メインメニューを開く

田中 寛一(たなか かんいち、1882年(明治15年)1月20日 - 1962年(昭和37年)11月12日[1]は、日本の教育心理学者。文学博士[2]東京文理科大学名誉教授。日本の心理測定の先駆者。「田中ビネー知能検査」「田中B式知能検査」をはじめ、多くの心理検査を考案した[3][4][5]

田中 寛一
人物情報
生誕 (1882-01-20) 1882年1月20日
岡山県赤坂郡東窪田村(現・赤磐市
死没 (1962-11-12) 1962年11月12日(80歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京高等師範学校本科英語部
京都帝国大学文科大学哲学科
東京帝国大学大学院
配偶者 初音(養父長女)
両親 義市(養父)、多計(養母)、尾崎若松(実父)、尾崎小登(実母)
子供 一彦(長男)、寿満子(長女・野々村進妻)、英彦(次男)、俊彦(三男)
学問
研究分野 心理学教育心理学
研究機関 東京高等師範学校
東京文理科大学
日本大学
日本教材研究所→田中教育研究所
学位 文学博士(1919年・日本)
称号 東京文理科大学名誉教授(1945年)
主要な作品 『人間工学』(1921年)
『教育的測定学』(1926年)
『田中びねー式智能検査法』(1947年)
学会 日本心理学会
主な受賞歴 文化功労者(1960年)
テンプレートを表示

岡山県出身[3][注釈 1]。心理学者として初めて文化功労者紫綬褒章を受賞[6][7]勲二等旭日重光章[8]

略歴編集

著作編集

著書編集

単著
共著
監修・編著
講演録
分担執筆
  • 「価値評価の尺度構成法に関する研究」 『松本亦太郎博士在職25年記念 心理学及芸術の研究 下巻』 改造社 (1931)
  • 「選抜考査法」 『岩波講座教育科学・第5冊』 岩波書店 (1932)
  • 「日本人の身体測定法について」 村地長孝編 『体育論文集』 目黒書店 (1933)
  • 「諸民族の知能」 『現代心理学5 民族心理学』 河出書房 (1943)
  • 「諸民族の握力に關する研究」 『心理学新研究―松本博士喜寿記念―』田中寛一、城戸幡太郎 共編、岩波書店 1943
  • 「要保護少年の心理」 『少年法全国施行記念 少年保護論』 司法保護研究所 (1944)
  • 「向性検査とその基準」 牛島義友ほか編 『教育心理学研究・第2集』 巌松堂 (1949)
  • 「民族性 I - 民族性の研究法」 『心理学講座10 社会心理』 中山書店 (1954)
  • 「わが国における教育測定の発達」 『現代教育心理学大系 9. 測定・評価 (理論編)』 中山書店 (1958)

