田崎 眞也(たさき しんや、1958年3月21日 - )は、日本ソムリエワインタレント料理評論家。有限会社サンティール代表取締役社長、有限会社インターソムリエ代表取締役社長、有限会社エルミタージュ代表取締役社長、日本ソムリエ協会会長、一般社団法人全日本・食学会理事[1]。報道などでは新字体田崎 真也(たさき しんや)と表記されることもある。

略歴編集

東京都渋谷区に生まれるも、間もなくして神奈川県相模原市へ移る。幾徳工業高等専門学校を中退後、レストランでウェイターの仕事を行っている中でワインの世界に触れ感化される[2]。その後1977年、本場フランスに渡り、ブルゴーニュ地方やボルドー地方のワイン蔵元を訪ね歩く[2]。一度帰国してから再度フランスに渡り、アカデミー・ドュ・ヴァン(ワイン・アカデミー)を卒業する[2]

1980年に帰国後、1983年に第3回全国ソムリエ最高技術賞コンクールで優勝する[2]。1995年、第8回世界最優秀ソムリエコンクールフランス語版で日本人として初の優勝を遂げる[2]。この快挙も相まって、日本のワインブームの立役者となる。有限会社サンティール、有限会社インターソムリエ、有限会社エルミタージュ、ヴィノテーク(ワイン雑誌)の各代表取締役社長を務める。田崎真也ワインサロン(東京・愛宕山[3]主宰。また、レストランS、ワインバーカノン、焼酎居酒屋 眞平をプロデュースする。長野県原産地呼称管理制度ワイン官能審査委員長を務める。

2010年10月から2017年6月まで、国際ソムリエ協会の会長を務める。2016年2月には、日本ソムリエ協会の会長に就任する[4]

人物編集

カレーライスは嫌いではないものの、ワインのテイスティングの際に舌に違和感を生じる恐れがあることなどから、絶対に仕事の最中には食べないようにしているという[5]

本名は「田崎眞也」[6]であり旧字体の「眞」と表記するのが正しいが、マスメディアに登場する際は新字体の「真」と表記されることが多い[7]

魚釣りが趣味で、静岡県熱海市にマンションを購入し、時間をみては船釣りに出かけている。奄美大島(鹿児島県)にクエ狙いで遠征することもある[8]

経歴編集

  • 相模原市立大野南中学校卒業。
  • 幾徳工業高等専門学校(現・神奈川工科大学)で電子科に所属するも中退。
  • 銀座のレストラン「ローマイヤ」勤務中にソムリエへの道を志す。
  • 1977年、初めての渡仏。以降も渡仏を繰り返し、パリのアカデミー・デュ・ワイン(ソムリエ・コース)を日本人で初めて卒業。
  • 1998年10月 『料理の鉄人』でイタリアンの鉄人神戸勝彦に勝利。
  • 2000年5月1日 NTTドコモiモード『田崎真也のワイン館』開設。
  • 2005年2月25日 日本ソムリエ協会の副会長に就任。
  • 2010年11月23日 国際ソムリエ協会の会長に就任。

賞歴編集

  • 1983年 日本における、全国ソムリエ最高技術章コンクールに優勝。
  • 1995年5月 第8回世界最優秀ソムリエコンクール優勝。
  • 2008年 「現代の名工」として厚生労働大臣表彰。

