メインメニューを開く

田口淳之介

日本の歌手、タレント。KAT-TUN元メンバー

田口 淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日[3] - )は、日本歌手タレント俳優であり、男性アイドルグループKAT-TUNの元メンバー。愛知県名古屋市生まれ、神奈川県相模原市育ち。所属事務所は株式会社Immortal。

たぐち じゅんのすけ
田口 淳之介
生年月日 (1985-11-29) 1985年11月29日(33歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 180 cm[1]
血液型 AB型[2]
職業 歌手俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1999年 - [3]
事務所 ジャニーズ事務所(1999年 - 2016年)
株式会社Immortal(2016年 - )
主な作品
テレビドラマ
有閑倶楽部
リーガルハイ
きょうは会社休みます。
舞台
フォレスト・ガンプ
田口 淳之介
生誕 (1985-11-29) 1985年11月29日(33歳)[3]
出身地 日本の旗 日本神奈川県相模原市
職業 歌手
活動期間 1999年 - [3]
レーベル ユニバーサル ミュージック / UNIVERSAL J
(2017年)
ユニバーサル ミュージック / Prime Music
(2018年)
事務所 株式会社Immortal
公式サイト JUNNOSUKE TAGUCHI OFFICIAL SITE

目次

略歴

1999年にジャニーズ事務所に入所。

2001年、『お前の諭吉が泣いている』で連続ドラマ初出演。同年に『ポップジャム』で堂本光一の専属バックダンサーとして結成されたKAT-TUNのメンバーに選ばれる。約5年間の活動を経て、2006年3月22日、シングル「Real Face」でCDデビューした。

2015年11月24日、日本テレビ系で放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト」において、2016年春にKAT-TUNから脱退し、ジャニーズ事務所からも退所することを発表した[4]。田口の脱退後については、関係者は「白紙状態」としており、同じKAT-TUNのメンバーである中丸雄一は「具体的なビジョンは聞いていない」としていた[2]

2016年3月31日付で、KAT-TUNのメンバーを脱退し、ジャニ―ズ事務所を退社[5]。同年9月1日、自身の公式サイトにて活動再開を発表。個人事務所の株式会社Immortalを設立(時期不明)。11月2日、インディーズシングル「HERO」でソロデビューした[5]

2017年2月14日、ユニバーサルミュージックと2年間の専属アーティスト契約を結び、メジャーデビューすることを発表[6]

2018年12月1日、前日の11月30日を以ってユニバーサルミュージックとの契約を終了したことを発表した[7]

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤A 初回限定盤B 通常盤
インディーズ 2016年11月2日 HERO PROJ-5021 PROJ-5022 PROJ-5023 18位
1st 2017年4月5日 Connect UPCH-7257 UPCH-5906 17位

アルバム

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
最高位
初回限定盤A 初回限定盤B 初回限定盤C 通常盤
1st 2017年9月13日 DIMENSIONS UPCH-7332 UPCH-7348 UPCH-7349 UPCH-2132 16位

映像作品

発売日 タイトル 規格品番
Blu-ray DVD
1st 2018年6月6日 DIMENSIONS ~JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018 UPXY-6068 UPBY-5068

出演

単独出演のみ。グループでの出演はKAT-TUN#出演を参照。

テレビドラマ

映画

舞台

バラエティ番組

ラジオ番組

CM

CMバリエーション、共演者に関してはKAT-TUN#CMを参照。

  • ロッテ
    • クランキー(2002年 - )
    • プラスX(2003年 - )
    • コロガリータ(2006年 - )
  • ロート製薬
    • もぎたて果実(2005年)
    • ロートCキューブ(2005年 - )
    • セセラ(2007年)
  • NTTドコモ
    • new 9 シリーズ(2006年)
    • FOMA903i(2006年)
  • ナチュラリ(NATURALI)、カラコン「ナチュラリ」と田口 淳之介の1stアルバム収録楽曲 「Raindrops」との期間限定コラボCM(2017年)[8]

コンサート

JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018「DIMENSIONS」[9]
月日 都市 会場
2018年 1月24日 愛知 Zepp Nagoya
2月1日 大阪 Zepp Osaka Bayside
2月2日 福岡 スカラエスパシオ
2月8日 東京 Zepp Tokyo

ライブ

  • 2018年3月3日 台北 ATT SHOWBOX[9]

ファンミーティング

  • 2018年3月4日 香港 MusicZone E-Max(九龍灣國際展貿中心)[9]

ジャニーズ時代の作品

ソロ曲

  • サムライ☆ラブ☆アタック(KAT-TUNの2枚目のアルバム『cartoon KAT-TUN II You』に収録)
  • 夏の場所(KAT-TUNの7枚目のシングル『DON'T U EVER STOP』初回限定盤1に収録)
  • WIND(KAT-TUNの4枚目のアルバム『Break the Records -by you & for you-』に収録)
  • LOVE MUSIC(KAT-TUNの5枚目のアルバム『NO MORE PAIИ』に収録)
  • GIRLS(「NTT presented by Junnosuke Taguchi」名義。KAT-TUNの13枚目のシングル『CHANGE UR WORLD』初回限定盤2に収録)
  • FINALE(KAT-TUNの6枚目のアルバム『CHAIN』に収録)
  • FLASH(KAT-TUNの21枚目のシングル『FACE to Face』通常盤初回プレス仕様収録)
  • WHENEVER I KISS YOU(KAT-TUNの8作目のアルバム『come Here』に収録)

参加作品

  • キラリト (「田口淳之介 & 中丸雄一」 KAT-TUNの24作目のシングル『KISS KISS KISS』初回限定盤2に収録)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “6人→3人へ/KAT-TUN&田口淳之介メモ”. 日刊スポーツ. (2015年11月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1570893.html 2016年10月4日閲覧。 
  2. ^ a b KAT―TUN田口、ジャニーズ退社 10周年を前に方向性の違い…解散も スポーツ報知 2015年11月25日
  3. ^ a b c d profile”. JUNNOSUKE TAGUCHI OFFICIAL SITE. 2018年5月6日閲覧。
  4. ^ KAT-TUN田口淳之介が来春脱退 事務所も退社 日刊スポーツ 2015年11月24日
  5. ^ a b “田口淳之介、活動再開を発表 11月にシングル発売「ずっとついてきてください」”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077729/full/ 2016年9月1日閲覧。 
  6. ^ “田口淳之介、ユニバーサルからメジャーデビュー「表現の幅を広げていきたい」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月14日). https://natalie.mu/music/news/220622 2019年5月22日閲覧。 
  7. ^ 田口淳之介 所属レコード会社についてのご報告”. Immortal Official Web Site (2018年12月1日). 2019年5月22日閲覧。
  8. ^ 「ナチュラリ(NATURALI)」 - ナチュラリ オフィシャルサイト(「ナチュラリ × 田口 淳之介」コラボサイト)
  9. ^ a b c 田口 淳之介 初ワンマンツアー・台北公演実施記念特別企画!!1月~3月期Listen withレギュラープログラムDJに決定!”. PR TIMES. 2018年2月25日閲覧。

外部リンク