メインメニューを開く

田宮 猛雄(たみや たけお、1889年明治22年)1月31日 - 1963年昭和38年)7月11日)は日本の医学者、衛生学者。日本医師会会長や日本医学会会長、東京大学医学部教授を務めた。

発疹チフスなどのリケッチア症の病原体や媒介動物などについて研究を行い、細菌学免疫学を専門とした。

理学、植物博士で微生物学者の田宮博の兄。理学、医学博士で生化学者の田宮信雄の父。

略歴編集

受賞歴編集

参考文献編集

  • 北博正『名誉会員 田宮猛雄先生を悼む』 産業医学、Vol.5(8)、P.42-41、1963年

関連項目編集

脚注編集