メインメニューを開く

田丸 雅智(たまる まさとも、1987年 - )は日本小説家ショートショート作家。

田丸 雅智
(たまる まさとも)
誕生 (1987-12-22) 1987年12月22日(31歳)
日本愛媛県
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 東京大学大学院工学系研究科卒業
活動期間 2011年 -
代表作 『海色の壜(びん)』
主な受賞歴 樹立者ショートショートコンテスト 最優秀賞
デビュー作 『夢巻(ゆめまき)』
公式サイト http://masatomotamaru.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴・人物編集

愛媛県松山市生まれ。愛媛県立松山東高等学校東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒。

星新一が「唯一の後継者」とした江坂遊が認めた作家であり、したがって、いわば「星新一の孫弟子」にあたる。ただし、作風は星新一とは大きく異なり、江坂遊の流れを汲む。

現代ショートショートの第一人者で、お笑い芸人ピース又吉直樹や女優の中嶋朋子らが絶賛していることでも知られる。

作家としての歩み編集

2011年12月『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載されデビュー。2012年3月には、江坂が選考委員の「樹立社ショートショートコンテスト」で「海酒」が最優秀賞受賞。以降、現代ショートショートの第一人者として、ショートショートを専門にして執筆活動を行っている。

2016年に作品「海酒」がピース・又吉直樹主演により短編映画化され、カンヌ国際映画祭など多数の映画祭で上映された。[1]

2018年、NHK1.5ch「宇宙ショートショート絵巻」が第21回文化庁メディア芸術祭「エンターテインメント部門」で審査委員会推薦作品を受賞。[2]

2019年、「世にも奇妙な物語 ’19雨の特別編」で『夢巻』収録の「大根侍」がテレビドラマ化。女子高生が主人公となり、主演は浜辺美波小手伸也[3]

活動編集

作品の執筆にとどまらず、様々な活動を行っている。

ショートショートの書き方講座編集

小学生からシニアまで幅広い層を対象に、様々な場所でショートショートの書き方講座を開催している。延べ参加者は2万人以上。文学賞の受賞者や、プロの作家も多数輩出。[4]

田丸式メソッドのワークシートは公式サイトにて無料公開されている。

また、創作体験を通して更生につなげてほしいと、各地の少年院でも講座を開催している。[5]

講座の内容は、2020年度から使用が開始される小学校4年生の国語教科書に採用される予定となっている。[6]


即興ライブ編集

「ショートショートの書き方講座」で使用している田丸式メソッドを用い、ゲストと一緒にその場で短い作品を書き上げる「即興ライブ」を開催している。ピース・又吉直樹、フルーツポンチ・村上健志もえのあずきなど、多数参加。[7]

また、角田陽一郎プロデュースのもと、お笑い芸人をゲストに迎えた「ショートショート即興ショー」も開催。[8]

審査員編集

2015年11月、自らが発起人となり、ショートショート大賞 (主催:キノブックス)を設立。審査員長も務めている。[9]

第15回 坊っちゃん文学賞で新設された「ショートショート部門」の審査員長も務める。同賞は第16回よりショートショートに特化した賞にリニューアルし、継続して審査員長を務めている。[10]

その他編集

ゲームブック「じゃれ本」を用い、遊びながら連作でショートショートを書く講座を実施。[11]

2017年より、400字を上限にしたショートショートの投稿プラットフォーム「ショートショートガーデン」を立ち上げ、運営を行っている。[12]

編著書編集

著書編集

  • 夢巻(2014年、出版芸術社)のち双葉文庫(解説 クリープハイプ尾崎世界観
  • 海色の壜(2014年、出版芸術社)のち双葉文庫
  • 珍種ハンターウネリン先生(2015年、学研、児童書)
  • 家族スクランブル(2015年、小学館)のち文庫(解説 フルーツポンチ・村上健志)
  • ショートショート・マルシェ(2015年、光文社文庫)(解説 大森望
  • 日替わりオフィス(2015年、幻冬舎)のち幻冬舎文庫(解説 オカヤイズミ)
  • たった40分で誰でも必ず小説が書ける 超ショートショート講座(2015年、キノブックス
  • ショートショート診療所(2016年、キノブックス)のち「ショートショートクリニック」へ改題してキノブックス文庫(解説 EXILE橘ケンチ)
  • ショートショート千夜一夜(2016年、小学館)のち小学館文庫(解説 しりあがり寿)
  • E高生の奇妙な日常(2016年、角川春樹事務所
  • ショートショート列車(2016年、キノブックス
  • じいちゃんの鉄工所(2016年、静山社)
  • インスタント・ジャーニー(2017年、実業之日本社
  • ショートショート・BAR(2017年、光文社
  • 芸能人ショートショート・コレクション(2017年、角川春樹事務所
  • 俳句でつくる小説工房(2017年、堀本裕樹共著、双葉社
  • こども小説教室(2018年、キノブックス)
  • ショートショート美術館(2018年、太田忠司共著、文藝春秋)
  • おとぎカンパニー(2018年、光文社)
  • オバペディア(2019年、潮出版)
  • マタタビ町は猫びより(2019年、辰巳出版)
  • ヘンな生き物研究所のビックリ結末。(2019年、学研)

編纂編集

  • ショートショートの缶詰(2016年、キノブックス)
  • 未来製作所(2018年、幻冬舎)

寄稿・収録編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 芥川賞作家・又吉直樹の主演短編「海酒」世界三大映画祭への出品決定! : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年6月17日閲覧。
  2. ^ 歴代受賞作品, 文化庁メディア芸術祭. “宇宙ショートショート絵巻「反物質の子どもたち」「太陽症候群」 | 審査委員会推薦作品 | エンターテインメント部門 | 第21回 2018年” (日本語). 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品. 2019年6月17日閲覧。
  3. ^ 世にも奇妙な物語|トピックス” (日本語). フジテレビ. 2019年6月17日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月16日). “【新・仕事の周辺】田丸雅智(ショートショート作家) 執筆体験は読書人口増やす” (日本語). 産経ニュース. 2019年6月17日閲覧。
  5. ^ 松山出身SS作家 田丸さん 故郷の少年院で念願講座” (日本語). 愛媛新聞社. 2019年6月17日閲覧。
  6. ^ 国語 - 令和2年 教科書特設サイト - 教育出版”. www.kyoiku-shuppan.co.jp. 2019年6月17日閲覧。
  7. ^ もえあずと田丸雅智氏が「スキャンダルたこやき」を即興で完成” (日本語). Ameba News [アメーバニュース]. 2019年6月17日閲覧。
  8. ^ 田丸雅智のショートショート即興ショー” (日本語). 田丸雅智のショートショート即興ショー. 2019年6月17日閲覧。
  9. ^ 第3回 ショートショート大賞 | KINOBOOKS(キノブックス)” (日本語). 第3回 ショートショート大賞 | KINOBOOKS(キノブックス). 2019年6月17日閲覧。
  10. ^ 第16回 坊っちゃん文学賞 – ショートショート募集” (日本語). 2019年6月17日閲覧。
  11. ^ 連作ショートショート本” (日本語). じゃれ本. 2019年6月17日閲覧。
  12. ^ ショートショートガーデン(SSG)”. short-short.garden. 2019年6月17日閲覧。

外部リンク編集