田中裕子

日本の女優

田中 裕子(たなか ゆうこ、1955年4月29日[1] - )は、日本の女優。本名、澤田 裕子(さわだ ひろこ[注 1])。

たなか ゆうこ
田中 裕子
本名 澤田 裕子(さわだ ひろこ)
生年月日 (1955-04-29) 1955年4月29日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府池田市[1]
身長 160 cm
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1979年 -
配偶者 沢田研二1989年 - )
著名な家族 田中隆三(弟)[2]
所属劇団 文学座1978年 - 1985年
事務所 アニマ出版
主な作品
テレビドラマ
おしん[1]
『向田邦子新春シリーズ』
わかば
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
Mother
Woman
まれ
蒼穹の昴
anone
なつぞら
映画
ええじゃないか
北斎漫画
天城越え[1]
ホタル
あなたへ
共喰い
はじまりのみち
もののけ姫[1]
CMサントリー
 
受賞
日本アカデミー賞
第5回最優秀助演女優賞・新人俳優賞
北斎漫画』『ええじゃないか
ブルーリボン賞
第26回 主演女優賞
1983年『天城越え
第24回 助演女優賞
1981年『北斎漫画』『ええじゃないか
その他の賞
モントリオール世界映画祭1983年 最優秀女優賞
天城越え
キネマ旬報賞
主演女優賞
1983年『天城越え
2005年『いつか読書する日』『火火
助演女優賞
2014年『はじまりのみち』『共喰い
毎日映画コンクール

女優主演賞
1983年『天城越え
2005年『いつか読書する日
2012年 田中絹代賞[3]
報知映画賞
主演女優賞
2005年『いつか読書する日』『火火
助演女優賞
1981年『北斎漫画
日刊スポーツ映画大賞
助演女優賞
1999年『お受験』『大阪物語
高崎映画祭第14回 最優秀助演女優賞
大阪物語
コンフィデンスアワード・ドラマ年間大賞
助演女優賞
2018年『anone
紫綬褒章
テンプレートを表示

大阪府池田市出身[1]明治大学文学部演劇学科卒業。所属事務所はアニマ出版。夫は歌手沢田研二[1]、弟は俳優の田中隆三

来歴・人物編集

中学1年の2学期から北海道札幌市円山育ち[4][5]札幌市立向陵中学校北海道札幌西高等学校卒業、藤女子短期大学中途退学を経て明治大学文学部演劇学科卒業。学位文学士(明治大学)。卒業論文は「女優論」。

明治大学在学中の1978年文学座に入り、女優活動をスタート[1]1979年(昭和54年)のNHKテレビ小説『マー姉ちゃん』で主役の妹役としてデビュー。1981年(昭和56年)の映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞。1983年(昭和58年)の、連続テレビ小説おしん』で主役を演じ、アジアやイスラム圏を中心として世界的な有名女優になる。日本での『おしん』の平均視聴率は52.6%、最高視聴率は1983年11月12日放送(第186回「戦争編・東京の加代」)の62.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であり、テレビドラマ史上最高視聴率である[1]。抑制のきいたセリフに情念を込める演技が特徴[1]

1983年(昭和58年)には映画『天城越え』でモントリオール世界映画祭主演女優賞受賞。1985年に文学座を退団。

歌手としての活動もあり、1986年にはコンサートを開催し、フジテレビ『夜のヒットスタジオ』やTBS『ザ・ベストテン』スポットライトのコーナーに出演した。また1987年6月11日には『ザ・ベストテン』で黒柳徹子の代理で同番組の司会を行ったこともある。

実現しなかった『男はつらいよ』第49作『寅次郎花へんろ』にはマドンナ役で14年ぶりのシリーズ出演が予定されており[6][7][8]、そのことが縁で『虹をつかむ男』に出演している。

2005年(平成17年)には映画『いつか読書する日』『火火』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞受賞。2010年(平成22年)のドラマ『Mother』で第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞受賞。同年11月紫綬褒章受章。2013年(平成25年)には映画『共喰い』『はじまりのみち』でキネマ旬報ベスト・テン助演女優賞受賞[1]

