メインメニューを開く

田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜

田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜』は、ぶんころりによる日本のライトノベル。イラストはMだSたろう

田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜
ジャンル ファンタジー
小説
著者 ぶんころり
イラスト MだSたろう
出版社 マイクロマガジン社
レーベル GCノベルズ
連載期間 2014年3月15日 - 連載中
巻数 既刊9巻(2019年5月現在)
漫画:田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜 The Comic
原作・原案など ぶんころり(原作)、MだSたろう(キャラクターデザイン)
作画 刻田門大
出版社 マイクロマガジン社
掲載誌 コミックライド
レーベル ライドコミックス
発表号 2016年7月号 - 2018年5月号
発表期間 2016年7月28日 - 2018年4月27日
巻数 全3巻
話数 全22話
漫画:田中のアトリエ〜年齢=彼女いない歴の魔法使い〜 
原作・原案など ぶんころり(原作)、MだSたろう(キャラクターデザイン)
作画 折月なおやす
出版社 DeNA、マイクロマガジン社
掲載サイト マンガボックス(コミックライドでも遅れ配信)
レーベル ライドコミックス
発表期間 2019年8月13日 -
巻数 既刊1巻(2019年11月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学漫画

概要編集

小説投稿サイト『小説家になろう』でオンライン小説として2014年3月から『田中のアトリエ〜年齢イコール彼女いない歴の錬金術師〜』のタイトルで連載開始、2017年3月に一旦完結したが2017年11月に連載が再開された。

書籍版が2015年11月よりGCノベルズにて刊行が開始された。

漫画版が『コミックライド』(マイクロマガジン)にて2016年7月号(2016年7月28日発行)から2018年5月号(2018年4月27日発行)まで連載された。

マンガボックスで公開されているバージョンは、コミックライド版とは細部で異なる。

あらすじ編集

ある日突然、神の手違いで死んだタナカは、お詫びとしてチート能力を持って異世界に転生することを提案される。イケメンチートを望んだが断られたため、回復魔法のチートを授かり異世界へと三十代中頃の中年親父として転生した。

その後、持ち家と社会的地位を手に入れるために、ドラゴンを退治したり、隣国との戦争に巻き込まれたり、貴族となり領地を発展させたり内政や外政に精を出してみたりしながら生きていく。

