メインメニューを開く

田 広明(でん こうめい、? - 紀元前71年)は、前漢の人。京兆尹鄭県の人。字は子公。御史大夫となった。

略歴編集

郎から天水司馬、河南都尉と昇進し、殺伐とした統治を行った。武帝時代の末期、盗賊が各地で頻発するようになると、淮陽太守となった。征和3年(紀元前90年)、元の城父令公孫勇、および客の胡倩が皇帝の使者を詐称して反乱しようとすると、田広明は胡倩の偽りを見抜いて捕縛し、公孫勇も圉県の役人魏不害、江徳、蘇昌らによって捕らえられた。

田広明は征和4年(紀元前89年)に大鴻臚に昇進し、兄の田雲中が代わりに淮陽太守となった。

昭帝の時代、始元4年(紀元前83年)、翌年と田広明は益州の西南夷の反乱を撃った。田広明は関内侯を賜り、始元4年に衛尉に異動した[1]元鳳元年(紀元前80年)に武都氐が反乱を起こすと、執金吾馬適建、龍額侯韓増、および田広明が刑徒を率いて鎮圧した。

元鳳3年(紀元前78年)に左馮翊に遷り、有能であると評された。元平元年(紀元前74年)、宣帝が即位した後、御史大夫蔡義丞相になると、田広明が御史大夫に昇進し、宣帝を擁立した功績で列侯(昌水侯)に封じられた。

本始2年(紀元前72年)、匈奴を討つために15万騎が動員されると、御史大夫田広明は祁連将軍となり他の四将軍と共に出兵した。受降城に入ると、死亡した受降都尉の未亡人を召し出して姦淫した上、軍は約束の期日に間に合わず軍を退いた。そのため、翌年になり太僕杜延年の問責を受け、田広明は自殺した。

脚注編集

  1. ^ ただし、『漢書』昭帝紀では元鳳元年においても田広明は大鴻臚とされている。

参考文献編集

  • 班固著『漢書』巻6武帝紀、巻7昭帝紀、巻8宣帝紀、巻19下百官公卿表下、巻90田広明伝