田原市博物館(たはらしはくぶつかん)は、愛知県田原市にある市立博物館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 田原市博物館
Tahara Municipal Museum
Tahara Municipal Museum - Entrance2.jpg
入口
田原市博物館の位置(愛知県内)
田原市博物館
愛知県内の位置
施設情報
前身 田原町博物館
専門分野 渡辺崋山関連資料
館長 増山禎之[1]
事業主体 田原市
延床面積 2,033m2[2]
開館 1993年平成5年)4月
所在地 441-3421
愛知県田原市田原町巴江11-1
位置 北緯34度40分25.07秒 東経137度16分8.34秒 / 北緯34.6736306度 東経137.2689833度 / 34.6736306; 137.2689833 (田原市博物館)座標: 北緯34度40分25.07秒 東経137度16分8.34秒 / 北緯34.6736306度 東経137.2689833度 / 34.6736306; 137.2689833 (田原市博物館)
アクセス 豊橋鉄道渥美線三河田原駅」下車、徒歩で約15分
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
崋山立志像
田原城の模型

概要編集

江戸時代画家田原藩家老であった渡辺崋山に関連する作品や資料を展示する博物館で、1993年平成5年)4月、田原城二ノ丸跡に開館した[3]2017年(平成29年)4月より、ドナルド・キーン名誉館長に就任していた[4][5]

収蔵品には国の重要文化財に一括指定されている渡辺崋山関係資料(紙本著色一掃百態図1冊、渡辺崋山印22顆など32点)[6]など崋山に関する貴重な作品や資料のほか、崋山の師であった谷文晁の作品や弟子の作品など崋山にゆかりのある人物の作品も多数収蔵している。

また、分館に田原市民俗資料館および田原市渥美郷土資料館がある。

主な収蔵品編集

以下は渡辺崋山の作品。

種別 名称 制作年 備考
重要文化財 一掃百態図 文政元年(1818年
重要文化財 渡辺巴洲像画稿 文政七年(1824年
重要文化財 渡辺巴洲像画稿(五図) 文政七年(1824年)
重要文化財 孔子像 天保九年(1838年
重要文化財 日月大黒天図 天保十一年(1840年
重要美術品 壬午図稿 文政五年(1822年
重要美術品 牡丹図 天保十二年(1842年
重要美術品 客坐掌記 第十四 天保九年(1838年
田原市重要文化財 福禄寿図 文化年間・明治時代 崋山の鹿の図に次男の渡辺小崋が蝙蝠と霊芝を左右に配し福禄寿図としたもの。
田原市重要文化財 花卉鳥虫蔬果画冊 天保四年(1833年
田原市重要文化財 商山四皓 天保年間
田原市重要文化財 月下芦雁之図 天保八年(1837年
田原市重要文化財 四季山水画冊 天保八年(1837年)
田原市重要文化財 風竹之図 天保九年(1838年
田原市重要文化財 千山万水図稿 天保年間

文化財編集

重要文化財
  • 絹本著色千山万水図 渡辺崋山筆
  • 渡辺崋山関係資料 一括(明細は後出)

利用案内編集

  • 開館時間 : 9:00 - 17:00
  • 休館日 : 月曜日(祝日の場合はその翌日)、展示替日、年末年始
  • 料金 : 一般(高校生以上)210円、小中学生100円(企画展・特別展については別料金)

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 田原市博物館年報第27号 (PDF)”. 田原市. 2020年12月13日閲覧。
  2. ^ 市有財産のあり方及び利活用に関する基本方針 (PDF)”. 田原市 (2011年3月). 2013年8月22日閲覧。
  3. ^ 田原町博物館として開館。2003年平成15年)に田原町が赤羽根町を編入し、市制施行したため田原市博物館へ改称した。
  4. ^ 広報たはらNo.820(平成29年5月号)『山下市長の元気通信 崋山先生が導いた縁』 (PDF)”. 田原市. p. 15 (2017年5月1日). 2017年5月3日閲覧。
  5. ^ “愛知)ドナルド・キーンさん、名誉館長に 田原市博物館”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年4月4日). http://www.asahi.com/articles/ASK434V9GK43OBJB001.html 2017年5月3日閲覧。 
  6. ^ 渡辺崋山関係資料(わたなべかざんかんけいしりょう)(文化財ナビ愛知)
[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集