登場人物編集

主要人物編集

タナカ
本作の主人公。本名は「タナカ」(転生前は田中 義男)。本文中の呼称は「醤油顔」。
現代日本からの転生者で、神の手違いによって死んだ後、最高の回復魔法チートを与えられてペニー帝国の首都カリス郊外の河原に現れた。
中年太りの醤油顔で、ブサメンと自称している。
類まれなる性欲を持ち内心ではイヤらしい妄想をふくらませるが、自制心の高さと、自己評価の低さからあからさまに態度に出すことはなく、基本は紳士的な振る舞いを見せる。
日本的な行動規範にしたがい安定した生活を求めて行動しているうちに、爵位を賜り、領地に発展した街「ドラゴンシティー」をつくった。
エステル
本作のヒロインの1人。本名は「エリザベス・フィッツクラレンス」。本文中の呼称は「金髪ロリータ」。
ペニー帝国の貴族で、公爵であるフィッツクラレンス家の令嬢。本人も子爵位を持つ。
金髪ロングで真っ赤な瞳のお嬢様系美少女。身長150cmぐらい。
タナカが冒険者としてパーティーを募集したところ、応募があり出会った。
当初は、タナカのことを嫌悪していたがドラゴン退治での出来事をきっかけに、病的な好意をよせるようになる。ヤンデレの傾向を持つツンデレ。
エディタ
本作のヒロインの1人。本名は「エロイーズ・ヴァージン」。本文中の呼称は「エディタ先生」。
ハイエルフで、実力のある錬金術師。様々な錬金術の著書を持ち、それを読んだタナカから錬金術の先生と崇められることになる。
外見の年頃は10代前半。腰下まで届く金色の長い髪と、青い色の瞳、特徴的なのはピンと尖った両の耳を持つ。身長140cmぐらいの可愛らしい少女。
呪いをかけられ瀕死状態となり、保存液の中に肉体を保存することで生きながらえていたが、保存場所である自宅兼アトリエをタナカが購入したことで出会った。
小心者で瑣末な出来事に事驚いて見せる一方、ここぞという場面では男気を発揮する。高性能ドジっ子。
クリスティーナ
本作のヒロインの1人。本名は「クリスティーナ」。本文中の呼称は「ロリゴン」。
全長百メートルを超える巨体を持つエンシェントドラゴン。人間の街に訪れた以降は人間の幼女の姿でいる場合が多い。タナカの作った街「ドラゴンシティー」の町長に就任する。
人間体での外見の年頃は一桁台。白い肌、腰下まで伸びた真っ黒な髪と、白目の部分が黒く金色の瞳、ちょろりとしたしっぽを持つ。
バックパッカーとしてさまよっていた所、ぺぺ山でレットドラゴンを討伐したタナカと遭遇、戦闘となりエステルを人質に取るなど策を弄したりしたがタナカの粘りがちで軍門に降った。
同族が少ないエンシェントドラゴンとして孤独にさまよっていた期間が長かったせいか、承認欲求が強く、事ある毎にタナカに対して対抗意識を見せる。人外ロリータ。
ロコロコ
本作のヒロインの1人。本名は「ロコロコ」。本文中の呼称は「ゴッゴルちゃん」。
本作でのオリジナル種族であり、触れたものの心を読むことができるゴッゴル族の上位種であるハイゴッゴル族。ハイゴッゴル族は、触れることなく心を読むことができる。(射程範囲は、槍の届く距離)
褐色の肌で、キレの良いおかっぱに揃えられた白銀色の髪を持つ。身長140cm弱。
タナカが資源調査でドルツ山におもむいた際、偶然発見した転移魔法陣に飛ばされ辿り着いた暗黒大陸の洞窟で出会った。
心を読む能力が原因で人から避けられ、孤独を拗らせていた所、心を読まれることに対してマゾヒスティック的な克服をしたタナカに出会い、孤独を癒やすことができた。口頭でのコミュニケーションに飢えており、タナカによくお話をねだる。褐色ロリータ。
ソフィア
本作の語り手の1人。本名「ソフィア・ベーコン」。本文中の呼称は「ソフィアちゃん」。
ペニー帝国の首都カリスの食堂の娘。タナカが魔法学園に入学した際に寮付きのメイドとなる。その後もタナカの動向に巻き込まれ続け、ドラゴンシティーの会計の長みたいなものとなる。
本作は、基本的にタナカの一人称視点で語られるが、ソフィアの一人称視点で語られる箇所もある。
年齢は二十歳前後。顔はモデル級。釣り目がちな目元に青い瞳を持つ。髪型は腰下まで伸びた長めの金髪を高い位置で一纏めにしたポニーテール。
タナカが食堂に立ち寄った際、後述の魔道貴族に絡まれていた所をタナカに救われる。救われたものの貴族に睨まれることを恐れてタナカを出入り禁止にしたが、紆余曲折あってドラゴン退治以降行動を共にすることになる。
基本臆病な性格だが、ミーハーな部分があり、事件の核心に迫るような場面に居合わせてひどい目にあうことが多い。自覚はないがステータスとしての幸運値が高く、"ある方法"で他人に幸運を分け与えることができる。
グレモリア・ファーレン
本名「グレモリア・ファーレン」。本文中の呼称は「魔道貴族」。
ペニー帝国の貴族で爵位は伯爵。国でも有数の魔法使いであり、その研究は国にも認められるほど。魔法学園の理事長でもある。
年齢は四十歳過ぎ。立派なカイゼル髭が特徴的な美丈夫で、短く刈り込んだブロンドの髪と、少し垂れ気味で妙な色気を持つ目元を持つ。
タナカがカリスの飲食店に食事に立ち寄った際、前述のソフィアに絡んでいたところを所をタナカに退治される。退治時に見せたタナカの魔法の才能に惚れ込み、タナカを屋敷に招待(拉致)して研究対象にしている。
魔法に関して非常に貪欲で、人を測る物差しは魔法の素養がベースになっている。魔法の知識を得るためならば非道なこともやってみせる。
作中に出てくる魔法をベースにした発明品は、彼の作品であることが多い。発明品は飛空艇等の大掛かりな兵器から、ノック音が室内に響くような扉等の日用品まで多岐にわたる。

