田丸藩(たまるはん)は、伊勢国に存在した。居城は田丸城(現在の三重県度会郡玉城町田丸字城山四一六)[1]

田丸藩田丸領の村数は、天保年間では247村、幕末には250村となっており、そのうち田丸領分は72村143枝郷17所小谷である。宮川右岸の佐八村(そうちむら)・大倉村・上野村・神薗村・円座村も田丸領に含まれていた。

概要編集

稲葉家編集

  1. 稲葉道通 (慶長5年(1600年) - 慶長12年(1607年))
  2. 稲葉紀通 (慶長12年(1607年) - 元和2年(1616年))

久野家編集

紀伊和歌山藩御附家老は次の4家である。

久野宗成は「元和五年頼宣公国替之節、台徳院様(徳川秀忠)より御附人仰付けられ勢州田丸城仰付けられ候」と田丸城入城の記録がある。御附家老は、幕府での処遇は大名に準じて将軍の拝謁をも特に許されている。田丸城主の久野家は伊勢神宮への「神馬」奉納を寛永20年(1695年)から文久元年(1861年)まで計14回、内宮に行っている。また、伊勢神宮の記録も久野家を「田丸城主」と記しており、「久野田丸藩」が元和5年より明治維新まで存続したことは、以上幕府の諸記録、伊勢神宮年表からも明らかにされている。

歴代領主編集

  1. 久野宗成 (慶長14年 - 寛永2年)
  2. 久野宗晴 (寛永3年 - 承応2年)
  3. 久野宗俊 (承応3年 - 宝永3年)
  4. 久野俊正 (宝永3年 - 享保11年)
  5. 久野俊純 (享保11年 - 安永1年)
  6. 久野輝純 (安永2年 - 文化7年)
  7. 久野昌純 (文化8年 - 文政6年)
  8. 久野純固 (文政6年 - 明治2年)

参考文献編集

  • 「田丸郷土誌」池山始三
  • 玉城町史」金子延夫

脚注編集

  1. ^ 二木謙一監修・工藤寛正編「国別 藩と城下町の事典」東京堂出版、2004年9月20日発行(376ページ)

関連項目編集