田上 孝一(たがみ こういち、1967年 - )は、日本の哲学者マルクス研究に軸足を置きつつ、応用倫理学の幅広いテーマについても研究・教育・執筆を行っている。

田上 孝一
生誕 1967年????
時代 現代哲学
地域 日本
研究分野 マルクス、応用倫理学
テンプレートを表示

現在、立正大学非常勤講師、立正大学人文科学研究所研究員。また、社会主義理論学会の事務局長を務める。

略歴[1]編集

  • 1967年: 東京都江東区亀戸に生誕
  • 1989年3月: 法政大学文学部哲学科 卒業
  • 1991年3月: 立正大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程 修了
  • 1994年~現在: 大学非常勤講師として教鞭をとる
  • 2000年7月: 立正大学より博士(文学)を取得。博士論文題目「初期マルクスの疎外論――疎外論超克説批判」(主査:岩淵慶一、副査:清水多吉岩佐茂一橋大学))

著作編集

単著編集

  • 『初期マルクスの疎外論――疎外論超克説批判』時潮社、2000年
  • 『実践の環境倫理学――肉食・タバコ・クルマ社会へのオルタナティヴ』時潮社、2006年
  • 『フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる倫理学』日本実業出版社、2010年
  • 『マルクス疎外論の諸相』時潮社、2013年
  • 『マルクス疎外論の視座』本の泉社、2016年
  • 『環境と動物の倫理』本の泉社、2017年
  • 『支配の政治理論』社会評論社、2018年
  • 『マルクス哲学入門』社会評論社、2018年
  • 『99%のためのマルクス入門』晶文社、2021年

共著編集

編著編集

連載編集

ウェブ編集

脚注編集

  1. ^ プロフィール 田上孝一”. 2012年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月31日閲覧。

外部リンク編集