メインメニューを開く

田中美里

日本の女優、声優

田中 美里(たなか みさと、1977年2月9日 - )は、日本女優声優石川県金沢市出身。株式会社アンプレ所属。

たなか みさと
田中 美里
本名 田中 美里
生年月日 (1977-02-09) 1977年2月9日(42歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
身長 165 cm
血液型 O型
職業 女優声優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1996年 -
活動内容 1996年:芸能界デビュー
1997年:NHK連続テレビ小説『あぐり』で主演
事務所 アンプレ
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
あぐり』(1997年)
WITH LOVE』(1998年)
利家とまつ〜加賀百万石物語〜』(2002年)
京都南署鑑識ファイル』(2005年)
映画
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000年)
吹き替え
冬のソナタ』(2003年)
美しき日々』(2003年)
天国の階段』(2004年)
テンプレートを表示

略歴編集

北陸学院高等学校卒業。1996年、第4回東宝シンデレラオーディション審査員特別賞受賞により芸能界デビュー。1997年NHK連続テレビ小説あぐり』(美容家・吉行あぐりの自伝をドラマ化)のヒロインを務める。

2003年NHK衛星第2テレビジョンで(2004年にはNHK総合テレビジョンでも)放映された韓国ドラマ『冬のソナタ』ではチェ・ジウ吹き替えを担当した。

2012年5月末日付けで、所属していた東宝芸能を退社。個人事務所を設立し、独立した[1]

エピソード編集

  • 英語が好きで、デビュー前は海外留学を目指していたという。
  • 乗馬などもたしなむ。
  • 本来運動は苦手で、水泳も全くできなかったが、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』で海上を泳ぐシーンがあり、そのために水泳を習得した[2]。劇中では、ゴジラの背びれに乗るという、シリーズ唯一の役どころを演じている。
  • 2000年の終わり頃にパニック障害を起こし、3か月ほど芸能活動を休止し療養していた。
  • 趣味は帽子作り。
  • 2019年4月、『Jin no beat shite cassie』という彼女自身がデザイン、プロデュースする帽子のブランドを立ち上げる。『ジンノビートシテカッシ』は、「のんびりしていってくださいね」という彼女の故郷石川県の方言をいかした造語である。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 一本の手(1997年) - 主演・ミツ子 役
  • 黒い家(1999年11月13日公開、松竹) - 黒沢恵 役
  • ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000年12月16日公開、東宝) - 主演・辻森桐子 役
  • みすゞ(2001年) - 主演・金子みすゞ 役
  • ゴジラ×メカゴジラ(2002年12月14日公開、東宝) - 品川東病院の看護婦・辻森 役※ゲスト出演
  • HAZAN(2003年)
  • 世界の中心で、愛をさけぶ(2004年5月8日公開) - 律子の母 役
  • 電車男(2005年6月4日公開、東宝)
  • 探偵事務所5(2006年) - 村山理沙子 役
  • 能登の花ヨメ(2008年) - 主演・藤川みゆき 役
  • 群青 愛が沈んだ海の色(2009年6月27日公開、東宝) - 仲村由起子 役
  • TAKAMINE〜アメリカに桜を咲かせた男〜(2011年) - 麻績村貴子 役
  • カルテット!(2012年) - 千尋先生 役
  • あんてるさんの花(2012年) - 安藤奈美子 役[4]
  • 神戸在住(2015年) - 合田和名 役
  • 向日葵の丘・1983年夏(2015年8月22日) - みどり(大人) 役
  • 貞子vs伽椰子(2016年6月18日) - 高木史子 役[5]
  • 家族の日(2016年、花三) - 君原 喜美子 役
  • しまこと小豆島(短編映画 2016年) - 成瀬美樹 役
  • 明日にかける橋 1989年の思い出(2018年)- 吉行桐子 役
  • 糸(2018年)- 主演・波多江 絢 役
  • ずぶぬれて犬ころ(2019年公開予定)- 小堀茜 役(特別出演)
  • 二宮金次郎(2019年6月1日公開予定) - なみ 役
  • 帰郷 (2020年1月公開予定 時代劇専門チャンネル)- おとし 役
  • 山中静夫氏の尊厳死(2020年春公開予定) - 今井早智子 役
  • もみの家(2020年春公開予定)- 佐藤 恵 役

