田中恭吉

田中 恭吉(たなか きょうきち、明治25年(1892年) -大正4年(1915年10月23日)は、和歌山県和歌山市出身の文人・芸術家。特に版画家としてよく知られている。

田中 恭吉
生誕 1892年
和歌山県和歌山市
死没 1915年10月23日(23歳)
和歌山県和歌山市
国籍 日本の旗 日本
教育 東京美術学校
著名な実績 版画
運動・動向 創作版画

目次

経歴編集

私は日本人の手に成つたあらゆる芸術の中で、氏の芸術ほど真に生命的な、恐ろしい真実性にふれたものを、他に決して見たことはない
萩原朔太郎
 
2012年に和歌山県立近代美術館で開催された生誕120年記念展

明治25年(1892年)、現在の和歌山市に生まれた。明治43年(1910年)に和歌山県立徳義中学校を卒業すると上京し、約1年間、白馬会原町洋画研究所に通う間に恩地孝四郎と知り合った。翌年に東京美術学校の彫刻科に入学すると、藤森静雄大槻憲二土岡泉竹久夢二香山小鳥などと交流を深める中で独自の表現を模索。初めて木版画を制作したのは大正2年(1913年)12月頃だと考えられている[1]。藤森や大槻、土岡などと同人雑誌「ホクト」を手掛けたり、雑誌「少年界」や「少女界」に寄稿したり、回覧雑誌「密室」にペン画や、自刻による木版画いわゆる創作版画を発表するなど、美術と文芸の両方で才能を発揮した。

その後、恩地との間で自刻版画集を刊行しようと計画し、藤森も巻き込んで大正3年(1914年)4月に私輯「月映」を刊行した。しかし大正2年頃に肺結核を発病しており、療養のために和歌山に帰郷。版画への熱意もむなしく仲間と別れる無念さは『焦心』に表れている。その作品はエドヴァルド・ムンクの影響からか、結核を病む作者の心情を映してか、一種の病的な冴えた神経を示していた。負担のかかる版画ではなく詩歌を中心に創作活動を続け、大正3年9月には公刊『月映』が刊行されたが、大正4年(1915年)10月23日、和歌山市内の自宅で23歳にして逝去。

大正6年(1917年)には萩原朔太郎の詩集「月に吠える」で恭吉の作品が取り上げられた。恭吉の作品や資料の多くは和歌山県立近代美術館に所蔵されている。

参考文献編集

画集
  • 和歌山県立近代美術館『恩地孝四郎・田中恭吉・逸見享版画展 』、和歌山県立近代美術館、1981年
  • 三木哲夫『田中恭吉作品集』、玲風書房、1997年
  • 和歌山県立近代美術館『田中恭吉展』、NHKきんきメディアプラン、2000年
経歴など
  • 和歌山県立近代美術館『田中恭吉の芸術』、田中恭吉、1977年
  • 上野芳久『田中恭吉 - 生命の詩画 -』、七月堂、2011年
作品紹介など
  • 海野弘『日本のアール・ヌーヴォー』、青土社、1988年
  • 弥永徒史子『再生する樹木』、朝日出版社、1988年

脚注編集

  1. ^ 青木茂・酒井忠康監修『日本の近代美術12 近代の版画』 大月書店、1994年、74頁

外部リンク編集