メインメニューを開く

田奈

神奈川県横浜市青葉区の町名

田奈(たな)は神奈川県横浜市青葉区の地名。東急田園都市線田奈駅がある。国道246号線が通過する。多摩田園都市まちづくり館がある。なお、行政上の地名では「田奈町」(たなちょう)。郵便番号は227-0064[3]

田奈町
田奈駅入口(2011年11月)
田奈駅入口(2011年11月)
田奈町の位置(横浜市内)
田奈町
田奈町
田奈町の位置
田奈町の位置(神奈川県内)
田奈町
田奈町
田奈町の位置
北緯35度32分11.64秒 東経139度30分16.9秒 / 北緯35.5365667度 東経139.504694度 / 35.5365667; 139.504694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
青葉区
面積
 • 合計 0.626km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 4,836人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
227-0064[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

地名の由来編集

「田奈」は「恩田・長津田」の「田」と「奈良」の「奈」を一字ずつとったものである。明治22年の市町村制施行に伴い「田奈村」としてできた地名。現在の田奈町一帯は元来は田奈村大字恩田であった。その田奈村は1939年4月1日横浜市の当時の港北区に編入され、当該地域には大字に合わせて恩田町、奈良町、長津田町が置かれたため、一旦行政上の地名としての田奈は姿を消す。その後、1966年4月1日、恩田町字東村に東急田園都市線田奈駅が開業した。1969年10月1日横浜市の行政区の再編成に伴い緑区に編入。

1971年土地区画整理事業により、恩田町の通称中恩田地区(字東村、馬場、大谷戸、西谷、万福寺前、町田川通、沓形通、矢際通、早川通、十王堂前、早川、麻生山、善念寺前、日影山、和海道の範囲)で新しい町が新設されることになった。町名は地元住民の要望と駅名にちなみ、「田奈町」とされた。1994年11月6日、横浜市の行政区の再編成に伴い青葉区に編入され、現在の形に至る。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
田奈町 2,298世帯 4,836人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
全域 横浜市立田奈小学校 横浜市立あかね台中学校

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。