メインメニューを開く

田口 竜二(たぐち りゅうじ、1967年1月8日 - )は、広島県廿日市市出身の元プロ野球選手投手)。

田口 竜二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県廿日市市
生年月日 (1967-01-08) 1967年1月8日(52歳)
身長
体重
185 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
初出場 1986年10月14日
最終出場 1986年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

都城高のエースとして、3年次の1984年春の選抜に出場。準決勝に進み、KKコンビPL学園高と対戦。桑田真澄と投げ合うが、延長11回サヨナラ負けを喫する[1]。この姿に感動した女子から卒業まで毎週段ボール箱1杯のファンレターが届いたという。同年は夏の選手権にも出場、3回戦で再びPL学園高と対戦するが1-9で大敗した[2]。1年下のチームメートに遊撃手田中幸雄がいる。

大型左腕と騒がれ、1984年のプロ野球ドラフト会議南海ホークスから1位指名を受け入団した。

プロ2年目の1986年に一軍初登板を果たすも、その後は怪我により大成することなく1990年限りで現役を引退した[3]。翌1991年より打撃投手となる[3]。打撃投手就任後に制球力の高い投手の投球フォームを研究し、実践していく内にフォームが見違えるほど良くなり[3]、それを首脳陣に注目され1994年に現役復帰を遂げる[3]。しかし、左肘靭帯の故障により一軍登板はないままこの1年限りで再び現役を引退した[3]

引退後は用具係、営業職等を歴任し2005年に退団[4]

2006年より、医療関連企業の白寿生科学研究所に勤める[4]。同社で人材開拓課課長としてスポーツ選手のセカンドキャリア支援を多く手掛けており、『週刊ベースボール』にてセカンドキャリア支援に関する連載も受け持っていた。同社には8名の元NPB選手が働いている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1986 南海 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 1 0 2 0 0 0 0 0 1 1 9.00 3.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 1 0 2 0 0 0 0 0 1 1 9.00 3.00

記録編集

背番号編集

  • 28 (1985年 - 1988年)
  • 56 (1989年 - 1990年)
  • 114 (1991年 - 1993年)
  • 59 (1994年)
  • 116 (1996年 - 1998年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ a b c d e 週刊ベースボール2013年8月19日号 P60
  4. ^ a b 週刊ベースボール2013年8月19日号 P61

関連項目編集

外部リンク編集