本来の表記は「田巿」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

田 巿[1](でん ふつ、? - 紀元前206年)は、前漢初期の国王田儋の子。田儋の従弟の田栄に斉王に擁立されたが、後に田栄に殺された。『史記』「田儋列伝」に記述がある[2][3]

経歴編集

秦の二世2年(紀元前208年)6月、秦末期の騒乱で自立して斉王となった田巿の父にあたる田儋が、王の魏咎の援軍に赴いた際に秦軍の章邯敗れて戦死を遂げる。田儋の従弟である田栄と田横は東阿にまで敗走した。

同年7月、斉の人は、新しい斉王に田仮斉王建の弟)を擁立する。東阿は秦軍により包囲された。

同年8月、東阿は項梁の救援により章邯は敗れ、包囲から解かれる。 田栄は田仮が斉王に擁立されたことを認めず、田仮を攻撃して楚に追放し、従子にあたる田巿を斉王に擁立した。田巿が王となると、田栄は斉の相となり、田栄の弟の田横が将軍となり、斉の実権は田栄が握って、斉の地を平定した。

その一方で、斉は田仮を殺すことに同意しない項梁の援軍派遣要請を断わった。

同年9月、斉からは高陵君(に封じられた)の顕(姓は不明)を楚の項梁への使者として送るが、項梁は章邯に敗れ、戦死した。

二世3年(紀元前207年)10月、斉の将である田都が、趙(趙歇)の援軍に向かう宋義を上将軍とする楚軍に入り、次将である項羽を支援する。

同年11月、安陽に楚の軍を留めた宋義の息子である宋襄を斉の相とする。しかし、宋義と宋襄は項羽により、殺害された。項羽は楚の上将軍となり、趙の救援に赴いた。

同年12月、項羽が秦を滅ぼす。

高祖元年(紀元前206年)正月頃、項羽は叔父の項梁に援軍を送らなかった田栄を恨んでおり、諸侯王が定める際、斉は3つに分けられ、田巿は斉王から遷されて、その一つである膠東王に封じられて、即墨を都とすることになった。また、田栄は王になれなかった。

同年5月、田栄は斉王に封じられた田都を討ち、田都は楚に逃亡した。田巿は田栄に留められ、膠東に行かせないように抑制された。

同年6月、田巿の側近は、「項王(項羽)は、強く横暴です。王(田巿)は膠東にいくべきです。国に行かなければ、確実に危険でしょう」と進言する。田巿は恐れて、すぐに(田栄のもとから)逃亡して、膠東に赴いた。田栄はこのことを聞いて怒り、追撃して田巿を即墨にて殺した。

田栄は、三つに分かれた三斉[4]の地を統一し、斉王を名乗った。

脚注編集

  1. ^ 巿(ふつ)は「」と「」から成り、(いち)は「」+「」から成る別の字である。
  2. ^ 以下、特に注釈がない部分は、『史記』秦楚之際月表第四・田儋列伝による。
  3. ^ 年号は『史記』秦楚之際月表第四による。西暦でも表しているが、この時の暦は10月を年の初めにしているため、注意を要する。まだ、秦代では正月を端月とする。
  4. ^ 『史記』を注釈する『史記索隠』によると田巿が王に封じられた膠東、田都が王に封じられた斉、田安が王に封じられた済北をあわせて三斉と呼ぶ。

参考文献編集