田原 健一(たはら けんいち、1969年9月24日 - )は、日本バンドMr.Childrenギタリストである。

田原健一
生誕 (1969-09-24) 1969年9月24日(47歳)
日本の旗 日本 福岡県福岡市
出身地 日本の旗 日本 東京都中野区
ジャンル J-POP
ロック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1987年 -
レーベル TOY'S FACTORY
事務所 烏龍舎
共同作業者 Mr.Children
小林武史
公式サイト Mr.Children official site

目次

人物編集

  • 福岡県で生まれ、何度か転校を繰り返し、東京都中野区へ転住した。
  • 中学までは野球部に在籍していた。バンド活動が盛んな中学であり、友人達が学園祭でバンド演奏をしているのに触発されて、自分も出来るのではと思い立ち、音楽の道を考え出した。そして中学卒業の頃に初めてギターを購入した。高校入学直後はしばらく野球部に在籍していたが、クラスメイトである桜井和寿が学校にギターを持ってきていたことがきっかけで、桜井と仲良くなり、次第に音楽への想いが増していった[1]。野球と音楽とのどちらの道に進むか悩んだ末、入学1ヶ月後に桜井に「バットをギターに持ち替えろ!」と誘われ[2]、野球部を辞めて軽音楽部に入部した。
  • 非常に無口で、インタビュー記事での彼の発言は、極端に短かったり、少なかったり、「…」だけだったり、ということが多い。しかし名波浩によると、以前に田原と一緒に食事に行った際、ライブツアーの話になると素っ気無い反応だったのが、レストランから出される食事や飲んでいた酒の説明になると、物凄いテンションで喋っていたという[3]
  • 視力が悪く、コンタクトレンズを愛用している。過去の雑誌の写真ではソフトレンズを使用しているのが確認できる。時々かけるメガネは、見た目が気に入ったものを選んだだけで、特にブランドのものではないとのこと。 
  • 2001年10月9日、桜井和寿・小林武史と共に一夜限りのユニット「Acid Test」として「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演した。Mr.Children以外のバンドに参加したのはこの日のみである。
  • 未発表カバー曲「花はどこへ行った」の日本語訳を担当したが、直訳ではないためCD化は実現しなかった。
  • Mr.Childrenのメンバー・スタッフらで構成された野球チーム「ジミケン」の監督を務めている。
  • 「友達のままで」でピアニカ、「ありふれたLove Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜」と「跳べ」でマンドリン、「Mirror」でグロッケンと、ギター以外の楽器も演奏している。スライドバーをよく使い、スライドギター奏法を行う。
  • innocent world」のイントロのメロディーは彼の提案によるものである[4]
  • 亀田誠治は雑誌のインタビューで、田原はギター・ソロを主とせず、フィル・インやコードワークで楽曲に貢献する最高のバッキング・ギタリストであると評価している。
  • 2015年公開のLIVE FILM「Mr.Children REFLECTION」と、2015年発売アルバム「REFLECTION」のタイトルの名付け親である。

使用ギター編集

エレキギター編集

  • Navigator ES-335 Type
  • Navigator Les Paul Type
  • ESP Telecaster Type
  • Epiphone Casino
  • Fender Telecaster
  • Fender Jazzmaster
  • Fender Stratocaster
  • G&L Asat Classic
  • Freedom BROWN PEPPER
  • Gibson ES-355
  • Gibson ES-335
  • Gibson Les Paul Standard
  • Gibson FirebirdⅢ
  • Gibson Chet Atkins Country Gentleman
  • Gibson Les Paul Custom
  • Gibson SG
  • Gretsch Country Gentleman
  • Guitars・R・US Telecaster
  • Guitars・R・US Telecaster Thinline
  • Seymour Duncan DS-185 
  • Rickenbacker 331 LIGHT SHOW

アコースティックギター編集

  • Martin 000-28
  • K.Yairi KYF-2E

アンプ編集

  • Peavey classic 50/410
  • Matchless-ES412-Cabinet-412
  • Vox AC30 6TB (Black & Tan)
  • Fender Pro Reverb
  • Fender 57 Twin Re
  • Marshall 1962 BluesBreaker
  • Msrshall 1957 or JTM45
  • Dr.Z Mazerati
  • Bedrock BC50
  • Mesa Boogie コンボアンプ
  • Bogner metropolis
  • Divided by 13
  • Fender supersonic 100 head

出典・参考文献編集

  1. ^ 『PATi PATi』ソニー・マガジンズ1992年
  2. ^ Mr.Children 1992-1995』ライナーノーツ。文:小貫信昭
  3. ^ 2012年5月6日放送『Music Lovers』”. TVでた蔵 (2012年5月6日). 2014年7月31日閲覧。
  4. ^ 『[es] Mr.Children in 370 DAYS』 株式会社角川書店 1995年 ISBN 4-04-852567-0

関連項目編集

外部リンク編集