栄典編集

出演編集

著書編集

  • 『田崎真也が明かすワイン味わいのコツ』柴田書店, 1994.5
  • 『ソムリエを楽しむ』講談社, 1996.10
  • 『田崎真也の家庭で楽しむワインと料理 色で選んだ12種類のワイン』廣済堂出版, 1996.11
  • 『ワインと料理おたのしみ自由自在 ソムリエのワザありノート 毎日の食卓を100倍豊かにする秘密』青春出版社, 1996.6
  • 『ワイン生活 楽しく飲むための200のヒント』(新潮選書) 1996.9 のち文庫
  • 『ソムリエのひらめき』河出書房新社, 1997.11 のち文庫
  • 『田崎真也の今日は、このワイン :ワインと料理のすてきな関係』三好貴子絵. 駿台曜曜社, 1997.7
  • 『田崎真也が選ぶ毎日飲むワイン 3000円以下のおいしいワインを楽しむ』新星出版社, 1997.8
  • 『田崎真也の気のいい仲間と卓上料理 ワインと料理のおいしい関係』 (マキノ出版ムック) 1998.1
  • 『田崎真也の家で楽しむ1,500円のワイン (Classy collection) 光文社, 1998.4
  • 『田崎真也とみつける自己流ワインの楽しみ (NHK趣味悠々) 監修. 日本放送出版協会, 1998.4
  • 『飲んで識るイタリアワイン』柴田書店, 1998.6
  • 『わいん好き!! 料理とワインで田崎流おもてなし』監修, 「わいん好き!!」出版プロジェクト編. 柴田書店, 1998.7
  • 『田崎真也のおしゃべりなワイン フランスワイン編』大洋印刷CD事業部, 1998.9
  • 『田崎真也の記念日ワインにはこの花を』ワニブックス, 1999.7
  • 『ワイン上手 深く味わう人へのアドヴァイス』(新潮選書) 1999.8
  • 『田崎真也のサービスの極意 お客様にお楽しみいただくヒント』大和出版, 2000.10 「サービスの極意」新潮文庫, 2004.12
  • 『田崎真也のワイン・シアター』同文書院, 2000.5
  • 『毎日のワイン手帳』講談社+α新書) 2000.7
  • 『ワインは自分流が楽しい ソムリエ世界一の原点』(講談社+α文庫) 2000.9
  • 『続・ワイン味わいのコツ ブルゴーニュ、ボルドー&ローヌ』柴田書店, 2001.1
  • 『本格焼酎を愉しむ』(光文社新書) 2001.10 のち知恵の森文庫 
  • 『田崎真也のテイスティング no.1』日本経済新聞社, 2001.12
  • 『田崎真也と探す、いい店おいしい店』(新潮文庫) 2002.12
  • 『1000円ワインと50のレシピ』 (講談社のお料理book) 2002.12
  • 『田崎真也のスーパーSakeレシピ』廣済堂出版, 2002.2
  • 『日本酒を味わう 田崎真也の仕事』(朝日選書) 2002.5
  • 『旨い酒旨い肴』(Gakken mook) 学習研究社, 2003.4
  • 『田崎真也の絶品お取り寄せ手帖』講談社, 2005.8
  • 『うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術』角川oneテーマ21 2006.1
  • 『僕が「チャングム」から教わったこと 人を喜ばせる《仕事・もてなし・サービス》の原点』飛鳥新社, 2006.8
  • 『接待の一流 おもてなしは技術です』(光文社新書) 2007.1
  • 『田崎真也のシャンパン・ブック』(地球の歩き方gem stone ダイヤモンド・ビッグ社, 2007.12
  • 『田崎真也の今こそ島焼酎』管洋志写真. 実業之日本社, 2007.4
  • 『田崎真也の安くて旨い!ワイン&簡単おつまみ』PHP研究所, 2008.3
  • 『田崎真也特製!ワインによく合うおつまみ手帖』講談社+α文庫 2009.5
  • 『ブレない男の人生の作法(マナー)』青春出版社, 2009.6
  • 『言葉にして伝える技術 ソムリエの表現力』祥伝社新書 2010.10
  • 『「和」の食卓に似合うお酒』中公新書ラクレ 2010.3
  • 『田崎真也のワインを愉しむ』毎日新聞社, 2012.5
  • 『No.1ソムリエが語る、新しい日本酒の味わい方』SB新書 2016.3

共著・監修編集

  • 田中康夫のソムリエに訊け』田中康夫共著. ティビーエス・ブリタニカ, 1994.1 「ソムリエに訊け」幻冬舎文庫)1998.2
  • 『飲んで識るフランスワイン』高橋時丸共著. 柴田書店, 1996.11
  • 『ワールドワインブック2 (Magazine House mook) 監修. マガジンハウス, 1997.9
  • 『Brutus French wine book ver.2 (Magazine House mook) 監修. マガジンハウス, 1998.11
  • 『もっと楽しむフレンチ&ワイン ビストロから高級店までフレンチレストランが満喫できる本 Yahoo!Japanインターネット検定公式テキスト』監修. インプレスジャパン, 2006.8
  • 『和食とワイン』髙橋拓児共著. 日本ソムリエ協会, 2015.7

脚注編集

  1. ^ 組織概要”. 一般社団法人 全日本・食学会. 2020年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e 立花隆 『青春漂流』講談社、1998年6月、177-196頁。 
  3. ^ 田崎真也ワインサロン”. 2020年8月19日閲覧。
  4. ^ プロフィール”. 田崎真也オフィシャルサイト. 株式会社サンティール. 2020年8月19日閲覧。
  5. ^ マドラ出版『広告批評』1983年6月号の裏表紙『AGFマキシム』の広告より
  6. ^ a b “平成23年春の褒章受章者について” (プレスリリース), 大臣官房人事課, (2011年6月15日), https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001ezud.html 2020年8月19日閲覧。 
  7. ^ 紫綬褒章に野田秀樹さん、柄本明さんら”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (2011年6月15日). 2020年8月19日閲覧。
  8. ^ 『日本経済新聞』朝刊2018年9月23日掲載のインタビューより(NIKKEI The STYLE)。

外部リンク編集