日本テレビ水曜ドラマanone』において2018年度コンフィデンスアワード・ドラマ年間大賞助演女優賞を受賞[9]

出演編集

テレビドラマ編集

  • 連続テレビ小説NHK
  • 華岡青洲の妻(1980年10月16日、日本テレビ)
  • ドラマ人間模様「楽園の日々」(1980年2月10日 - 3月2日、NHK)
  • 曠野のアリア(1980年9月1日、TBS
  • 恋人たち(1980年10月9日 - 12月25日、TBS) - 土方典子 役
  • 天皇の料理番 第2話 - 第10話・第13話 - 最終話(1980年10月26日 - 1981年1月19日・2月9日 - 3月22日、TBS) - キミ子 役
  • 魂の夏(1980年11月15日、NHK)
  • 万葉の娘たち(1981年1月18日 - 2月8日、NHK)
  • 東芝日曜劇場 第1271回 動物園と植物園(1981年5月3日、TBS)
  • 娘よ!(1981年7月9日、日本テレビ) - 主演
  • 想い出づくり。(1981年9月18日 - 12月25日、TBS) - 池谷香織 役
  • 雄気堂々(1982年1月3日、NHK) - 真田ゆふ 役
  • 土曜ワイド劇場「善人たちの夜」(1982年6月26日、テレビ朝日) - 主演・みどり 役
  • つゆくさ・愛(1982年8月22日、CBCテレビ) - 主演
  • 噂になった女たち(第2回)新宿25時(1982年10月23日、NHK) - 主演
  • 鳥人伝 世界ではじめて空を飛んだ男と女の物語(1982年11月17日 - 24日、TBS) - ヒロイン・真知子 / おまち 役
  • 秘戯記(1984年7月5日、読売テレビ)
  • しあわせの国 青い鳥ぱたぱた?(1985年6月1日、NHK)[11] - 主演・ハナコ 役
  • 向田邦子新春シリーズ(1986年 - 2001年、TBS)
    • 女の人差し指(1986年1月8日) - 主演・菊坂文子 役
    • 麗子の足(1987年1月7日) - 主演・紀田礼子 役
    • 男どき女どき(1988年1月6日) - 主演・大島菊子 役
    • わが母の教えたまいし(1989年1月14日) - 主演・結城祝子 役
    • 隣りの神様(1990年1月4日) - 主演・宮部彦乃 役
    • 向田邦子直木賞十周年記念ドラマ 思い出トランプ(1990年9月21日・28日) - 主演・英子 役
    • 女正月(1991年1月7日) - 主演・神山いち乃 役
    • 華燭(1992年1月6日) - 主演・溝呂木佐和 役
    • 家族の肖像(1993年1月11日) - 主演・田野倉琴子 役
    • いとこ同志(1994年1月10日) - 主演・向坂静江 役
    • 風を聴く日(1995年1月9日) - 主演・長沢絹子 役
    • 響子(1996年1月) - 主演・響子 ※脚本の筒井ともみが向田邦子賞受賞
    • 空の羊(1997年1月6日) - 主演・池上松乃 役
    • 終わりのない童話(1998年1月1日) - 主演・寺崎かなえ 役
    • 小鳥のくる日(1999年1月11日) - 主演・神林みさお 役
    • あ・うん(2000年1月1日) - 主演・水田たみ 役
    • 月曜ドラマスペシャル「風立ちぬ」(2001年2月12日) - 主演・川西たき乃 役
  • 恋子の毎日
    • 水曜ドラマスペシャル(1986年3月12日、TBS)
    • 青春夫婦物語 恋子の毎日II(1988年7月9日、TBS)
