メインメニューを開く
産交バス八代営業所

産交バス八代営業所(さんこうバスやつしろえいぎょうしょ)は、熊本県八代市新地町にある九州産交バスの子会社産交バスの営業所の一つである。

概要編集

かつては、1991年に本体である九州産業交通から地域ごとに分社化され、熊南産交(ゆうなんさんこう)の発足と同時に同社の本社としての役割も担っていたが、2005年4月に子会社再統合によって現在は産交バスの八代営業所として位置付けられている。 また、当営業所はバス利用者に向け、2011年4月1日から当営業所から近い場所にあるゆめタウン八代と協力し、ゆめタウン八代の駐車場の一部をパークアンドライド駐車場として利用できていた(約100台収容可)が同年9月30日、八代IC線廃止に伴い、現在は利用できない。

所在地編集

  • 産交バス八代営業所:熊本県八代市新地町
    • 併設バス停:八代産交(バス停には空調設備を備えた待合施設)
    • 隣接バス停:ゆめタウン八代、中塩屋、八代小学校入口

八代営業所のほか八代郡宮原町(現・八代郡氷川町)の宮原車庫(3台)、八代市坂本町の坂本車庫(道の駅坂本駐車場3台)、松橋営業所(1台)に駐在車両がある。 かつては八代営業所管轄内に各地への路線を設けており、各地に駐在車庫も存在したが、路線廃止と同時に駐在車庫も廃止された。

沿革編集

  • 1942年8月17日 - 九州産業交通株式会社設立。
  • 1991年3月 - 経営効率化により、九州産業交通のローカル営業所を地域毎に分社化したことにより熊南産交株式会社が発足し、当営業所は同社の本社となる。このほか、県北地区に「熊北産交」、天草地区に「天草産交」が同日に発足する。
  • 2005年3月 - 九州産業交通の産業再生機構の支援により、同社の子会社の再編に伴い路線バス事業の上記3社ならびに山間地域や廃止代替路線(沿線自治体の補助等により運行を継承した路線)を運営する産交観光バスの路線バス事業を統合して産交バス株式会社が発足。統合により熊南産交および同八代営業所としては同月末をもって営業終了。
  • 2005年4月1日 - 産交バスに業務継承、産交バス八代営業所となる。

車両編集

  • 基本的に国産4メーカーを取り揃えるが、中型車はいすゞ・ジャーニーK日野・レインボーRJをメインに多数在籍している他、小型車は日野・リエッセとレインボーRBが配属され、各路線で幅広く運用されている。近年はJR九州バス京王バス川崎市交通局神奈川中央交通からの移籍車両が導入されている。日野・リエッセについては、黒色のバンパーで前扉だけのトップドア仕様の他、2000年以降にはバンパーがボディ同色(青色)でリフト付きスロープを搭載した中扉(後乗り)仕様がある。このほか、2010年には日野・ポンチョを、2012年には三菱ふそう・ローザを新たに導入している。また、2011年4月-9月の半年間に運行していた八代IC線(ゆめタウン-八代IC)に関してはタウンエースが使用されていた。
  • その他、2011年3月12日より新八代駅 - 宮崎間を結ぶ高速バスB&Sみやざき号」を担当している事から、トイレ付きの大型ハイデッカー車両(日野・セレガFS西工C-Ⅰ))が4台ほど親会社の九州産交バスから貸出を受けて配属されていた(全車「ひのくに号」からの転用車)[1]が、2012年10月1日よりパウダールーム装備トイレ・各座席コンセント・プラズマクラスターエアコンが完備された新型車両4台(日野・セレガ)が自社発注により導入された[2][3]。その後再びセレガが自社発注で導入され、2018年には2012年導入の2台が天草へ転属、2019年7月には残り2台が新車導入と共に天草へ転属した事により、当営業所において2012年式B&Sみやざき号(2代目)専用車は一掃された。

当営業所の担当路線編集

現在は主に八代産交・八代市役所前を起点として、八代市内をはじめその周辺エリア(氷川町ならびに旧八代郡一帯)や宇城地区においてカバーしている。また、八代駅、新八代駅からゆめタウン八代・イオン八代ショッピングセンターなどを結ぶコミュニティバスを運行している。このほか、高速バス路線として2011年3月12日の九州新幹線全線開業に伴いこの日から新たに新八代駅宮崎駅間を結ぶ「B&Sみやざき号」の運行を当営業所が担当する事となり、当営業所にとっては「エアラインやつしろ号」が2004年に廃止して以来約6年半ぶりの高速バス路線となり、さらには八代市から熊本県外間とを結ぶ路線としても1975年に「さつま号」が廃止されて以来約36年ぶりに当営業所が担当する県外特急路線でもある。なお、当営業所が管轄する八代市内は2000年代に入ってから過疎化や空洞化が進み、さらにモーターリゼーションの影響で乗車率が悪化してきているため、路線バスの運行区間が年々短縮され運行本数も減少してコミュニティーバス乗合タクシーへの移行が進んでいる。

