田久保 賢植(たくぼ けんしょく、1984年3月31日 - )は、千葉県八千代市萱田町出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者。

田久保 賢植
Kenshoku Takubo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県八千代市
生年月日 (1984-03-31) 1984年3月31日(37歳)
身長
体重
174 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • フロッシ・ブルノ (2012)
  • フェルトキルヒ・カージナルス (2014)
  • フロッシ・ブルノ (2015)

6カ国(アメリカ合衆国日本カナダオーストラリアチェコオーストリア[注 1]独立リーグマイナーリーグチームでプレーした経験を持つ。

経歴編集

高校時代に雑誌でメジャーリーグのトライアウト記事を見たことがきっかけで、フロリダ州のベースボールアカデミー、次いでアメリカのサマーリーグに参加[1]。元は外野手だったが、この渡米時の経験で内野手にも挑戦した[1]。帰国後、2007年は四国アイランドリーグ徳島インディゴソックスに入団し、1シーズンプレーした[1]。徳島での成績は14試合に出場、17打数5安打、打率.294であった[2]。シーズン終了後、契約更新しない通告を受け、退団[3]

徳島退団後、カナダの独立リーグ・インターカウンティ・ベースボールリーグ英語版ストラトフォード・ナショナルズ英語版やクラブチームのYBC柏などに所属。一時は野球を離れて一般の営業職となっていたが関西独立リーグコリア・ヘチ発足の際に復帰[1]。トライアウトに合格後、「若いうちは生活なんて何とかなる。大切なのはお金じゃなく、好きな野球を思い切りできる場所」というコメントが新聞で紹介された[4]

その後、オーストラリアのレッドランズ・レイズを経て、関西独立リーグの大阪ホークスドリームに在籍[1]NPBに入団できなければ野球をやめるつもりでいたが、チェコ・エクストラリーガの紹介を受けて2012年に入団した[1]。年齢的にNPBをめざすことが困難と感じ、海外に出ることを考えたという[1]。帰国後、2012年9月に大和侍レッズに加入した[5]が、シーズン終了後の11月末で退団した[6]

2013年はアメリカの独立リーグであるペコス・リーグアルパイン・カウボーイズで1年プレーした[注 2]

2014年シーズンは、オーストリアン・ベースボール・リーグの2部リーグであるベースボールブンデスリーガに所属するフェルトキルヒ・カージナルスドイツ語版のヘッドコーチ兼選手を務めた。また、ヨーロピアンチャンピオンシップトーナメントにてオーストリアU21代表の3塁コーチを務めている。

2015年はかつてプレーしたチェコ・エクストラリーガフロッシ・ブルノチェコ語版にプレイヤーコーチとして復帰を果たし、同時に前年のオーストリア代表チームもU21代表からそのまま昇格し、フル代表のコーチを務めた。

2017年2月、日本学生野球協会の定める研修受講により、学生野球資格(指導者)を取得した[7]

2021年現在は、マンツーマンを基本とした野球指導「BMIパーソナルサポートレッスン」を手掛け[8]、対面指導の場でもある地元・千葉県八千代市のプライベートジム「On Deck Circle」の管理人や一般社団法人All Nations Baseballの理事も務める。

人物編集

かつては在日韓国人であり、それをコンプレックスに思うこともあったが、高校時代にベースボールアカデミーに参加した際に様々な人種に接したことで意識が変わった。なお、現在は帰化している[9]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ コリア・ヘチは大韓民国資本のチームだったが、活動は日本国内のため、日本としてカウント。
  2. ^ 独立リーグドットコムの記事ではラスベガス・トレインロバーズとあるが、実際に入団したのはカウボーイズだった。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g ラスベガス・トレインロバーズ 田久保賢植 選手 - 独立リーグドットコムインタビュー第16回(2013年5月14日)
  2. ^ 打撃成績(全選手) 2007年 - 四国アイランドリーグplus
  3. ^ 徳島IS 勝沢投手・益田投手・田久保選手退団のお知らせ - 四国アイランドリーグ情報ブログ2007年11月12日(四国新聞)
  4. ^ “野球独立リーグ、増えたけど 運営基盤や連携に課題”. 朝日新聞. (2010年1月2日). https://www.asahi.com/sports/baseball/npb/news/TKY201001010109.html 2021年5月8日閲覧。 
  5. ^ 新入団選手のお知らせ - 大和侍レッズ公式ブログ(2012年9月3日)
  6. ^ 退団選手のお知らせ - 大和侍レッズ公式ブログ(2012年11月30日)
  7. ^ 学生野球資格回復に関する規則第4条による適性認定者 - 日本学生野球協会(2017年2月7日閲覧)
  8. ^ LESSONS”. Kenshoku Takubo official site. 2021年2月17日閲覧。
  9. ^ 高木遊 (2021年2月21日). “野球「チェコリーグ」初の日本人選手・田久保賢植 “口論も厭わない国”で得たもの”. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/43592 2021年4月26日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集