  • 花嫁人形は眠らない(1986年4月12日 - 5月31日、TBS) - 主演・宮本明日子 役
  • ドラマ人間模様「うまい話あり」(1986年6月14日 - 7月5日、NHK)
  • 蛍の宿(1988年9月29日、日本テレビ) - 主演
  • スティル・ライフ 霧子とマリエの犯罪的同棲生活(1989年4月29日、TBS) - 主演・霧子 役
  • 日中合作スペシャルドラマ「その人の名を知らず」(1989年5月3日 - 5日、NHK)
  • 帰郷(1989年8月18日、フジテレビ) - 主演
  • 九時まで待って(1989年11月1日、日本テレビ) - 主演・蜜子 役
  • 翔ぶが如く(1990年1月7日 - 12月9日、NHK大河ドラマ) - 西郷いと 役、ナレーション兼任(第2部)
  • 怪談・花屋敷(1991年8月16日、フジテレビ) - 主演
  • 29歳・おもかげを風にあたえよ(1992年1月15日、NHK) - 主演・尾崎翠
  • (1993年5月3日 - 10日、テレビ東京) - 主演・お玉 役
  • 金曜エンタテイメントこれから 海辺の旅人たち」(1993年5月21日、フジテレビ) - ヒロイン・加代子 役
  • にごりえ(1993年10月25日、テレビ東京) - 主演
  • 月曜特集特別企画 日本名作ドラマ「夫婦善哉」(1995年2月6日、テレビ東京) - 主演・蝶子 役
  • 照柿(1995年11月2日 - 12月17日、NHK) - 佐野美保子 役
  • 小石川の家(1996年1月1日、テレビ東京) - 主演・幸田文 役
  • 春さん 夢配達人(1996年2月25日、関西テレビ) - 主演・春子 役
  • 初春ドラマスペシャル
  • 新しい朝が来た〜8月15日のラジオ体操(2003年8月2日、NHK) - 主演・西山ツル子 役
  • フジテレビ開局45周年記念ドラマ「海峡を渡るバイオリン」(2004年11月27日、フジテレビ) - 千大善 役
  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2006年11月18日、フジテレビ) - 主演・中川栄子 役(大泉洋とのダブル主演)
  • NHK広島放送局開局80年ドラマ 帽子(2008年8月2日、NHK) - 竹本世津 役
  • 北海道テレビ開局40周年記念作品 歓喜の歌(2008年9月7日、テレビ朝日) - 宮本美弥子 役
  • Mother(2010年4月14日 - 6月23日、日本テレビ) - 望月葉菜 役
  • 蒼穹の昴(2010年9月26日 - 2011年3月27日、NHK) - 西太后
  • Woman(2013年7月3日 - 9月11日、日本テレビ) - 植杉紗千 役[12]
  • 24時間テレビスペシャルドラマはなちゃんのみそ汁」(2014年8月30日、日本テレビ) - 山岡豊乃 役
  • 新春ドラマ特別企画「わが家」(2015年1月4日、毎日放送制作・TBS) - 桜木鯛子 役
  • この街の命に(2016年4月2日、WOWOW) - 高野綾子 役[13]
  • 絆〜走れ奇跡の子馬〜(2017年3月23日・3月24日・NHK)松下佳世子 役[14][15][16]
  • anone(2018年1月10日 - 3月21日 、日本テレビ)林田亜乃音 役[17][18]
  • 太陽の子(2020年8月15日、NHK総合NHK BS4KNHK BS8K) - 石村フミ 役[19][20]