尚、八代地区においてはこのほかに熊本-鹿児島線「きりしま号」ならびに福岡 - 宮崎線「フェニックス号(各停便)」が八代ICバス停より乗車できる。過去には熊本-宮崎線「なんぷう号」も八代地区に停車していた[4][5]

かつては全路線とも当営業所(八代産交)を起終点とし、八代駅を中心として八代市内全域から北は熊本市内、南は鹿児島県川内市(現:薩摩川内市)内、東は人吉市内まで幅広く運行されていたが、沿線の過疎化(特に中山間地域や山間部)、空洞化や自動車の普及などで2006年から2010年までの4年間でバスの乗降客数が3割以上の減少と大きく激減し、逆に市の財政負担額が5割も増えたために産交バスへの運行支援補助金の減額を余儀なくされ、2010年10月1日ダイヤ改正で八代市運営の市街地循環バスと乗合タクシーを導入し、ほとんどの路線が八代市内(市街地)のみの運行となったほか、起終点がこれまでの八代産交から八代市役所前発着に変更・短縮となり、全てのバス路線の区間・本数が大きく見直された。特に八代市役所前~八代産交間(八代宮前、北荒神町福祉センター前、東塩屋、中塩屋、八代産交)や、八代小学校入口産業道路を通るバスの大半が回送区間となったため、この区間においてはバスの本数が激減していたが[6]、2017年10月1日のダイヤ改正により、みなバス、まちバス、松橋線(国道経由)の起終点が八代産交へ変更されたことにより、現在はある程度の本数が確保されている。また、新八代駅前を経由する路線において、すべてが東口にも乗り入れていたが、現在は路線バスやコミュニティバスは東口には乗り入れず、全て西口からの乗り入れとなっている(高速バスは引き続き東口からの乗り入れ)。このようにダイヤ改正で一旦は収支が改善され乗降客数も増加に転じたが、市内の人口減や沿線の過疎化に歯止めがかからず2013年頃より再度収支が悪化し始めた。2014年には「八代市地域公共交通網形成計画」を策定したが、2015年現在は2010年のダイヤ改正以前と同じくらいの水準に戻ってきてしまっており、運営方法の改善が大きな課題となっていた[7]。 その後もますます乗車率の悪化が進んで赤字が拡大しているため、2017年に「八代市地域公共交通再編実施計画」を策定[8][9][10][11][12]、同年10月1日に施行された。施行された主な内容としては、運賃の見直し、起終点の変更、一部路線の延長、短縮、ルート変更、一部路線の増便、減便、系統番号の新設、デマンド運行や乗合タクシーへの移行がある。

一般路線バス編集

一般路線バスの方向幕は2010年頃までは字幕シート式が多く、字幕で表示できない行先や経由を運行する場合は、方向幕は行先のみ、あるいは白幕を表示してフロントガラスに行先や経由を記したシートを貼り付けていたが、現在は全てLEDの行先表示となっている。八代市街地間はどの区間でも150円均一運賃。終点まで上限は200円(松橋線(国道経由)、松橋線(県道経由)、宇土線、田浦水俣線を除く)。左から、系統番号・路線名・経由地ならびに行先。★は当営業所を経由。☆は当営業所を発着。(2017年10月1日~)

