生野 慈朗(しょうの じろう、1950年2月25日 - )は、TBSテレビ(旧TBSエンタテインメント)・制作1部付嘱託契約のテレビドラマの演出家。兵庫県神戸市出身。慶應義塾大学経済学部卒業[1]。長女はファッションモデルの生野優子(バークインスタイル所属)。

来歴・人物編集

1972年に入社。テレビドラマのAD・演出補などを経て、1978年にドラマ『夫婦ようそろ』で初演出。その他、『3年B組金八先生』や『2年B組仙八先生』などの桜中学シリーズや、『男女7人夏物語』などのヒット作を担当した。

2000年木村拓哉常盤貴子主演の『ビューティフルライフ』を大ヒットさせた。

2006年、映画『手紙』で自身16年ぶりに監督を務める。

TBS自社制作作品以外にもテレパック制作作品に演出で参加することも多い。

2010年定年を迎えたが、以後も嘱託契約でTBSに在籍している[2]

作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 管理者 (2011年6月20日). “生野滋朗氏が公開講座 テレビドラマの成り立ち語る | 慶應塾生新聞オンライン” (日本語). 2022年9月12日閲覧。
  2. ^ TBS、演出家・生野慈朗氏制作局嘱託に(文化通信.com 2010年03月02日)
  3. ^ 東野圭吾原作(TBSは製作委員会に入っていないがTBSと友好関係にある毎日新聞社が製作委員会に入っている)
  4. ^ 谷村志穂原作、脚本の一部も兼任。(TBS、毎日新聞社、そしてJNN各局のいずれも製作委員会に入っていない)

関連項目編集