メインメニューを開く

田原 誠次(たはら せいじ、1989年9月2日 - )は、宮崎県延岡市出身のプロ野球選手投手[2]。右投左打。読売ジャイアンツ所属。

田原誠次
読売ジャイアンツ #37
Giants tahara.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1989-09-02) 1989年9月2日(30歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト7位
初出場 2012年6月11日
年俸 3,600万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

経歴編集

プロ入り前編集

延岡市立岡富小学校3年時にソフトボールを始め、延岡市立岡富中学校時代は軟式野球部に所属[3][4]

聖心ウルスラ学園高等学校内野手として入部するが、背番号も与えられなかった[3][5]。2年時の秋に監督の助言で投手へ転向、打撃投手を務めていた際に制球難からサイドスローに転向する[3][5]。3年時の夏は全国高等学校野球選手権宮崎大会予選2回戦で敗退。甲子園出場経験は無し。[6]

高校卒業後は社会人野球三菱自動車倉敷オーシャンズ(当時は「倉敷オーシャンズ」)に入団すると、1年目の2008年から公式戦に登板し、2年目の2009年から主戦となる[3]。4年目の2011年伯和ビクトリーズの補強選手として第82回都市対抗野球大会の本戦に出場[3]。初戦の東京ガス戦で4回途中から2番手として登板し、7回まで無失点に抑えるも、9回にサヨナラ負けを喫し敗戦投手となった[7][8]。当時注目されていなかった田原だが、この試合を観ていた読売ジャイアンツの山下哲治スカウト部長がその潜在能力を評価し、実戦は1度しか見ていないながらもプロ野球ドラフト会議での指名を進言する[7]

2011年10月27日、2011年度プロ野球ドラフト会議で読売ジャイアンツから7位指名を受け入団[9]

巨人時代編集

2012年春季キャンプシンカーを習得[5]。6月10日にシーズン2度めの一軍昇格を果たすと、翌日の千葉ロッテマリーンズ戦で4回からプロ初登板[10]。7月1日の中日ドラゴンズ戦でプロ初先発し2回を無失点に抑えるも、代打を送られ降板[11]。8月9日にプロ初勝利を挙げると、翌日の登板で巨人の新人では城之内邦雄以来50年ぶりとなる2日連続勝利を手にした[5][12]。同年は中継ぎとして起用され前述の先発1試合と合わせて計32試合に登板し、オフにはプエルトリコ・ウィンターリーグへの派遣メンバーに、笠原将生とともに選ばれた[13]。しかし、翌年の2013年は腰痛を発症し7試合の登板に止まった[7][14]

2014年はシーズン後半戦から、西村健太朗山口鉄也スコット・マシソンリリーフが2013年のようには機能しない中、右の中継ぎとして20試合に登板[2][15][16]。左膝痛から8月22日に出場選手登録を抹消された[15]

2015年は8月30日の東京ヤクルトスワローズ戦で好救援し3年ぶりの白星を手にすると、そのまま一軍に定着。優勝争いの終盤で勝利の方程式につなぐ重要なポジションをつかんだ[17]

2016年は開幕から閉幕まで一軍に帯同し、自己最多の64試合に登板した。

2017年は27試合に登板、防御率2.89。

2018年はチーム事情で一軍と二軍を行き来したが、29試合に登板して防御率は2年続けて2点台だった。

2019年は開幕を二軍で迎え、4月16日に一軍昇格[18]。4月27日のDeNA戦で通算200試合登板を達成した[19]

選手としての特徴・人物編集

サイドスローからストレートに加え、スライダーカーブチェンジアップの変化球を操る技巧派タイプ[20]。プロ入り後の最初の春季キャンプで、シンカーを習得した[5]。緩急を使い、打たせて取るのが持ち味[3]。2015年シーズンからはスローカーブが大きな武器となっている[21]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 巨人 32 1 0 0 0 2 0 0 7 1.000 130 30.1 30 3 8 0 4 23 0 0 11 11 3.26 1.26
2013 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 39 9.0 9 0 4 0 1 8 0 0 6 6 6.00 1.44
2014 20 0 0 0 0 0 1 0 3 .000 71 18.2 11 4 3 0 3 15 0 0 7 6 2.89 0.75
2015 18 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 75 18.0 11 1 9 0 2 18 0 0 2 2 1.00 1.11
2016 64 0 0 0 0 4 3 0 14 .571 233 54.2 56 3 22 1 3 29 0 1 22 21 3.46 1.43
2017 27 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 123 28.0 28 4 11 3 2 17 1 0 9 9 2.89 1.39
2018 29 0 0 0 0 2 0 0 1 1.000 125 31.2 27 4 8 1 0 19 0 0 9 9 2.56 1.11
NPB:7年 197 1 0 0 0 10 5 0 30 .667 796 190.1 172 19 65 5 15 129 1 1 66 64 3.03 1.25
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 63 (2012年)
  • 37 (2013年 - )[2]

