メインメニューを開く

田 建(でん けん、生没年不詳、在位紀元前265年 - 紀元前221年)は、中国戦国時代の最後(第8代)の君主。王としては5代目。

父は第7代の襄王紀元前221年の政(始皇帝)の攻撃を受けたときに戦わずして降伏し、ここに秦の中国統一は完成した。田建は身柄を共(現在の河南省新郷市輝県市)に移されたという。

田建の弟である田仮は始皇帝没後に秦が弱体化すると挙兵して斉王になった。また孫の田安も済北王になって斉を再興したが、内紛により田栄に殺害された。

玉連環編集

即位当初は母親である君王后中国語版摂政していた。

ある時、秦王[注釈 1]の使者が玉連環を携えて斉を訪れ、知者の有無を確かめようとした。群臣に外せるものがいないのを知った君王后は、使者の前で玉連環をで叩き割って分解してみせ、面目を立てた[1]

参考文献編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 戦国策』の底本によって、昭襄王となっているものと、秦王政となっているものとがある。

出典編集

  1. ^ 『戦国策』巻13 斉6 の「齊閔王之遇殺」より。