ペニー帝国編集

アレン
本名「アレン・アンダーソン」。
エステルの恋人だったが、振られた。帝国の騎士団所属。
イケメン。身長175cm前後。金髪碧眼でモナコの王子様系な顔立ちを持つ。エステルに振られたことにより騎士団を辞めて旅に出る、その際に田中に新しい名前をつけて欲しいと頼み「サイトウ」の名をもらう。
ゾフィー
本名「シアン・ビッチ」。本文中の呼称は「姫ビッチ」。
エステルの幼馴染で、ペニー帝国の貴族ビッチ家の令嬢でもある。帝国の魔法騎士団所属、第二師団の副団長。アレンの恋人(2号)。
タナカが冒険者としてパーティーを募集したところ、応募があり出会った。いろいろ拗らせており、地下アイドルのような活動など貴族とは思えないような行動をとることがある。
メルセデス
本名「アンネローゼ・レープマン」。本文中の呼称は「メルセデスちゃん/レズビアンナイト」。
ペニー帝国の王女側付きの近衛騎士。王女の被虐趣味と当人の性癖のせいで複数回投獄され、その度に獄中でタナカと出会う。

書籍情報編集

小説編集

ぶんころり『田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜』マイクロマガジン社〈GCノベルズ〉既刊9巻(2019年11月24日現在)

  1. 2015年11月30日発売、ISBN 978-4-8963-7542-8[2]
  2. 2016年5月30日発売、ISBN 978-4-8963-7566-4[3]
  3. 2016年9月30日発売、ISBN 978-4-8963-7584-8[4]
  4. 2017年1月28日発売、ISBN 978-4-8963-7612-8[5]
  5. 2017年7月29日発売、ISBN 978-4-8963-7644-9[6]
  6. 2017年11月30日発売、ISBN 978-4-8963-7669-2[7]
  7. 2018年4月28日発売、ISBN 978-4-8963-7743-9[8]
  8. 2018年8月30日発売、ISBN 978-4-8963-7812-2[9]
  9. 2019年5月30日発売、ISBN 978-4-8963-7883-2[10]
  10. 2019年11月30日発売予定、ISBN 978-4-8963-7942-6

漫画編集

ぶんころり(原作)、刻田門大(作画)『田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜 The Comic』マイクロマガジン社〈ライドコミックス〉全3巻

  1. 2017年1月28日発売、ISBN 978-4-8963-7611-1[11]
  2. 2017年11月30日発売、ISBN 978-4-8963-7674-6[12]
  3. 2018年6月30日発売、ISBN 978-4-8963-7756-9[13]

脚注編集

  1. ^ 분코로리 이경인訳 (2017-06-23) [2015-11-30] (朝鮮語). 다나카 나이=(이퀄) 여친 없는 역사인 마법사. 1. ソウル: ソウル文化社. ISBN 978-8-9263-6243-3. 
  2. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 1”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 2”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 3”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 4”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 5”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 6”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 7”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 8”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 9”. マイクロマガジン社. 小説. マイクロマガジン社. 2019年5月31日閲覧。
  11. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ The Comic 1”. マイクロマガジン社. コミックス. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ The Comic 2”. マイクロマガジン社. コミックス. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 田中 ~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ The Comic 3”. マイクロマガジン社. コミックス. マイクロマガジン社. 2019年2月13日閲覧。

外部リンク編集