メインメニューを開く
産交バス天草営業所

産交バス天草営業所(さんこうバスあまくさえいぎょうしょ)は九州産交バスの子会社である産交バスの営業所の一つ。

目次

概要編集

かつて、1991年からは本体である九州産業交通より地域毎に分社化され、天草産交発足と同時に同社の本社という役割も担っていたが、2005年4月の子会社再構築により現在は産交バスの営業所として位置する。なお、当営業所には乗車券窓口は無いため、営業所から2kmほど離れた本渡バスセンターが乗車券発券などの一部業務を担っている。

所在地編集

熊本県天草市北浜町 (最寄りバス停:産交車庫前)

駐在所など編集

  • 松島車庫-熊本県上天草市松島町合津  
    • 5両を留置する。主に松島-姫戸・龍ヶ岳線などを担当。
以前は松島案内所として発券窓口・売店・トイレ・飲料用自販機を備えた待合所が併設されていたが、2013年4月に松島案内所は閉鎖・解体され、車両基地は別の場所に移転した。案内所跡地はコンビニエンスストアファミリーマート)となり[1]、バス停においては店舗前に空調設備を備えた待合室が設けられている。
  • 富岡車庫(旧富岡営業所)-熊本県天草郡苓北町富岡 (最寄りバス停:富岡産交前(本渡方面のみ))
    • 3両を留置する。本渡-手野ー富岡線のみ担当。
    • 過去は城山公園―富岡―手野―本渡線、富岡-鶴―本渡線、富岡-鬼池-本渡線、富岡―下田―高浜―崎津―牛深線、富岡―下田―上河内線、富岡ー木場線を担当していた。

他に教良木車庫(1台)、浦車庫(台数不明)、赤崎車庫(台数不明、一部三角営業所の車両も駐在)がある。 かつては天草各地に駐在車庫を設けていたが、路線廃止と同時に駐在車庫を閉鎖した所も多い。

沿革編集

  • 1942年8月17日 - 九州産業交通株式会社設立。
  • 1991年3月 - 経営効率化により、九州産業交通のローカル営業所を地域毎に分社化したことにより天草産交株式会社が発足し、当営業所は同社の本社となる。このほか、県北地区に「熊北産交」、県南地区に「熊南産交」が同日に発足する。
  • 2005年3月 - 九州産業交通の産業再生機構の支援により、同社の子会社の再編に伴い路線バス事業の上記3社ならびに山間地域や廃止代替路線(沿線自治体の補助等により運行を継承した路線)を運営する産交観光バスの路線バス事業を統合して産交バス株式会社が発足。統合により天草産交および同天草営業所としては同月末をもって営業終了。
  • 2005年4月1日 - 産交バスに業務継承、産交バス天草営業所となる。

担当路線編集

主に天草下島全域ならびに上天草市の松島町までといった天草島内のほとんどをカバーする。このほか、以前は熊本線(あまくさ号)を親会社の九州産交バスとの共同運行において担当していた[2]が、2018年11月末日を以って九州産交バスが運行から撤退したため、現在は全便当営業所による担当となった。また、2009年10月1日より一部路線の統合・廃止などの大幅再編ならびに本渡地区のコミュニティバスのってみゅうかー)の運行を開始している。

尚、当営業所からは直接乗車できないが、市道沿いの「産交車庫前」バス停において下記の路線を利用できる。

  • 熊本線(あまくさ号)
  • 本渡-鬼池港線<佐伊津・五和支所経由>
  • 本渡-通詞線<佐伊津・五和支所・鬼池港経由>
  • 通詞・鬼池港発(中央新町経由)本渡バスセンター行
以前においてはこれらの他に当営業所を出発する一部の路線を除く天草島内各地行きのバスに乗車する事ができたが、2005年頃より乗車できなくなり、現在上記以外の路線は全て本渡バスセンターからの発着となっている。

車両編集

 
熊本線「あまくさ号」専用車
  • 全体として、基本的に国産4メーカーとも取り揃えている。一般路線車においては、いすゞ・ジャーニーKをはじめとする4メーカーの中型車両の他、最近では日野リエッセ日野ポンチョなどといった小型車両の割合が大半を占める。日野リエッセについては、バンパーが黒塗りのトップドア車と、バンパーがボディ同色(青色)で車椅子対応スロープ付きの中扉(後乗り)仕様車がある。日野ポンチョについては、『のってみゅうかー』専用のラッピングを施した本渡地区市街地循環バス専用車(ショートボディー)と、産交カラーの一般路線用(ロングボディ)のものがある。このほか、自家用向けマイクロバスを路線バス仕様とした三菱ふそう・ローザ、日野リエッセⅡも存在する。
  • かつてあまくさ号用の車両は九州産交バスの所有で、一部を天草常駐扱いとしていたが、2011年3月より当営業所直属となり熊本営業所から移管という形でそのまま譲渡され、これにより観光タイプの大型ハイデッカー車両(一部トイレ付き車もある)も多数所有する事になった。基本的に九州産交バス時代のものが引き続き使用されているが、その大半が経年化により、最近では本州大都市などで高速バスや観光バスとして使用されていた県外他事業者からの移籍車両への置き換えが徐々に目立ってきている。
  • 尚、2018年にはもとB&Sみやざき号用の自社発注車両2台(2012年式日野・セレガ)が八代から転属、当営業所所属車では初の2代目セレガであり、こちらもあまくさ号に使用されている。

併設施設編集

周辺編集

  • 天草アレグリアガーデンズ - かつての九州産交グループだった施設。2015年3月31日まで熊本線(あまくさ号)が当施設より発着していた。当営業所から徒歩10分程度。
  • 本渡海水浴場 - 1985年に日本で最初にトライアスロンが開催された発祥の地として石碑も建っている。以来、毎年当海水浴場にて大会が実施されている。
  • 天草ボウリングセンター
  • 広瀬運動公園・長島茂雄野球場
  • 天草市立本渡中学校 - 2010年3月まで天草市浄南町にあったが廃校となり、同年4月に旧本渡中学校・佐伊津中学校・本町中学校と統合し、新生本渡中学校として開校。

脚注編集

  1. ^ なお、ファミリーマートに移行後も定期券以外の各種乗車券の販売も取り扱っているほか、快速「あまくさ号」のトイレ休憩も引き続きおこなっている。
  2. ^ あまくさ号については、かつて車両ならびに運営は全て九州産交バスであり一部便を当営業所に管理委託されていたが、2011年3月12日より空港発着便の廃止を機に委託便は全て当営業所の直営便となった。

外部リンク編集