論文編集

学位論文
  • 『心的作動に關する實驗的研究』東京帝国大学〈大学院卒業論文〉、1919年12月。[2]
学術論文
  • 「疲労の測定法」 『心理研究』 第5巻 3冊 (通巻 27 号 1914)
  • 「学習の心理 (1) - (4)」 『心理研究』 第9巻 2号 (通巻 50号 1916) - 第11巻 3冊 (通巻 63号 1917)
  • 「電信符号に関する実験的研究」 『東洋学芸雑誌』 (1917)
  • 「労働時間と能率」 『心理研究』 第17巻 (通巻 100号 1920)
  • 「入学試験と心理的検査の効果」 『心理研究』 第18巻 2冊 (通巻 104号 1920)
  • 「教育測定と其の効果」 『教育論叢』 第3巻 3号 (1920)
  • 「智能と情意的特質の測定」 『テスト研究』 第1巻 3号 (1924)
  • 「品等法に関する一研究」 『テスト研究』 第1巻 6号 (1924)
  • 「精神分析学と科学的心理学」 『哲学雑誌』 第40巻 466号 (1925)
  • 「心理学から見たる自然性と賞罰の妥当性」 『教育論叢』 第14巻 4号 (1925)
  • 「低圧及び酸素不足が心身作業能率に及ぼす影響に関する研究 (1)(2)」 『日本心理学雑誌』 第3巻 1冊 - 2冊 (1925)
  • 「道徳的判断に関する統計的研究」 『心理学研究』 第1巻 1輯 (1926)
  • 「一般知能と職業」 『教育心理学研究』 第1巻 4号 (1926)
  • 「学習に於ける根本法則」 『教育心理研究』 第1巻 8号 (1926)
  • 「学習の根本法則に対する批評」 『教育心理研究』 第2巻 1号 (1927)
  • 「小学校に於ける職業指導」 『職業指導』 第1巻 1号 (1928)
  • 「人物の測定法」 『教育心理研究』 第3巻 6号 (1928)
  • 「個性調査と職業指導」 『職業指導』 第2巻 7号 (1929)
  • 「B式団体智能検査の一試案」 『心理学研究』 第9巻 5・6 合輯 (1934)
  • 「身体に関する種々の測定値間の関係」 『教育心理研究』 第9巻 3号 (1934)
  • 「義務教育年限延長の心理学的根拠」 『帝国教育』 第695号 (1936)
  • 「職業指導を顧みて」 『職業指導』 第16巻 1号 (1943)
  • 「民主主義と職業指導」 『職業指導』 第19巻 4・5 合併号 (1946)
  • 「諸民族の気質」 『人間科学』 第3号 (1947)
  • 「諸民族の気質性格」 『日本学士院紀要』 第6巻 1号 (1948)
  • 「性能別学習編成」 『児童心理』 第3巻 3号 (1949)
紀要
  • 松本亦太郎ほかと共著 「飛行家の選抜法に関する研究」 『東京帝国大学航空研究所雑録』 第32号 - 第33号 (1922)
  • 「低圧と酸素欠乏の心身能率に及ぼす影響に関する実験的研究」 『東京帝国大学航空心理研究所報告』 第3号 (1928)
  • 「東洋諸民族ノ智能ニ関スル比較研究 (1) - (4)」 『東京文理科大学文科紀要』 第14巻 (1936) - 第17巻 (1939)
  • 北アメリカ三都市ニ於ケル諸民族ノ知能ニ関スル研究」 『東京文理科大学文科紀要』 第19巻 (1941)
  • 「日本民族の智能」 東京文理科大学心理学教室 『教育心理研究紀要』 第1輯 (1941)
  • 「知能を基準とする学力の評価」 『田中教育研究所紀要』 第2号 (1954)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 岡山県赤磐郡生まれ[6]
  2. ^ 明治31年勅令第344号 学位令第2條に基づく学位授与[2]
  3. ^ 「日本教材研究所」との記述もある[9]
  4. ^ ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチについての著書。

出典編集

  1. ^ a b コトバンク 2016, デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説.
  2. ^ a b c d e 文部省「彙報 學位授與 田中寬一」『官報』第2269号、1920年2月28日、523-526頁
  3. ^ a b c d e コトバンク 2016, 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説.
  4. ^ 藤川信夫 2011.
  5. ^ 木村元 2011.
  6. ^ a b c d e 初代所長 田中寛一”. 田中教育研究所について. 田中教育研究所. 2016年1月2日閲覧。
  7. ^ 事業内容”. 田研出版の会社案内. 田研出版株式会社. 2016年1月2日閲覧。
  8. ^ a b 大泉溥 編「日本心理学者事典」クレス出版 (2003) ISBN 4-87733-171-9
  9. ^ 木村元 2011, p. 256.

参考文献編集

関連文献編集

  • 『田中寛一博士古稀記念論文集 教育心理の諸問題』田中寛一博士古稀記念論文集編集委員会編、日本文化科学社、1952年8月。
  • 金子尚弘「田中寛一 : 日本民族の力を信じた心理学者」『地域と教育 : 小平から教育を考える』第15号、2008年2月。
  • 江口潔『教育測定の社会史 : 田中寛一を中心に』田研出版、2010年8月。ISBN 9784860890278

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代:
斎藤斐章
  東京高等師範学校附属中学校主事
1928年 - 1931年
次代:
馬上孝太郎
学職
先代:
(新設)
田中教育研究所長
1951年 - 1962年
日本教材研究所長
1948年 - 1951年
次代:
鈴木清
先代:
(新設)
玉川大学
1947年 - 1949年
次代:
波多野精一
その他の役職
先代:
馬上孝太郎
茗渓会理事長
1945年 - 1959年
次代:
野口源三郎