生駒 親章(いこま ちかあきら、安永2年5月7日1773年6月26日) - 文化14年6月11日1817年7月24日))は、江戸時代中期から後期の旗本通称は斧太郎、主殿、大内蔵。

生涯編集

安永2年(1773年)5月17日、交代寄合生駒親睦の長男として誕生した。生母は生駒親賢の養女(実父津田信成)。養子に陸奥二本松藩丹羽長貴の子親孝

天明2年(1782年)5月7日、親睦の死去により家督を相続した。寛政10年(1798年)9月15日、将軍徳川家斉御目見する。文化14年(1817年)6月11日、死去。正室は喜連川恵氏の娘。家督は養子の親孝が継いだ。

参考文献編集