※LED行先表示は「松橋産交」ではなく、単に「松橋」と表示されるが、バスによっては表示が小さいため、LED行先表示が小さいバスのみ「4 松橋」と表示される。
  • 5 松橋線(県道経由):八代市役所前-出町-大村橋-パトリア千丁前-鏡四つ角-松橋産交
※LED行先表示は「松橋産交」ではなく、単に「松橋」と表示されるが、バスによっては表示が小さいため、LED行先表示が小さいバスのみ「5 松橋」と表示される。
※かつての宮原線。市立八代支援学校経由。LED行先表示は「宮原中央」ではなく、単に「6 宮原」と表示される。
  • 7 文政線(イオン八代~):イオン八代ショッピングセンター-松田農場前-文政小学校前-鏡本町-有佐駅前-宮原中央
※かつての宮原線。LED行先表示は「宮原中央」ではなく、単に「7 宮原」と表示され、「イオン八代ショッピングセンター」ではなく、単に「7 イオン八代」と表示される。
  • 8 種山線:八代市役所前-出町-大村橋-労災病院前-新八代駅西口-千丁小学校前-鏡四つ角-有佐駅前-宮原中央-東陽スポーツセンター前-種山
  • 9 八農分校線:八代市役所前-出町-大村橋-労災病院前-新八代駅西口-千丁小学校前-鏡四つ角-有佐駅前-宮原中央-東陽スポーツセンター前-種山-氷川ダム-落合・岩奥-八農分校
  • 10 坂本線:八代市役所前-出町-八代駅前-八代清流高校前-原女木-西部大橋-不動前-中谷橋-坂本-坂本駅
  • 11 田浦線:八代市役所前-出町-八代駅前-旭中央-八代工業高校前-短大高専前-平山新町-敷川内-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-君ヶ淵駐車場-こやぶ-赤松トンネル前-道の駅たのうら
※LED行先表示は「道の駅たのうら」と表示されるが、バスによっては表示が小さいため、LED行先表示が小さいバスのみ「11 道の駅たのうら」と表示される。
※「わくわく1dayパス」熊本県内版は、赤松トンネルまでは利用可能。赤松トンネル以南では利用できない。
水俣営業所との共同運行。
  • 12 日奈久温泉ライン(高田経由):八代市役所前-宮の町-旭中央-八代駅前-高田駅前-平山新町-敷川内-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-日奈久下西町(平日および年末年始のみ)
  • 12 日奈久温泉ライン(高田経由):八代市役所前-宮の町-旭中央-八代駅前-高田駅前-平山新町-敷川内-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-日奈久下西町-日奈久ドリームランド シー・湯・遊-ウインズ八代(土日祝日のみ)
※平日のバスの終点は「日奈久下西町」だが、LED行先表示は「12 日奈久温泉(下西町)」(LED行先表示のサイズが小さい車種は「12 日奈久温泉」のみ)と表示される。
※日奈久下西町バス停に到着したあとはウインズ八代駐車場まで回送され、再びウインズ八代から日奈久下西町バス停に回送されて営業運転を行う。
※土休日は平日は回送区間となる日奈久下西町-ウインズ八代間が営業路線として延長される形になり、LED行先表示は車種により「12 ウインズ八代(日奈久温泉)」または「12 ウインズ八代」の2種類が表示される。
※野上経由(八代市役所行き)については「総合病院前(旧:お城通)」バス停には停車しないので注意が必要。
※2007年3月31日にバス停ごと廃止された野上経由だが、2012年10月1日のダイヤ改正により、約5年半ぶりの野上経由復活となった。
  • 13 大門瀬線:八代市役所前-本町三丁目-千反-植柳上町-北新地-金剛小学校前-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-日奈久下西町-君ヶ淵駐車場-大門瀬(朝上り1便、夕方下り1便のみ)
※大門瀬線は2017年9月30日までは6往復の運行だったが、日奈久温泉-大門瀬間の利用率低迷のため10月1日より通学生徒の多い時間帯の1往復(大門瀬→八代市役所前…朝1本、八代市役所前→大門瀬…夕方1本)のみの運行となった。
※大門瀬線の大幅減便に伴い、日奈久温泉駅-大門瀬-破木-坂本駅間にデマンド型乗合タクシー(14・日奈久坂本線)が新設され、日奈久温泉ライン、肥薩おれんじ鉄道線肥薩線などと接続する事で住民への利便性の向上を図っている。
  • 14 日奈久温泉ライン(金剛経由):八代市役所前-本町三丁目-千反-植柳上町-北新地-金剛小学校前-敷川内-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-日奈久下西町(平日および年末年始のみ)
  • 14 日奈久温泉ライン(金剛経由):八代市役所前-本町三丁目-千反-植柳上町-北新地-金剛小学校前-敷川内-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-日奈久下西町-日奈久ドリームランド シー・湯・遊-ウインズ八代(土日祝日のみ)
※2017年9月30日まで6往復運行されていた大門瀬線のうち、利用者が少ないとされた5往復分の日奈久下西町-大門瀬間を区間短縮して誕生した路線である。
※日奈久温泉ラインの平日のバスの終点は「日奈久下西町」だが、LED行先表示は「14 日奈久温泉(下西町)」(LED行先表示のサイズが小さい車種は「14 日奈久温泉」のみ)と表示される。
※日奈久下西町バス停に到着したあとはウインズ八代駐車場まで回送され、再びウインズ八代から日奈久下西町バス停に回送されて営業運転を行う。
※土休日は平日は回送区間となる日奈久下西町-ウインズ八代間が営業路線として延長される形になり、LED行先表示は車種により「14 ウインズ八代(日奈久温泉)」または「14 ウインズ八代」の2種類が表示される。
  • 宇土線宇土駅前-松山-松橋産交(平日のみ)
※松橋産交にて同一車両乗換え無しで松橋線と接続。
  • 宇土線(松橋駅経由):宇土駅前-松山-松橋駅前-松橋産交(平日のみ)
※松橋産交にて同一車両乗換え無しで松橋線と接続。
※水俣営業所との共同運行。

