メインメニューを開く

田口 益人(たぐち の ますひと)は、飛鳥時代末期から奈良時代初期にかけての貴族歌人氏姓石川朝臣のち田口朝臣。官位正五位上右兵衛率

 
田口益人
時代 飛鳥時代末期 - 奈良時代初期
生誕 斉明天皇4年(658年
死没 養老6年11月20日723年1月1日
官位 正五位上右兵衛率
主君 文武天皇元明天皇元正天皇
氏族 石川朝臣→田口朝臣
父母 父:田口筑紫または田口豊嶋
家主、家守、家人、庭足
テンプレートを表示

目次

出自編集

武内宿禰の後裔氏族である田口氏(田口朝臣)[1]の出身。田口筑紫または田口豊嶋の子とする説がある。

経歴編集

始め石川朝臣姓を称していたが、大宝2年(702年)田口朝臣の本姓に復する。慶雲元年(704年従六位下より四階昇進して従五位下叙爵

元明朝に入り従五位上に叙せられた後、和銅元年(708年上野守に任ぜられ地方官として赴任するが、翌和銅2年(709年)右兵衛率として京官に復している。元明朝末の霊亀元年(715年正五位下より正五位上に昇叙されている。

養老6年11月20日(723年正月)卒去。

人物編集

万葉集』に2首の和歌作品が入集。 2首とも上野国への赴任の途中、駿河国庵原郡浄見埼(現在の静岡市清水区興津清見寺町あたり)で詠んだ歌。

  • 廬原の 清見の崎の 三保の浦の ゆたけき見つつ 物思ひもなし(3-296)
  • 昼見れど 飽かぬ田子の浦 おほきみの 命かしこみ 夜見つるかも(3-297)

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

  • 父:田口筑紫[2][3]または田口豊嶋[4]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:田口家主[2]
    • 男子:田口家守[2]
    • 男子:田口家人[2]
    • 男子:田口庭足[2]

脚注編集

  1. ^ 新撰姓氏録』左京皇別によれば、田口氏は蘇我氏と同祖で推古天皇の時代に川堀(蝙蝠とも)臣が大和国高市郡田口村(現在の奈良県橿原市田中町・和田町付近)に住して蘇我田口臣を称したのに始まる。
  2. ^ a b c d e f g 鈴木真年『百家系図』巻55,田口朝臣
  3. ^ 但し、筑紫は大化5年(649年蘇我倉山田石川麻呂の謀反嫌疑に連座して死罪となっているため年代的に不整合がある。
  4. ^ 佐伯有清『新撰姓氏録の研究』考証編第六

参考文献編集