メインメニューを開く

生駒 利豊(いこま としとよ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将。小折城主。生駒家長の四男。生駒家第5代。通称は因幡守。号に露月。

 
生駒利豊
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 天正3年(1575年
死没 寛文10年4月26日1670年6月13日
改名 (蜂須賀)五郎八、(豊臣)宗直、長知、露月
別名 大炊佐、隼人正、因幡守(通称
戒名 覚海院殿空山露月居士
墓所 久昌寺、宝頂山墓地
官位 従五位下隼人正
主君 蜂須賀家政豊臣秀次豊臣秀吉織田信雄徳川家康松平忠吉徳川義直
尾張藩
氏族 生駒氏
父母 父:生駒家長、母:神野民部少輔娘
兄弟 平蔵、善長利豊慈光院蜂須賀家政室)、他
正室:津田藤右衛門娘、継室:遠山友政
肥田忠重室、利勝(養嗣子)、他

来歴編集

幼い時より豊臣秀次の近くに仕え、小田原征伐に16歳で従軍した。秀次が自刃したのちは豊臣秀吉に仕えた。年代は不明であるが、豊臣姓を下賜されている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、福島正則の陣に属して戦う。慶長6年(1601年)、松平忠吉の家臣となった。慶長12年(1607年)、松平忠吉が夭折すると次に襲封した徳川義直の家臣となった。

寛文10年(1670年)、96歳で没する。墓所は愛知県江南市の宝頂山墓地にあり、珍しい石廟型の墓である。法名は覚海院殿空山露月居士。男子無く断絶、外孫(娘の子)の生駒利勝が家督を継いだ。

参考文献編集