コミュニティバス編集

八代市街地循環バス(運賃均一150円) ※主要バス停のみ記述

八代市役所前・ゆめタウンを起点とする循環バスを2010年10月1日より運行を開始した(みなバス、まちバスにおいては、2017年10月1日ダイヤ改正により、起終点を八代市役所前から八代産交へ変更)。どの区間でも150円均一料金である。また、2017年10月1日運行分より一部のバスの車体ラッピングのデザイン更新工事を行っており、今後も順次行われる予定である[13][14]。左から、系統番号・路線名・経由地ならびに行先。★は当営業所を経由。☆は当営業所を発着。(2017年10月1日~)

乗車の際は以下注意が必要。

※それぞれに左廻り・右廻りがあるので、行先表示を確認して乗車する必要がある。
まちバスみなバスは同一車両により、方向表示を確認する必要がある。(車両点検などで一般路線車が運行する場合があるので注意が必要である。)
  • ■左1 みなバス(左廻り)☆毎日運行/1日15便 <赤色の方向幕・河童のイラストが描かれているラッピングバス> 
八代産交→ゆめタウン→東塩屋→八代宮前→八代市役所前→本町緑地公園→出町→八代駅前→福正元町→新八代駅西口→労災病院前→臨港線→イオン八代ショッピングセンター→八代高校前→松江通り→ゆめタウン→八代産交
  • ■右1 みなバス(右廻り)☆毎日運行/1日13便 <赤色の方向幕・河童のイラストが描かれているラッピングバス> 
八代産交→ゆめタウン→松江通り→八代高校前→イオン八代ショッピングセンター→臨港線→労災病院前→新八代駅西口→福正元町→八代駅前→出町→本町緑地公園→八代市役所前→八代宮前→東塩屋→ゆめタウン→八代産交
  • ■左2 まちバス(左廻り)☆毎日運行/1日8便 <青色の方向幕・河童のイラストが描かれているラッピングバス> 
八代産交→ゆめタウン→八代小学校入口→厚生会館前→八代宮前→八代市役所前→本町緑地公園→袋町→八代駅前→出町→八代東高校前→秀岳館高校前→市民球場前→古閑中町→田中北町→イオン八代ショッピングセンター→永碇→八代小学校入口→ゆめタウン→八代産交
  • ■右2 まちバス(右廻り)☆毎日運行/1日8便 <青色の方向幕・河童のイラストが描かれているラッピングバス> 
八代産交→ゆめタウン→八代小学校入口→永碇→イオン八代ショッピングセンター→田中北町→古閑中町→市民球場前→秀岳館高校前→八代東高校前→出町→八代駅前→袋町→本町緑地公園→八代市役所前→八代宮前→厚生会館前→八代小学校入口→ゆめタウン→八代産交
  • ■左3 ゆめバス(左廻り)★毎日運行/1日9便 <黄色の方向幕・黄色のラッピングバス> 
ゆめタウン→古城→麦島→旭中央→八代駅前→出町→本町緑地公園→八代市役所前→八代宮前→東塩屋→八代産交→ゆめタウン
  • ■右3 ゆめバス(右廻り)★毎日運行/1日9便 <黄色の方向幕・黄色のラッピングバス> 
ゆめタウン→八代産交→東塩屋→八代宮前→八代市役所前→本町緑地公園→新町→八代駅前→旭中央→麦島→古城→ゆめタウン

シャトルバス編集

 
やつしろ全国花火競技大会シャトルバスとして熊本から派遣されたNo.177(2015年)
  • 全国花火大会臨時シャトルバスA経路(日本製紙グラウンド(八代駅)-新八代駅東口-イオン八代)
  • 全国花火大会臨時シャトルバスB経路(日本製紙グラウンド(八代駅)-松濱軒駐車場(産業道路)-ゆめタウン八代駐車場)
  • 全国花火大会臨時シャトルバスC経路(日本製紙グラウンド(八代駅)-ウインズ八代(日奈久駐車場))
※毎年10月第3週に開催されるやつしろ全国花火競技大会開催時に運行されるシャトルバス。各シャトルバス乗り換え専用駐車場-日本製紙グラウンド(会場最寄り)間をピストン運行する。花火大会開催日は30万人もの見物客で混雑し八代営業所所属の小型・中型バスだけでは対応出来ないため、このシャトルバスには熊本営業所松橋営業所玉名営業所など所属の多数の大型バスが八代営業所を始め、ゆめタウン八代店、八代港、ウインズ八代、イオン八代SCなどに分散して回送され、多客応援対応として充当される。2011年よりB経路は新たにトライアル八代横に停車、C経路新設など運行経路がリニューアルされた。B経路は2014年開催日まで日本製紙グラウンド-八代港間の運行であったが、2015年開催日から日本製紙グラウンド-トライアル八代横間(トライアル八代店第2駐車場)に路線が短縮された。しかし、従来の乗り場であったトライアル第2駐車場の一部が民間法人に売却されて福祉施設が建てられたため乗用車やバスの駐車が不可能となり、2017年開催日より再び八代港発着に戻ったものの、2018年開催日はゆめタウン八代に短縮されている。行き先方向幕は「臨時」、「九州産交」または「産交バス」表示で、所属する営業所により異なる。経路を記したクリアファイルを運転席窓や乗車口扉横に設置して対応している。料金はどの区間でも、小学生以上往復500円。

