メインメニューを開く

田島隆

田島 隆(たじま たかし、1968年 - )は、日本漫画原作者海事代理士行政書士ラジオパーソナリティ中国放送『カバチタレ! 田島隆のマンガラヂオ』)。広島県呉市出身、同市在住。

田島隆
生誕 1968年
日本の旗 広島県呉市
職業 漫画原作者
ジャンル 青年漫画、法律漫画
代表作カバチタレ!
極悪がんぼ
ダンダリン一〇一
公式サイト 田島隆公式HP
テンプレートを表示

目次

概要編集

ナニワ金融道』の海事代理士編のアイデア提供者を経て、1999年、『カバチタレ!』で漫画原作者デビュー。同作品の作画担当漫画家の東風孝広は従弟にあたる。

経歴編集

1968年広島県呉市生まれ。幼い頃、両親は喫茶店を経営していたものの、店は流行らず父は収入をあまり家庭には入れなかったために、食事はすいとんお粥などで貧しい暮らしを強いられた[1]

父は母の顔を靴べらや定規で殴るというDVを繰り返し、母は父に殴られた後、長男である田島や兄弟に「あんたたちを産んだからこうなった」と同じように定規で殴っていたという。

上記のことで居場所がない田島はその頃、書店で漫画を読むことが唯一の楽しみであり希望であった。

中学2年の時に両親が離婚。高校に進学するが、経済苦を事由に1年で中退。15歳で独立するものの、新幹線の高架下で車上生活を余儀なくされ、トラック運転手・花屋・クリーニング技師・新聞配達・営業マン・工員など30あまりの職場を経験[2]した。

20歳の頃、代行運転手の業務に就くものの、賃金未払いのまま解雇され、労働基準監督署による手続きで賃金を取り戻すという経験をし、法律の力の凄さと、幼い頃から強いられたような理不尽な人生の味方になる可能性を知る。その後、日中は清掃の仕事をしながら資格試験を目指し、司法書士補助者を経て、海事代理士行政書士の試験に合格する。

故郷の呉市に海事代理士・行政書士事務所を開業した後、28歳で『ナニワ金融道』にアイデア提供を申し出て、『ナニワ金融道』海事代理士編につながる。かつて自分が好きだった漫画を通して「事務所に来れず自分のように理不尽な思いを強いられる人の力になれば」と考えたという。のちに従弟の東風孝広と『カバチタレ!』の連載をスタート。

海事代理士・行政書士としての実績により広島修道大学大学院法務研究科法科大学院)への受験資格を認められ入学するが、弁護士にはなれず修了した。その後、早稲田大学大学院法学研究科博士前期課程在学を経て、現在は広島大学大学院医歯薬保健学研究科医学研究科法医学教室)博士コースに在学中。

作品リスト編集

関連項目編集

脚注編集