映画編集

舞台編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

CM編集

ディスコグラフィー編集

  • アルバム
    • 泳いでる...(1986年6月21日 / CBSソニー
    • 女が男を愛せる瞬間(1987年5月21日 / CBSソニー)
    • 純愛ノススメ(1988年9月21日 / CBSソニー)
    • 都会の猫たち(1989年7月1日 / 日本コロムビア

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 昭和天皇「裕仁(ひろひと)」から取ったため本名は「ひろこ」と読み、誕生日も同じである。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.88.
  2. ^ 다나카유코 - 네이버 인물검색
  3. ^ “毎日映画コンクール、大賞は周防正行監督『終の信託』”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年1月18日). https://news.mynavi.jp/article/20130118-a045/ 2020年7月21日閲覧。 
  4. ^ 佐藤正弥編著『データ・バンク にっぽん人』現代書林、1982年、110頁。
  5. ^ 『週刊現代』、1997年8月2日号、80頁
  6. ^ 吉村英夫『完全版「男はつらいよ」の世界』(集英社文庫)山田洋次インタビュー
  7. ^ アメトーク』「男はつらいよ芸人」2008年1月27日放送
  8. ^ 西田敏行『役者人生、泣き笑い』河出書房新社、2016年
  9. ^ “『コンフィデンスアワード・ドラマ賞 年間大賞 2018』発表”. ORICON NEWS. (2019年3月1日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/52592/6/ 2020年7月22日閲覧。 
  10. ^ 平成27年度前期 連続テレビ小説「まれ」出演者発表!”. NHK (2014年9月8日). 2017年8月9日閲覧。
  11. ^ ドラマスペシャル しあわせの国 青い鳥ぱたぱた?名 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  12. ^ “満島ひかり、民放連ドラ初主演でシングルマザー熱演 話題の子役・鈴木梨央と親子役”. ORICON NEWS. (2013年5月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2024821/full/ 2017年7月26日閲覧。 
  13. ^ 加瀬亮と戸田恵梨香が獣医役で共演、殺処分の現実を描くドラマW「この街の命に」”. 映画ナタリー (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  14. ^ 役所広司さん主演「絆〜走れ奇跡の子馬〜」制作開始!”. NHKドラマトピックス (2016年7月14日). 2017年3月6日閲覧。
  15. ^ netkeiba.com発の小説が、豪華キャストでドラマ化!”. netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2016年8月5日). 2017年3月6日閲覧。
  16. ^ netkeiba発!NHKドラマ『絆〜走れ奇跡の子馬』 後編は24日19時30分放送”. netkeiba.com. ネットドリーマーズ (2017年3月23日). 2017年3月23日閲覧。
  17. ^ “広瀬すず、10代最後の連ドラ主演に『Mother』スタッフ結集「ぞくぞくする」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2100592/full/ 2017年12月4日閲覧。 
  18. ^ “広瀬すず、「Mother」坂元裕二脚本最新作で主演!日テレ1月ドラマ”. シネマカフェ (株式会社イード). (2017年11月14日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/11/14/53873.html 2017年12月21日閲覧。 
  19. ^ “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、豪華共演が実現 戦争の悲劇を伝えるドラマ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2157602/full/ 2020年3月17日閲覧。 
  20. ^ 柳楽優弥×有村架純×三浦春馬『太陽の子』放送決定!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年3月16日). 2020年7月20日閲覧。
  21. ^ “「深夜食堂」2015年1月に映画化 ドラマ第3弾も10月放送決定”. 映画.com. (2014年8月15日). http://eiga.com/news/20140815/3/ 2014年12月9日閲覧。 
  22. ^ “佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優×田中裕子が家族に 白石和彌監督最新作『ひとよ』今秋公開決定”. Real Sound. (2019年3月29日). https://realsound.jp/movie/2019/03/post-339827.html 2019年5月15日閲覧。 
  23. ^ 田中裕子と蒼井優が2人1役、沖田修一監督で小説「おらおらでひとりいぐも」映画化(コメントあり)”. 映画ナタリー. 2020年6月18日閲覧。
  24. ^ "柳楽優弥×有村架純×三浦春馬さん『映画 太陽の子』公開日が8月6日に 特報&ビジュアルも". Real Sound. blueprint. 14 April 2021. 2021年4月14日閲覧
  25. ^ “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、映画『太陽の子』2021年公開決定 テレビドラマ版とは異なる視点に”. リアルサウンド 映画部 (blueprint). (2020年9月9日). https://realsound.jp/movie/2020/09/post-616194.html 2020年9月9日閲覧。 
  26. ^ もののけ姫”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  27. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。

外部リンク編集