メインメニューを開く

生駒 正俊(いこま まさとし)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名讃岐国高松藩第3代藩主。第2代藩主・生駒一正の長男。

 
生駒 正俊
Ikoma Masatoshi.jpg
生駒正俊(法泉寺所蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正14年(1586年
死没 元和7年6月5日1621年7月23日
別名 一丸
戒名 法泉院殿前讃州大守四品機外崇先大居士
墓所 法泉寺(香川県高松市)
臨済宗妙心寺塔頭玉龍院(京都府京都市)
官位 従四位下、讃岐守
主君 徳川秀忠
讃岐高松藩
氏族 土田生駒氏
父母 父:生駒一正、母:堀秀重の娘
兄弟 正俊猪熊教利室、将監娘(養女)、近藤政成室、正信、入谷盛之、正房
正室:藤堂高虎の養女
高俊藤堂高義室、池田輝澄室、藤堂長正室、正慶
テンプレートを表示

生涯編集

天正14年(1586年)、生駒一正の長男として誕生した。

慶長15年(1610年)、一正の死により家督を相続する。慶長19年(1614年)からの大坂の陣では遊軍として活躍した。

元和7年(1621年)、死去した。家督は長男の高俊が襲封したが、幼少のため外祖父の藤堂高虎の後見を受けることになった。

外部リンク編集