高速バス編集

※八代における共同運行会社の運行支援業務(乗務員休憩・折り返し整備等)も担当

廃止路線編集

八代港-八代産交-八代宮前-八代駅前-新八代駅(東口)-片野川-<九州自動車道経由>-グランメッセ熊本-熊本空港-国際線ターミナル
※なお、運行開始時から2ヶ月ほどは八代産交-新八代駅間は八代宮・八代駅前を経由せず、松井神社前・出町を通るルートだった。
  • 神瀬小線(八代産交-出町-八代駅前-原女木(はらめき)-油谷・坂本工場-柞木(ゆすのき)-坂本駅前-中谷-馬廻(まめぐり)-鎌瀬-瀬戸石-伊高瀬-箙瀬(えびらせ)-多武除(たぶのき)-蔀(しとみ)-神瀬(こうのせ)小学校(現 旧神の瀬小学校、2014年4月1日から神瀬福祉センターたかおと前に改称)(2010年9月30日付)
  • 鎌瀬線(八代産交-出町-八代駅前-原女木-油谷・坂本工場-柞木-坂本駅前-中谷-馬廻-鎌瀬)(2010年9月30日付)
かつて八代市内から球磨川沿いの国道219号(人吉街道)を経由して人吉市内(旧人吉ターミナル・人吉産交)を結んでいた八代‐人吉線の生き残りで、運行系統の見直しで八代産交-神瀬小学校、神瀬小学校-人吉産交に路線を分割してからは八代市内から唯一球磨村白石駅近く)まで運転していたバスであり、かつてはこの他に坂本駅前-神瀬小学校・一勝地駅前の区間便も存在した。しかし坂本駅から先は少子高齢化や度重なる球磨川大水害による住居被害、移転などで過疎化が進んで沿線人口が極端に少ない過疎地域となり、また1989年九州自動車道八代IC人吉ICが開通したことや路線のほぼ全線が肥薩線に沿って走るために利用率が低下していき運転本数が徐々に減っていった。営業末期は坂本駅から先は神瀬小学校へ通う児童以外は利用客がほとんどおらず、坂本線の区間延長扱いで毎日1往復が鎌瀬まで、平日のみ鎌瀬から先の神瀬小学校へのスクールバスを兼ねた朝1往復(八代産交→神瀬小→坂本駅前)、夕方1往復(坂本駅前→神瀬小→八代産交)の合計3往復しか運行されていなかった。さらに神瀬小学校が2010年4月1日付で一勝地小学校に統合されて廃校になったためにスクールバスとしての役割も終えたことや、同年9月限りで球磨村からの運行補助金支給が打ち切られたことから全てのバスが坂本駅前(八代市内)までの運行に短縮され、坂本駅から瀬戸石駅まではデマンド型乗合タクシー(9・中津道坂本線 坂本病院前-坂本駅-中津道-瀬戸石駅前)に移行され、瀬戸石駅から先は利用者皆無として完全に廃止された。この廃止で八代市(坂本地区)と球磨村(神瀬地区)の間を走るバスは全て廃止され、廃止以降は路線バスの運行はない。神瀬小学校行きは行先表示が一定しておらず、バスの車種により「神瀬」、「神の瀬」、「神瀬小学校」、「神の瀬小前」などと複数の種類が存在したのが特徴的であった。
  • 川原谷線(八代産交-出町-八代駅前-今泉-原女木-油谷・坂本工場-柞木-日田地-川原谷)(2010年9月30日付)
  • 日田地線(八代産交-出町-八代駅前-今泉-原女木-油谷・坂本工場-柞木-日田地)(2010年9月30日付)
坂本地区からさらに山間部の日田地、川原谷地区まで運行されていた路線。晩年は川原谷線が毎日7往復、区間便の日田地線が毎日1往復運行されていたが、沿線の深刻な過疎化に伴う運行系統再編の影響を受け、全て八代市運営の定期運行型乗合タクシー(10・鮎帰坂本線 坂本駅-日田地-川原谷)に転換される形で廃止された。
  • 破木線(八代産交-出町-八代駅前-原女木-油谷・坂本工場-破木)(八代駅前-出町-植柳上町-北新地-金剛小学校前-日奈久温泉駅前-日奈久温泉-君ヶ淵駐車場-大門瀬-中畑-破木)(2010年9月30日付)
  • 旧坂本線(八代駅前-出町-植柳上町-北新地-金剛小学校前-日奈久温泉駅前-日奈久温泉-君ヶ淵駐車場-大門瀬-中畑-破木-藤本-坂本駅前)(2010年9月30日付)
  • 馬廻線(八代産交-出町-八代駅前-今泉-原女木-油谷・坂本工場-坂本橋-坂本温泉センター)(2010年9月30日付)
破木線の一部と旧坂本線は国道3号と大門瀬地区を、馬廻線は油谷地区を経由して坂本方面に運行されていたが、過疎化による利用率の低下と運行系統再編のため全て現在の人吉街道経由に統合されて廃止され、破木線と旧坂本線は大門瀬までに短縮されて現在の大門瀬線となった。また、油谷(坂本工場)と破木を経由するバスも同年9月30日の運行を以て全て廃止された。
  • 第一環状線・第二環状線(八代産交-出町-八代駅前-宮地-大塚古墳前-新八代駅東口-総合庁舎前-労災病院前-臨港線-横手新町-検察庁・法務局・市博物館前-八代産交)(2010年9月30日付)
  • 片野川環状線(八代産交-出町-八代駅前-宮地-東片町-総合庁舎入口-上日置-新八代駅西口-労災病院前-大村橋-出町-八代産交)(2010年9月30日付)
  • イオンシャトルバス(イオン八代ショッピングセンター-横手新町-検察庁・法務局・市博物館前-八代産交-出町-八代駅前-大田郷小学校前-新八代駅西口-労災病院前-臨港線-イオン八代ショッピングセンター)(2010年9月30日付)
