  • 『純愛詩集』訳 一元社, 1923
  • 『ハイネ全集 第1巻 (詩の本)』春秋社 1925
  • 『ハイネ小曲集』交蘭社 1925
  • 『ハイネ全集 第3巻 (物語詩)』春秋社 1926
  • ハイネ『社会詩集』改造文庫 1933
  • ズーデルマン『猫橋』創元文庫 1952

伝記など編集

  • 二十日会同人 編著『生田春月読本』油屋書店 1973
  • 『近代文学研究叢書 第32巻』昭和女子大学 1969
  • 佐々井秀緒『生田春月の軌跡』油屋書店 1973
  • 上田京子『生田春月への旅』編集工房遊 2013

脚注編集

  1. ^ a b 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)23頁

外部リンク編集