メインメニューを開く

田口 雅也(たぐち まさや、1992年5月20日 - )は、日本陸上競技選手。大阪府箕面市出身。日章学園高等学校卒業後、東洋大学経済学部に進学し、陸上競技部に所属していた。2015年4月よりHonda陸上競技部に所属。

田口 雅也
たぐち まさや
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 田口 雅也
ラテン文字 Taguchi Masaya
愛称 たぐっちょ
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走駅伝
所属 本田技研工業
大学 東洋大学経済学部経済学科卒業
生年月日 (1992-05-20) 1992年5月20日(27歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
身長 174cm
体重 54kg
自己ベスト
5000m 14分02秒53
10000m 28分37秒37
ハーフマラソン 1時間02分19秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴・人物編集

中学3年生の時に全国都道府県対抗駅伝競走大会の2区に出場。区間10位と好走した。この時、田口の待つ第1中継所に先頭で飛び込んできたランナーが当時高校3年生の柏原竜二だった。 高校時代は5000m 14分台こそマークしたものの、目立った成績を残せなかった。 2012年第88回東京箱根間往復大学駅伝競走で第4区を出走。3区の山本憲二から首位でタスキを受け、当時の4区の区間記録に11秒と迫る歴代2位のタイムで快走を見せ、区間賞を獲得する。さらに2位の早稲田大学との差を広げ首位を守り5区柏原竜二にタスキを渡し、東洋大学の総合優勝に大きく貢献する[1]2012年11月の第44回全日本大学駅伝対校選手権大会では、第1区を走り区間賞を獲得。2013年第89回東京箱根間往復大学駅伝競走では、第1区を走り区間賞を獲得する[2]。 3年生の時(2013年度)にはチームの主軸として1学年先輩でチームのエースである主将の設楽啓太、副将の設楽悠太とともにチームを引っ張った。しかし夏合宿後半に一時調子を落としてしまう。なんとか出雲全日本大学選抜駅伝競走に初デビューでき、1区を任されたが結果は1区区間6位と良いスタートを切れなかった。続く全日本大学駅伝対校選手権大会では準エース区間の4区を任され、区間4位と復調。1月2日の2014年第90回東京箱根間往復大学駅伝競走では去年と同じ1区を任された。スタートと同時に、早大・大迫傑が引っ張る形でハイペースとなった。徐々に先頭集団から選手が離れて行き、17kmを過ぎて、青学大の1年生・一色恭志も先頭集団から離され、5人の集団となる。その後、六郷橋付近で東洋大の田口が仕掛け、これに日体大・山中秀仁、駒大・中村匠吾が付いて行き、大迫や明大・文元慧は遅れてしまう。19Km過ぎで山中と中村の一騎討ちとなり、田口も遅れてしまう。一旦は中村がスパートをかけるが、20km過ぎに山中がラストスパートをかけ、中村を振り切り区間賞を獲得、1区首位で襷をつないだ。山中のタイムは1区歴代3位の好記録で、中村と田口も過去4人しか記録していない1時間1分台を記録するというかつてない高速レースとなった。その後、東洋大学は見事2年ぶり5回目の往路優勝を果たし、復路でも快走を見せ復路記録を更新し総合優勝を果たした。 4年生の(2014年度)にはチームの主将を任された去年と同様にチームの主軸として活躍した。学生三大駅伝の初陣、出雲全日本大学選抜駅伝競走台風19号の影響により初の大会中止になり、走ることはできなかった。全日本大学駅伝対校選手権大会では8区を走り区間4位。2015年第91回東京箱根間往復大学駅伝競走では3年連続で1区を走り区間4位と安定した成績を残した。卒業後は1学年先輩の設楽悠太と同じHondaに就職した。マイブーム買い物オリンピック出場である[3]

記録編集

駅伝戦績・記録編集

大学駅伝戦績編集

学年 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2011年度)
第23回
不出場
第43回
不出場
第88回
旧4区-区間賞
54分45秒

当時歴代2位

2年生
(2012年度)
第24回
- - -
出走なし
第44回
1区-区間賞
43分17秒
第89回
1区-区間賞
1時間03分32秒
3年生
(2013年度)
第25回
1区-区間6位
24分05秒
第45回
4区-区間4位
41分07秒
第90回
1区-区間3位
1時間01分46秒

歴代9位

4年生
(2014年度)
第26回
- - -
大会中止
第46回
8区-区間4位
58分58秒
第91回
1区-区間4位
1時間02分12秒

実業団駅伝戦績編集

年度 大会 所属 区間 区間順位 記録 総合順位
2015年度
(入社1年目)
第56回東日本実業団対抗駅伝競走大会 HONDA
出走なし
HONDA優勝
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会
出走なし
HONDA4位
2016年度
(入社2年目)
第57回東日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間9位 33分43秒 HONDA5位
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間11位 35分24秒 HONDA11位
2017年度
(入社3年目)
第58回東日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間7位 34分25秒 HONDA優勝
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会 1区 区間21位 35分25秒 HONDA2位

自己ベスト編集

種目 記録 記録 備考
1500m 3分48秒04 2015年7月4日 世田谷長距離記録会
5000m 14分02秒53 2016年7月11日 ホクレンディスタンスチャレンジ
10000m 28分37秒37 2013年6月29日 ホクレンディスタンスチャレンジ
ハーフマラソン 1時間02分19秒 2016年2月7日 香川丸亀国際ハーフマラソン

出典編集

  1. ^ [1]箱根駅伝公式Webサイト
  2. ^ [2]箱根駅伝公式Webサイト
  3. ^ 月刊陸上競技1月号増刊箱根駅伝公式ガイドブック(陸上競技社/講談社)P77より
  4. ^ 月刊陸上競技1月号増刊箱根駅伝公式ガイドブック(陸上競技社/講談社)P77より