イオン八代店の開店と同時に運行開始したシャトルバスで、運賃は大人100円、子供50円均一で運行本数は左回りが11本(うち1本は八代産交発イオン八代ショッピングセンター行き)右回りが11本(うち1本はイオン八代ショッピングセンター発八代産交行き)で運行していたが、ゆめタウン八代できてからイオンと結ぶバスがなかった為、2010年10月1日のダイヤ改正で八代市役所前発着の八代市街地バスのみなバスが運行することになった。
  • 市民球場線(八代産交-東塩屋-厚生会館前-松井神社前-代陽小学校前-秀岳館高校前-田中町-市民球場前)(廃止日不明)(八代駅前-出町-八代宮前-厚生会館前-松井神社前-代陽小学校前-秀岳館高校前-田中町-市民球場前)(2010年9月30日付)
八代駅から八代市内を経由して市民球場まで運行していた路線。駅からの乗客はほとんどいなかったため、2010年10月1日のダイヤ改正で役目を市内循環バスのまちバスに譲り廃止された。
  • 宇土線(八代産交-出町-八代駅前-宮原-松橋産交-宇土駅前)(八代産交-出町-大村橋-鏡四つ角-松橋産交-松橋駅前-宇土駅前)(2010年9月30日付)
元々は松橋営業所と八代営業所の共同運行の長距離路線であったが、運行系統再編のため八代産交-松橋産交(松橋線)と松橋産交-宇土駅前(宇土線)に系統が分割され、直通バスは廃止された。同時に松橋線、宇土線とも八代営業所単独路線に変更された。
  • 築港線(八代駅前-出町-八代産交-八代港)(君ヶ渕駐車場-日奈久温泉前-高田駅前-八代駅前-出町-八代産交-八代港)(2010年9月30日付)
  • 郡築・産島線(八代駅前-出町-八代産交-ゆめタウン-八代港-郡築-産島(うぶしま))(2010年9月30日付)(八代市役所前-八代産交-ゆめタウン-八代港-郡築-産島)(八代市役所前-八代産交-ゆめタウン-八代港-大島-郡築-産島)(2017年9月30日付)
昭和時代の戦前から八代駅より八代産交や八代港を経由して、八代港沿いの郡築・産島地区までを結んでいた歴史ある路線。八代港から天草方面へのフェリー接続バスとしての役目も担っており、八代港までの区間運行便を築港線、産島まで通しで運行する便を郡築・産島線として区別していた。産島行きバスは運行路線の約半分以上を郡築地区が占めていた事から、方向幕は終点の「産島」ではなく「郡築」と表示されていたのが特徴的であった。前述の通りフェリー接続の関係で本数も比較的多く設定されており、ほとんどのバスが八代駅発着の国鉄・JR線と八代港発着の松島・天草方面へのフェリーの双方の接続を取るダイヤが組まれていた。この他に君ヶ淵駐車場から3号線と八代駅を経由して八代港まで結ぶバスや八代駅から八代港を通ってそのまま郡築や産島に直通するバス、観光シーズンや夏休みなどの大型連休には多客輸送として八代駅と八代港をノンストップで結ぶ臨時直行バスや続行便も運行されたが、交通事情の変化などによるフェリーの衰退や乗客減による合理化のため、築港線は2010年にゆめバスの新設と旧産島線、旧君ヶ淵線の運行区間や本数を短縮、削減する形で全便廃止。同時に現在の産島線と君ヶ淵線(2015年廃止)に完全分割され、その際に見返りとして住民からの路線新設の要望が高かった大島地区を経由するルートが3往復設定された。しかしながら、産島線利用率は年々低迷する一方で晩年は1便あたりの輸送密度が1.4名、1日平均0.5名と大きく低迷しており、また大島を経由する便のみが停車するバス停の乗降もほとんど見られなくなった事から、2017年10月1日のダイヤ改正に合わせ、デマンド乗合タクシー(16・産島線)へ移行し廃止された。この移行により新たにイオン八代ショッピングセンターが経路に加わった。八代港を経由するバスは2017年現在、阿蘇くまもと空港と八代駅を経由して外港車庫とを結ぶ神園交通のすーぱーばんぺいゆ11往復のみで、それ以外の定期路線バスは設定されていない。2011年から2014年の開催日までは全国花火大会臨時シャトルバスB経路が不定期ながら唯一八代駅から直接八代港に向かう路線であったが、2015年開催日から手前のトライアル八代横(第2駐車場)に短縮されたため、八代駅からの路線バスは一旦全て廃止された。しかし、トライアル第2駐車場が民間施設に売却されたため、2017年開催日より再び八代港発着便が復活した。
  • 東町線(八代産交-出町-八代駅前-萩原-宮地-八代市立病院前-宮地東小学校前-川原-東町)(2010年9月30日付)(八代駅前-長田町-宮地-八代市立病院前-宮地東小学校前-川原-東町)(2017年9月30日付)
かつては八代産交から八代駅前を経由して東町まで運行していた路線で、1962年に運行を開始した歴史ある路線。宮地-八代市立病院前間の右折左折が大変だったので2010年10月1日の運行系統再編時に、八代駅前発着にし、片野川環状線の一部を東町線へ吸収する路線となったが、1便当たりの平均輸送密度が1.3名、1日平均0.3名と利用率低迷に歯止めがかからず大きく低迷していたため、2017年10月1日のダイヤ改正でデマンド型乗合タクシー(15・東町線 八代駅前-東町-年神・坂谷上・朴ノ木)へ移行され、57年間の運行に幕を閉じた。移行により東町から今までバスが入れなかった年神、坂谷、朴ノ木まで区間が延長された。廃止前日の9月30日には東町住民によるお別れセレモニーが開催された。「さよなら産交バス、57年間ありがとう」の横断幕が貼られ、運転手への花束贈呈や記念撮影などが行われた[13][14]
