メインメニューを開く

田口 麗斗(たぐち かずと、1995年9月14日 - )は、広島県広島市佐伯区出身のプロ野球選手投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属。

田口 麗斗
読売ジャイアンツ #90
Giants taguchi90.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市佐伯区
生年月日 (1995-09-14) 1995年9月14日(23歳)
身長
体重
171 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 2015年4月11日
年俸 9,000万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
獲得メダル
男子 野球
日本の旗 日本
アジア プロ野球チャンピオンシップ
2017

目次

経歴編集

2歳から五日市観音少年野球クラブで野球を始め、カープJrでNPB12球団ジュニアトーナメントに出場した[2]五日市観音中では、「五日市観音シニア」(軟式)に在籍し、エースとして県大会出場[3]広島新庄高等学校では一年生からベンチ入り、高校3年次の2013年全国高等学校野球選手権広島大会決勝にて広島県瀬戸内高等学校と対戦し、山岡泰輔と投手戦を演じ、延長15回を無失点完投、翌日の引き分け再試合でも1失点完投と奮闘した[4]

甲子園大会には未出場ながら、第26回AAA世界野球選手権大会日本代表に選出され、大会では三試合に登板した。

2013年10月24日、ドラフト会議で読売ジャイアンツから3位指名を受けた。

プロ入り後編集

2015年4月11日の東京ヤクルト戦(東京ドーム)で先発投手として公式戦初登板、7回5被安打1失点で初勝利を収めた。またこの試合では1-1の同点で迎えた4回裏に打者として決勝打となるタイムリー内野安打を放ち、プロ初安打・初打点も記録した[5]。この年は先発ローテーション定着とまではいかなかったが13試合に登板し3勝5敗、防御率2.71の成績を残した。

2016年も開幕から先発ローテーション入りし、4月27日の阪神タイガース戦ではプロ入り初の完投勝利をマークした。8月3日の中日ドラゴンズ戦ではプロ初完封を記録し[6]、最終的に26試合に登板してプロ入り初、チーム唯一の2桁勝利となる10勝を挙げて規定投球回に到達した。

オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出されたことが発表された[7]

2017年、シーズン終盤やや調子を落としたものの前年を上回る13勝をマークし、前年の10敗から半分以下の4つにとどめた。オフの10月12日に第1回アジア プロ野球チャンピオンシップ日本代表に選出された[8]。11月19日の決勝戦に先発登板。7回を無失点に抑えて勝利投手となり、優勝に貢献した。

2018年は、シーズン当初から炎上続きでオールスター前で被本塁打が10本を超えるなど一発病も発症するなど不振が続き、7月上旬には登録を抹消された。

選手としての特徴編集

171cmと小柄ながら、常時130km/h台後半の直球とスライダーを中心に投球を組み立て、チェンジアップ、スローカーブも投げ分ける。プロ入り後の最速は146km/h[9]

高校時代は最速147km/hを計測した直球、カーブ、スライダー等で特にキレのあるスライダーが武器であり、奪三振能力・制球力が高く、中継ぎ候補としての指名だがスタミナもある[2]。その為、巨人の担当スカウトは『東の松井、西の田口』という評価を与えていた[4][2]

仮契約時に、スカウト部長のコメントでも「スライダーとカットボールは本当にレベルが高いし、何年か後には確実に一軍で活躍できる。」と評されている[10]

人物編集

家族は両親と妹。 名前の由来は「北斗のようにしく」である。 小学生時代からの原辰徳のファンで、小学生の時には「巨人で活躍して優勝したら、原監督を(自身の好物である)やきそばパーティに招待したいです」という絵作文を書いていた。料理を作ることが得意である[10]

ドラフト指名時には「小さいころから夢見た舞台に立てるのでうれしいです。頭が真っ白になりました」と語り[4]、高校日本代表として共に戦った松井裕樹との対戦を熱望し[11]、目標は最終的には「200勝投手、内海さんのように誰からも信頼されるエースになりたいと思います」と語っている[12]

2015年、本拠地での登場曲は同郷で誕生日が同じ矢沢永吉キャロル時代の名曲「ファンキー・モンキー・ベイビー[3][13][14]

2017年1月5日、母校の広島新庄高校で2学年後輩だった一般女性と結婚した[15][16]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2015 巨人 13 12 0 0 0 3 5 0 0 .375 274 66.1 54 5 26 1 3 64 2 1 26 20 2.71 1.21
2016 26 24 2 1 0 10 10 0 0 .500 668 162.0 150 15 49 0 6 126 1 0 54 49 2.72 1.23
2017 26 26 3 2 1 13 4 0 0 .765 709 170.2 159 14 49 1 4 122 1 0 59 57 3.01 1.22
NPB:3年 65 62 5 3 1 26 19 0 0 .578 1651 399.0 363 34 124 2 13 312 4 1 139 126 0.00 1.22
  • 2017年度シーズン終了時

表彰編集

記録編集

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2015年4月11日、対東京ヤクルトスワローズ2回戦(東京ドーム)、4回裏に石川雅規から三塁適時内野安打
その他の記録

背番号編集

  • 90 (2014年 - )

登場曲編集

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年6月7日閲覧。
  2. ^ a b c 「週刊ベースボール」 2013年11月11日号【2013ドラフト総決算号】ベースボール・マガジン社 JANコード:4910204421135
  3. ^ a b 19歳新星「初めまして」田口です!V打&1勝「初もの尽くし」 スポーツ報知 2015年4月12日閲覧
  4. ^ a b c ドラ3“広島のドクターK”左腕・田口「松井に負けたくない」 スポーツ報知 2013年10月25日閲覧
  5. ^ a b “巨人田口、初先発&初勝利&初安打&初打点&初V打”. 日刊スポーツ. (2015年4月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1460154.html 2015年4月11日閲覧。 
  6. ^ “巨人5連勝 田口プロ初完封、チームトップ7勝 村田連夜の3打点”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年8月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/08/03/kiji/K20160803013090000.html 2017年6月18日閲覧。 
  7. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  8. ^ 大会出場メンバー25名を発表 3監督が記者会見で意気込みを語る 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年10月12日) 2017年10月22日閲覧
  9. ^ 巨人 広島にやっと2勝目 投手2冠田口が連敗止めた「残り全て勝つ」スポニチ Sponichi Annex
  10. ^ a b ドラ3田口、小4で描いた夢『原監督と焼きそばパーティー』 スポーツ報知 2013年11月17日閲覧
  11. ^ Gドラ3田口は楽天・松井との対決望む デイリースポーツ 2013年10月25日閲覧
  12. ^ 【巨人3位】新庄高 田口 小柄左腕は興奮「200勝投手になりたい」 スポーツニッポン 2013年10月24日閲覧
  13. ^ 選手テーマ曲 - 読売巨人軍公式サイト
  14. ^ 田口麗斗「目指すは次代の杉内か?ポスト山口か?」 | BASEBALL KING
  15. ^ “巨人・田口が結婚を発表「料理は何でもおいしい」”. デイリースポーツ. (2017年1月8日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/01/08/0009813038.shtml 2017年1月10日閲覧。 
  16. ^ “巨人田口のろけ結婚発表“イチゴ”に婚姻届け提出”. 日刊スポーツ. (2017年1月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1762762.html 2017年1月10日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集