メインメニューを開く
本来の表記は「田儋」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

田 儋(でん たん、? - 紀元前208年)は、末期の国王。子に田巿。従弟に田栄田横。『史記』に列伝として立てられている。

経歴編集

狄の出身で、斉王の田氏の後裔。紀元前209年陳勝・呉広の乱が起こって中国全土が騒乱状態になると、秦配下の狄の県令を殺して自ら斉王となって自立した。さらに陳勝が斉平定のために派遣していた周巿の軍勢も破って斉を平定した。紀元前208年、秦の将軍・章邯率いる秦軍が王の魏咎を攻めた際、魏咎の要請に応じて援軍を率いて出兵したが、章邯に敗れて戦死した[1]

死後、従弟の田栄により子の田巿が斉王に擁された。しかし秦滅亡後に田氏で内紛が起こり、田巿は田栄に殺された[2]

脚注編集

  1. ^ 『史記の事典』541頁
  2. ^ 『史記の事典』538頁

参考文献編集