メインメニューを開く

田原 節子(たはら せつこ、1936年 - 2004年8月13日)は、日本アナウンサー随筆家。旧姓、古賀村上(むらかみ)。 田原総一朗の2番目の妻。ウーマンリブ運動家でもあった。歌手古賀さと子は実妹。

たはら せつこ
田原 節子
プロフィール
本名 田原 節子
出身地 日本の旗 日本
生年月日 1936年
没年月日 2004年8月13日
最終学歴 早稲田大学
職歴 日本テレビ
配偶者 田原総一朗
担当番組・活動

来歴・人物編集

東京都に生まれ。早稲田大学文学部卒業後、日本テレビ入社。アナウンサーとして17年、CMプロデューサーとして10年間の勤務後、退社。その間に結婚出産を経験。結婚・出産後に局より「容色が衰えた」としてアナウンサーからの配置転換命令を受けたものの納得できずに提訴、勝訴する。総一朗との共著『私たちの愛』(講談社)によれば、局内ではもともとウーマンリブに関わっていた事が問題となっていたとのこと。CM制作部に移籍後はプロデューサーとして活躍するが、その間1980年代に作った「覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?」のコピーが有名になる。節子の次女・江川綾子[1]によれば、節子は「何でも手当たり次第に読みたがり、めいっぱい知りたがり、心から出会いを喜び、不条理に対してはとことん怒りまくる。そんなよく笑い、よく怒る、生命力の塊のような面白い人」であったという[2]

ジャーナリストの田原総一朗ダブル不倫の末、田原の妻がガンで死去したあとの1989年結婚。不倫当時はお互いの家庭を壊さないように関係を続けた。田原事務所代表を務める。1998年10月に炎症性乳がんを発症。余命6ヵ月の宣告を受ける。再発転移を繰り返し、抗がん剤治療を行いながら6年近く生存。その間、乳がんを中心に医療、女性問題などに関する執筆講演活動を活発に行う。この間のことは田原総一朗との共著『私たちの愛』に詳しい。

2004年8月13日多臓器不全のため死去。葬儀築地本願寺で執り行われ、葬儀委員長は電通成田豊が務めた。

田原は節子がガンと宣告された時・亡くした時の二度自殺を考えたが思いとどまる。闘病中は献身的に節子に尽くし、「きみが人生のすべてだった」と言い切った。2007年納骨[3]

著書編集

  • 『私たちの愛』 講談社 2003年1月
  • 『がんだから上手に生きる』 海竜社 2004年2月
  • 『最期まで微笑みを』 講談社 2004年10月
  • 『遺書 笑う乳がん闘病記』 集英社 2004年10月

脚注編集

外部リンク編集