登場曲編集

  • 「Around The World」Red Hot Chili Peppers(2012年 - 2017年8月)
  • 「Are You Gonna Be My Girl」Jet(2017年9月 - 2018年7月)
  • 「Machine Gun Funk」EXILE SHOKICHI(2018年7月 - )

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 田原 誠次のプロフィール”. 読売巨人軍公式サイト. 2014年8月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 「開幕1軍目指す」-巨人・田原誠次投手(延岡出身)に聞く”. 夕刊デイリーWeb (2012年1月6日). 2014年8月15日閲覧。
  4. ^ ドラフト会議-田原誠次投手”. 夕刊デイリーWeb (2011年10月28日). 2011年11月10日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b c d e ルーキー田原 プロ初勝利!わずか8球斬り!”. スポニチ Sponichi Annex (2012年8月10日). 2014年8月15日閲覧。
  6. ^ 田原誠次”. HSBB高校野球データベース. 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ a b c 鷲田康 (2012年12月10日). “データだけで潜在能力は見抜けない! 田原誠次が証明した巨人の"眼力"。”. Number Web. 2014年8月15日閲覧。
  8. ^ (2011.10.22)第82回都市対抗野球大会 対 東京都 東京ガス”. 硬式野球部 伯和ビクトリーズ 公式ページ (2011年10月22日). 2014年8月15日閲覧。
  9. ^ 松本投手(英明高)ら6投手、1野手の交渉権獲得--ドラフト会議”. 読売巨人軍公式サイト (2011年10月27日). 2014年8月15日閲覧。
  10. ^ a b 【巨人】ドラ7田原が無失点デビュー”. nikkansoprts.com (2012年6月11日). 2014年8月15日閲覧。
  11. ^ a b 7月1日 対中日9回戦・東京ドーム”. 読売巨人軍公式サイト (2012年7月1日). 2014年8月15日閲覧。
  12. ^ 田原 城之内以来50年ぶり新人2日連続勝利”. スポニチ Sponichi Annex (2012年8月11日). 2014年8月15日閲覧。
  13. ^ プエルトリコのウインターリーグに田原、笠原両投手を派遣”. 読売ジャイアンツ (2012年11月2日). 2018年1月25日閲覧。
  14. ^ 田原誠、度胸満点!満塁ピシャリ「攻め切れている」”. スポーツ報知 (2014年8月2日). 2014年8月15日閲覧。
  15. ^ a b 【ファーム情報】田原誠、左膝痛から復活!憧れの山口と〝方程式〟形成だ”. スポーツ報知 (2014年9月9日). 2014年10月22日閲覧。
  16. ^ 磯谷佳宏 (2014年9月27日). “巨人 V3”. 東京新聞. 2014年10月22日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ 【巨人】田原誠、11試合連続無失点!逆転Vへ万全”. スポーツ報知 (2015年9月27日). 2015年9月27日閲覧。
  18. ^ 巨人・重信ら4人が登録、田原、高木は今季1軍初昇格SANSPO.COM2019年4月16日)
  19. ^ 巨人・田原、200試合登板達成 DeNA戦七回にソトを捕邪飛にSANSPO.COM(2019年4月27日)
  20. ^ ドラ7・田原「唯一の武器」希少・横手投げアピール!”. スポーツ報知 (2011年11月3日). 2011年11月10日閲覧。[リンク切れ]
  21. ^ 【巨人】田原、魔球を得て「逃げ切れない病」完治”. スポーツ報知 (2015年9月22日). 2015年9月27日閲覧。
  22. ^ 6月11日 対ロッテ4回戦・東京ドーム スコアブック”. 読売巨人軍公式サイト (2012年6月11日). 2014年10月22日閲覧。
  23. ^ 7月17日 対阪神14回戦・甲子園 スコアブック”. 読売巨人軍公式サイト (2012年7月17日). 2014年10月22日閲覧。
  24. ^ 8月9日 対阪神18回戦・東京ドーム”. 読売巨人軍公式サイト (2012年8月9日). 2014年10月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集