メインメニューを開く

田口 佐波主(たぐち の さわぬし)は、平安時代初期の貴族従四位下・田口雄継の子。官位正四位下神祇伯従三位

 
田口佐波主
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 承和14年閏3月23日847年5月11日
官位 正四位下神祇伯従三位
主君 淳和天皇仁明天皇
氏族 田口氏
父母 父:田口雄継
テンプレートを表示

目次

経歴編集

淳和朝天長5年(828年従五位下叙爵

太皇太后橘嘉智子外戚であったことから[1]、橘嘉智子所生の正良親王が即位(仁明天皇)すると、承和元年(834年)二階昇進して正五位下、承和2年(835年従四位下と急速に昇進を果たした。のち、右京大夫武蔵守を歴任する一方、承和11年(844年)従四位上、承和13年(846年)正四位下と累進した。

承和14年(847年)2月に神祇伯に任ぜられるが、同年閏3月23日卒去。最終官位は神祇伯正四位下。没後、太皇太后の外戚として従三位贈位を受けた[2]

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 佐波主は橘嘉智子の母(田口家主の娘)の曽姪孫にあたる(鈴木真年『百家系図』巻55,田口朝臣)。
  2. ^ 続日本後紀』承和14年閏3月23日

参考文献編集