  • 南平和町線(新八代駅東口-総合庁舎前-労災病院前-食糧事務所前-大村橋-出町-八代宮前-本町三丁目-千反-植柳上町-北新地-弥次分校前-南平和町)(2010年9月30日付)(八代市役所前-八代宮前-本町三丁目-千反-植柳上町-北新地-弥次分校前-南平和町)(2017年9月30日付)
かつては新八代駅東口から労災病院や八代市内を経由し南平和町まで運行していた路線。2010年10月1日のダイヤ改正で新八代駅東口に路線バスを乗り入れず、八代市役所前発着に短縮運行となったが、1便当たり平均輸送密度が2.2名、1日平均0.7名と著しい利用の低迷、大門瀬線との重複による非効率な運行もあり、2017年10月1日のダイヤ改正で定期運行型の乗合タクシー(17・平和町線)へ移行された。移行により起点と終点がゆめタウン八代に変更され、環状運転を開始している。
  • 岩奥線(八代産交-出町-大村橋-食糧事務所前-労災病院前-新八代駅西口-千丁小学校前-鏡四つ角-有佐駅前-宮原中央-種山-河合場-岩奥)(2010年9月30日付)
  • 河合場線(八代産交-出町-大村橋-食糧事務所前-労災病院前-新八代駅西口-千丁小学校前-鏡四つ角-有佐駅前-宮原中央-種山-河合場)(2010年9月30日付)
  • 栗木線(八代産交-出町-大村橋-食糧事務所前-労災病院前-新八代駅西口-千丁小学校前-鏡四つ角-有佐駅前-宮原中央-種山-栗木(古園))(2010年9月30日付)
  • 河俣東陽線(八代産交-出町-大村橋-食糧事務所前-労災病院前-新八代駅西口-千丁小学校前-鏡四つ角-有佐駅前-宮原中央-種山-河俣(鶴木場))(2010年9月30日付)
河合場線、岩奥線、栗木線、河俣線とも旧泉村東陽村まで運行されていた路線で、自然豊かな山道や峠道を通る路線であったが、過疎化と自動車の普及で乗車率が激減したため種山・八農分校-岩奥・栗木・河俣間は乗合タクシーに転換されて廃止された。廃止後はタクシーは種山から6系統に分かれて運行され、バスは起点側は朝夕の一部運行便を除いた大半が八代産交(八代駅)発着から労災病院(新八代駅)発着に変更されたほか、終点側も種山や八農分校までに短縮されて大幅に増便され、2017年10月1日ダイヤ改正で新八代駅発着から八代市役所発着に区間が延長され、現在の種山線、八農分校(泉)線となっている。
  • 新八代駅線(新八代駅西口-労災病院-大村橋-出町-産業道路-東塩屋-八代市役所前)(2017年9月30日付)
利用の低迷かつ種山線と路線重複で非効率な運行もあり、2017年10月1日ダイヤ改正で重複種山線に統合する形で廃止された。
  • 八代駅前線(八代駅前-野上-八代産交)(2007年3月31日付)(八代駅前-出町-八代産交)(2010年9月30日付)(八代駅前-出町-八代市役所前)(2015年9月30日付)(八代駅前-産業道路-八代産交)(2010年9月30日)
  • 水俣線(八代産交-八代市役所前-八代駅前-3号線(日奈久温泉駅・佐敷駅前・新水俣駅水俣駅前)-水俣産交)(2010年9月30日付)(八代市役所前-八代駅前-3号線(日奈久温泉駅・佐敷駅前・新水俣駅・水俣駅前)-水俣産交)(2013年9月30日付)
2010年10月1日のダイヤ改正以降は当営業所で最も長い距離を結ぶ長距離路線バスであったが、乗客減と合理化により道の駅たのうらまで運行に短縮され、道の駅たのうら‐水俣産交間と系統が分割された。なお、系統分割後も水俣営業所との共同運行は継続している。
  • 旧宮原線 (八代駅前-出町-八代市役所前-東塩屋-八代産交-永碇-イオン八代ショッピングセンター-松田農場前-文政廻し-鏡本町-有佐駅前-宮原中央)(2010年9月30日付)(八代産交-出町-大村橋-鏡四つ角-鏡本町-有佐駅前-宮原中央)(2010年9月30日付)
  • 君ヶ渕線(君ヶ渕駐車場-日奈久温泉前-高田駅前-八代駅前-出町-八代産交-八代港)(君ヶ渕駐車場-日奈久温泉前-高田駅前-八代駅前-出町-八代産交)(2010年9月30日付)(君ヶ渕駐車場-日奈久温泉前-高田駅前-八代駅前)(君ヶ渕駐車場-日奈久温泉前-高田駅前-八代駅前-野上-八代市役所前)(2015年9月30日付)
八代港-八代駅前間は利用率が低下したため運行系統の再編により廃止された。残った八代駅前・八代市役所-君ヶ渕駐車場間も全線に渡って他に田浦水俣線と大門瀬線が運行されており、乗客減による過剰な運行本数が問題視されたため「八代市地域公共交通網形成計画」に基づいて運行系統が整理され、利用率の高い下西町までに短縮されて下西町-君ヶ渕間は廃止された[15]
  • JRAウインズ八代シャトルバス (八代駅前-日奈久温泉駅前-日奈久温泉前-ウインズ八代)(2015年9月27日付)
競馬開催日のみの運行だったが定期バス化の要望が高かったため一般路線化し、八代市役所前発着で土日祝のみの運行となった。