舞台編集

  • わが町(1997年)演出:鴨下信一 銀座セゾン劇場
  • 鏡花幻想―恋女房すずという女(2000年)演出:江守徹 帝国劇場
  • かもめ(2002年)演出:マキノノゾミ 新国立劇場 小劇場
  • 大川わたり(2003年)演出:小林俊一 ル・テアトル銀座
  • 喜劇・極楽町一丁目―嫁姑地獄篇―(2004年)
  • 浪人街(2004年)脚本:マキノノゾミ 演出:山田和也 青山劇場
  • ハレルヤ(2004年)作・演出:和田憲明 シアタートップス
  • 虹の橋(2004年) 御園座
  • LOVE LETTERS(2004年)演出:青井陽治 パルコ劇場
  • 写楽考(2005年)作:矢代静一 演出:マキノノゾミ シアター1010 ※第5回バッカーズ演劇奨励賞を受賞
  • 喜劇 大吉夢家族(2005年)演出:伏見悦男 帝国劇場
  • 妻をめとらば(2006年)脚本:マキノノゾミ・鈴木哲也 演出:宮田慶子 御園座
  • 錦鯉(2006年)作・演出:土田英生 天王洲銀河劇場
  • 砂利(2007年)脚本・本谷有希子 演出:倉持裕 青山スパイラルホール
  • からっぽの湖(2008年)作:枡野幸宏 演出:G2 紀伊国屋ホール
  • 山の巨人たち(2008年)作:ルイジ・ピランデルロ 演出:ジョルジュ・ラヴォーダン 新国立劇場 中劇場
  • 淫乱斎英泉(2009年)作:矢代静一 演出:鈴木裕美 あうるすぽっと 豊島区立舞台芸術交流センター
  • 静かじゃない大地(2009年)作・演出:G2 本多劇場
  • 初恋(2010年)作・演出:土田英生 三鷹市芸術文化センター 星のホール
  • 梅咲きぬ(2010年)演出:江守徹 御園座
  • 高き彼物(2012年)作・演出:マキノノゾミ 吉祥寺シアター
  • つく、きえる(2013年)作:ローラント・シンメルフェニヒ 演出:宮田慶子 新国立劇場 小劇場
  • 案山子(2014年)作・演出:東憲司 本多劇場
  • 朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter(2016年4月 - 5月、天王洲銀河劇場) - 薫 役 [6] 作・演出:岡本貴也 天王洲銀河劇場
  • 熱血!ブラバン少女(2017年3月4日 - 3月26日)作・演出:G2 博多座
  • 未来に輝くチカラ ~THIS IS ME~ (2018年11月28日 )総合演出:G2 作・演出:川口大樹 博多座
  • 天下一の軽口男 笑いの神さん 米沢彦八(2019年2月1日 - 2月17日)原作:木下昌輝 脚本:森脇京子 演出:堤泰之 大阪松竹座

テレビアニメ編集

吹き替え編集

ナレーション編集

  • 発見ふるさとの宝(2005年、NHK総合)
  • 憧れの都へ〜とっておきのヨーロッパ〜(2007年)
  • 太陽の王国(2007年 - 2008年、テレビ東京)
  • ゆらり散歩世界の街角(2010年 - 、BS-TBS
  • 馬と駆ける冒険エンデュランス(2011年 - 2012年、テレビ東京)
  • ソーラーボーイズ(2012年、テレビ金沢
  • ラグビーガール(2013年 - 、テレビ東京)
  • 女の道は一本道 〜追悼・宮尾登美子さん〜(2015年、NHK総合 四国管内放送 )
  • 広島からアウシュビッツへ~戦争体験を受け継ぐために~(2015年、NHK総合 )
  • 未来へ贈るいのちの森(2016年、宮城テレビ )

ラジオ編集

バラエティ編集

ドキュメンタリー編集

  • 新春歴史ロマンSP・戦国武将の真実…時代を変えた奇跡の瞬間! 愛と野望の開運伝説(2011年1月2日、TBS)
    • ドラマ編で、おね(北政所)を演じた。
  • 金曜スーパープレミアム「スタア追悼2011天国へのラブレター」(2011年12月16日)
  • にっぽん紀行「届け! 復興の歌声 釜石・歓喜の第九」(2011年12月22日、NHK) - 案内人
  • ヨーロッパ水風景 ベルギー ブルージュ〜アントワープの旅(2013年11月24日・12月1日、BSジャパン) - 旅人
  • 発掘!歴史に秘めた恋物語「戦国一の美女 信長の妹・お市の方の物語」(2015年1月5日、BSフジ)
  • 理想の住まいとは?〜建築家と辿る空間の旅〜(2015年1月17日、BS-TBS)
  • さいはっけん!古都物語(2015年5月9日、BSプレミアム)
  • 天才絵師 長谷川等伯に誘われて~こころの原風景・北陸~(2015年7月5日、BS-TBS)
  • 絶景!開運紀行 世界遺産・平泉から みちのくの桃源郷をゆく(2015年8月16日、BS朝日)
  • 黒柳徹子のコドモノクニ ~タブーに挑んだ児童文学作家・松谷みよ子~(2015年11月18日、BS朝日)
  • 100分de名著  ハンナ・アーレント全体主義の起原』(2017年9月4日、11日、18日、25日、NHK Eテレ)
  • HAIKU MASTERS (2018年12月3日、31日、NHKワールド
  • 大人が知らない!! 日本史の新常識3 なぜ変わった?教科書ミステリー (2019年4月6日、BSフジ)

CM編集

著書編集

  • 大人がいちばん、楽しい街 BURA金沢(2015年3月6日発売)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ お知らせ東宝芸能株式会社、2012年6月1日
  2. ^ 『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』パンフレット「Production Notes」より。
  3. ^ 大山のぶ代、『ドラえもん』と歩んだ26年間をドラマ化 主演は鈴木砂羽”. ORICON STYLE (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。
  4. ^ 吉祥寺を舞台にした映画「あんてるさんの花」-ハモニカ横丁などで撮影 - 吉祥寺経済新聞、2011年8月19日
  5. ^ 山本美月主演「貞子vs伽椰子」追加キャスト発表、安藤政信が霊媒師役”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  6. ^ 「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter」に相葉裕樹、和音美桜ほか”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  7. ^ “ルパン三世 sweet lost night 〜魔法のランプは悪夢の予感〜”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=474 2016年5月3日閲覧。 

外部リンク編集