メインメニューを開く

田中 昌之(たなか まさゆき、1951年6月30日 - )は、日本の歌手佐賀県伊万里市出身[1]

田中 昌之
出生名 田中 昌之
別名 田中 雅将
田中 雅之
生誕 (1951-06-30) 1951年6月30日(68歳)
出身地 日本の旗 日本, 佐賀県伊万里市
ジャンル J-POP、ロック
職業 シンガー
活動期間 1971年 -
レーベル Apple Rock records
事務所 Cat gear co.,ltd
共同作業者 クリスタルキング
公式サイト 田中昌之 Official Website

愛称は「マー坊」。ロックバンド「クリスタルキング」の元ボーカルとして知られる。

来歴・人物編集

1971年に長崎県佐世保で中村公晴・山下三智夫、他二人と共にクロスロードを結成、米軍キャンプ、ディスコ等で活動していた。

1975年より、ボーカルとして「クリスタルキング」に参加し高音パートを担当。1979年にクリスタルキングとしてキャニオン・レコードより「大都会」でデビュー。同曲は売上150万枚を超すヒットとなり、第18回ヤマハポピュラーコンテストにおいてグランプリ受賞[2]、第10回世界歌謡祭でグランプリと歌唱賞をダブル受賞[2]している。

「大都会」でのデビュー時にはそのハイトーンが持てはやされた。当時「スリーオクターブの美声」というキャッチフレーズで紹介されている」ファーストアルバム「AN END」(ソロ曲)ではソプラノばりの高音を歌っている。力強い高音に目が行きがちだが、「サマーシェイド」という曲では野太い中音を聴くことも出来る。

1986年にクリスタルキングを脱退しソロ活動を開始[2]。同年「1000カラットのサマーブロンズ」がUCC缶コーヒーのCMソングとなる[2]

1989年6月、バンド仲間との草野球の試合中に打球が喉を直撃し、声を一時的に失う。その後声自体は回復したものの、かつてのハイトーンボイスは失われた。 約3年間悩み続け、歌を辞めようかと思った時期もあったという。

しかしその後、友人である福岡ダイエーホークス(当時)の若井基安に「どんな豪速球の投手でも、いつかは変化球で勝負しなければならない日が来る。 不慮の事故とは言え、お前は変化球で勝負する勇気がないのか」と言われたことで意識が変化し、歌を続けようと決心。その時、思わず「(立ち直るきっかけを与えてくれて)ありがとう!」と感謝の言葉を述べたほどである。それをきっかけに現在もシンガーとして活躍し続けている。

その後、クリスタルキングに戻り1年活動するが、後に全員がリーダーから解雇通知を受け、 クロスロードを結成。2年活動し、のちにソロになる。

1997年ポッカ缶コーヒー「クリスタルブラック」のCMに出演した事で再ブレイク[2]。CMはシリーズ化され、その年のCM好感度タレント第1位となる[2]

1998年、特撮テレビドラマ『ウルトラマンガイア』の主題歌を大門一也とのユニットで歌唱。 1999年、人気ロングランゲーム『バトルギア』歌唱。 2000年には特撮テレビドラマ『仮面ライダークウガ』の主題歌を歌唱。 2006年、世界でヒットした人気プレステーションゲーム『塊魂』のオープニングテーマは田中雅将名義は、田中昌之の歌唱である。

2003年に芸名を田中 雅将に改名。さらに2004年に芸名を田中 雅之に改名[2]

2011年3月に急性心筋梗塞で倒れ、横浜市立みなと赤十字病院に救急搬送される。搬送時に心肺停止状態となったが4度目の自動体外式除細動器(AED)措置で蘇生したという[3]。田中本人によると「その日の(横浜市立みなと赤十字)病院の当直医が血管カテーテルの専門医だったことで、血管内カテーテル治療を直ちに受けて4日間で退院できた」とのことである[3]

2013年2月より、芸名を本名の田中 昌之に戻し活動している[2]

ZEPフリークとしても有名であり、特にロバート・プラントを神と崇めている。

現在の活動。 ライブ活動を続けながら、クオリティーの高い作品作りを続けている。 2016年に発売された、洋楽カバーアルバム「it's my life」は、インディーズでありながら、音のこだわりが作品に現れてている。 音数の少ない中に、ヴォーカルの圧倒的な歌唱力。洋楽カバーアルバムとして、圧倒的にクオリティの高い作品に仕上がっている。と高い評価を受けている。 2018年に発表された、配信楽曲「素敵なコレステロール」は、ブルースで自身の体験を面白く語っているが、ブルースコードを見事な作品に仕上げている。 同じ2018年に発表された、配信楽曲「Pain」は、愛猫との別れを切ないラブソングにして歌っている。

現在でも男性ヴォーカリスト歌唱力ランキングでは、最高レベルの「S」や「A」に名を連ね、 アニメが海外に進出した事で、田中昌之の歌唱評価は海外でもかなり高い評価をうけている。

作品編集

ディスコグラフィー編集

代表曲編集

クリスタルキングのメンバーとして歌った曲についてはそちらを参照。

  • 1000カラットのサマー・ブロンズ(1986年7月25日、UCC缶コーヒーCMソング)
  • SLOW DOWN (スロー・ダウン)(1987年1月25日)
  • ウルトラマンガイア!(1998年、『ウルトラマンガイア』オープニングテーマ/田中昌之&大門一也
  • ガイアノチカラ(1998年、『ウルトラマンガイア』挿入歌/田中昌之&大門一也)
  • OUT ON TNE ROAD(1988年、孔雀王イメージアルバム収録。レコーディングされた物としては自身最高のhihiG#を記録している)
  • ルパン三世のテーマ(1999年、ルパン三世トリビュート・アルバム「You's Explosion」/田中昌之&クロスロード)
  • 仮面ライダークウガ!(2000年、『仮面ライダークウガ』オープニングテーマ)
  • TRY & CHASE(2000年、『仮面ライダークウガ』イメージソング)
  • Red Desire(2000年、『仮面ライダークウガ』イメージソング)
  • THE MASKED RIDER KUUGA!(2000年、『仮面ライダークウガ』オープニングテーマの英語版)
  • To become wild(2000年、タイトーバトルギア2』テーマ曲)
  • 塊オンザロック〜メインテーマ(2004年、ナムコ塊魂』テーマソング)
  • 明日へ…(2006年)
  • 愛をとりもどせ ユリア…永遠に(2006年 セルフカバー)
  • 生きる(2008年)
  • Dear(2013年)
  • it's my life 洋楽カバーアルバム(2016年)
  • 素敵なコレステロール(2018年)
  • Pain(2018年)

CM編集

  • ポッカ クリスタルブラック
    • 「大都会」のイントロのみ、「大都会」を歌うところだった田中が天童よしみにマイクを奪われ「川の流れのように」を歌われて呆然とするヴァージョン、フリーフォールで悲鳴をあげるヴァージョンなど、合わせて5本が制作された。

脚注編集

  1. ^ 時代を駆ける:田中雅之/1 ステージで死にたい”. 毎日新聞 (2012年3月6日). 2014年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h profole”. 田中昌之オフィシャルウェブサイト. 2014年2月17日閲覧。
  3. ^ a b 日刊ゲンダイ』「愉快な病人たち」2017年11月9日付(11月8日発行)14面

外部リンク編集