周辺施設編集

併設施設編集

かつては九州産交観光八代貸切販売センターも併設されていたが、現在は本社・熊本営業部に統合されている(車両は引き続き常駐)。

脚注編集

  1. ^ なお、当営業所が運行していた車両において、当初は行き先を表示していた(ただし、新八代駅行きにおいては単に「八代」となっていた)が、のちに方向幕は「B&Sみやざき」に固定されていた。
  2. ^ 当営業所における高速車の新規導入は分社化後(熊南産交時代を含む)初となり、産交バス単独での新車導入としても初である。
  3. ^ B&Sみやざき号 座席配置図 (九州産交)
  4. ^ 10月1日 【高速バス】宮崎~熊本線「なんぷう号」のダイヤ改正を致します。 - 宮崎交通(2017年8月21日)
  5. ^ 八代地区におけるなんぷう号の停車箇所については各停便のみ宮原より乗降可となる。
  6. ^ 2011年4月1日のダイヤ改正で、八代IC線が新設されたことにより、八代市役所前~八代産交間は一定の本数が確保されていたが、同年10月1日のダイヤ改正で八代IC線が廃止となり、この区間は再び回送区間となっている。
  7. ^ 広報やつしろ2015年5月号 P12より
  8. ^ 八代市地域公共交通再編実施計画を策定しました。
  9. ^ 八代市地域公共交通再編実施計画の国土交通大臣認定
  10. ^ 広報やつしろ2017年9月号 P10~P11より
  11. ^ 阿蘇・小国・高森・八代 ダイヤ改正(認可申請中)に伴う運行内容について
  12. ^ 2017年10月1日ダイヤ改正のご案内
  13. ^ a b 八代市街地循環バス新デザインお披露目式と路線バスお別れセレモニー
  14. ^ a b 広報やつしろ2017年11月号 P32より
  15. ^ 広報やつしろ2015年9月号 P12より

外部リンク編集