メインメニューを開く

田中 愛治(たなか あいじ、1951年 - )は、日本の政治学者早稲田大学総長(第17代)、専攻は計量政治学・政治過程論。早稲田大学政治経済学術院教授オハイオ州立大学Ph.D.[1]。元世界政治学会(IPSA)会長。田中清玄(右翼活動家、元日本共産党書記長)の次男。

目次

経歴編集

東京都生まれ。私立武蔵中学校・高等学校を経て、1975年早稲田大学政治経済学部卒業。1985年オハイオ州立大学で博士号取得(Ph.D,政治学)。

1986年道都大学社会福祉学部専任講師、1987年同助教授、1989年東洋英和女学院大学人間科学部社会科学科助教授、1994年青山学院大学法学部助教授、1996年教授を経て1998年から早稲田大学政治経済学部教授。学部講義の他、早稲田大学独自のオムニバス授業である「大隈塾」のコーディネーターも担当している。国家公務員I種試験(行政職)などの試験委員も務める。日本ニュース時事能力検定協会理事(2006年度まで)。早稲田大学理事(教務部門総括)。2010年から政治経済学会理事。2014年7月に世界政治学会(IPSA)会長に就任(任期2年)。

2018年、第16代早稲田大学総長の鎌田薫の任期満了に伴う総長選挙に立候補。推薦代表者となった須賀晃一政治経済学術院長をはじめ[2]渡邉義浩文学学術院教授、宮島英昭高等研究所所長、赤尾健一社会科学総合学術院教授、池岡義孝人間科学学術院教授、友添秀則スポーツ科学学術院教授、原田宗彦スポーツ科学学術院教授らが推薦人に名を連ねた[3]。なお、ツイッターで「総長選挙で、負けた方の候補者を支援した職員が左遷されたり、降格されることはあってはならない」とつぶやき、注目を集めた[4]

そして島田陽一副総長との決選投票の末、当選を果たし、2018年11月より第17代総長に就任[5]。政治経済学部出身者の総長選出は時子山常三郎第9代総長以来50年ぶりとなった[6]

人物編集

  • みたらし団子が大好物であり、自身のキャッチコピーとして「みたらしスパークル」を掲げている。
  • かつて教え子との対談[7]の最後で目を潤ませるなど、涙もろく人情に厚い一面も持つ。

著書編集

共著編集

共編著編集

共編編集

  • 内田満吉野孝今村浩・谷藤悦史)『現代日本政治小辞典〈2005年度版〉』(ブレーン出版,2005年)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

学職
先代:
鎌田薫
早稲田実業学校理事長
2018年 -
次代:
(現職)