田 建(でん けん、生没年不詳)は、中国戦国時代の最後(第8代)の君主(在位:紀元前264年 - 紀元前221年)。王としては5代目。父は第7代の襄王

生涯編集

襄王19年(前265年)、襄王が死に、田建が即位した。即位当初は母親である君王后中国語版摂政をし、輔政していた。

斉王建16年(前249年)、君王后がこの世を去り、君王后の族弟の后勝中国語版が執政した。后勝はから賄賂を受け取り、秦の都合のいいように主張した。田建は后勝の主張を聞き入れ、五国()の滅亡を傍観し、軍事を強化しなかった[1][2]。五国が滅亡すると、田建は秦が侵攻することを恐れ、将軍や軍隊を西部の辺境に集結した[3]

44年(前221年)、秦王政斉の攻略王賁に命じた。秦軍は斉軍の主力が集結した西部を避け、元燕の南部から南下し臨淄へ侵攻した。斉軍は秦軍からの突然の北面からの侵攻に、不意をつかれ瓦解した[3][4]。田建は降伏し、斉は滅亡した[5]。ここに秦の中国統一は完成した。

その後、田建は身柄を共(現在の河南省新郷市輝県市)に移されたという。また、の旧領の500里の邑へ赴いたが、食糧を絶たれ、餓死したとも伝えれている[6][7]

始皇帝没後に秦が弱体化すると、田建の弟である田仮が挙兵して斉王になった。また孫の田安も済北王になって斉を再興したが、内紛により田栄に殺害された。

玉連環編集

ある時、秦王[注釈 1]の使者が玉連環を携えて斉を訪れ、知者の有無を確かめようとした。群臣に外せるものがいないのを知った君王后は、使者の前で玉連環をで叩き割って分解してみせ、面目を立てた[8]

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 戦国策』の底本によって、昭襄王となっているものと、秦王政となっているものとがある。

出典編集

  1. ^ 史記・卷四十六・田敬仲完世家第十六》:君王后死,后勝相齊,多受秦間金玉,多使賓客入秦,秦又多予金,客皆為反間,勸王去從朝秦,不脩攻戰之備,不助五國攻秦,秦以故得滅五國。
  2. ^ 戰國策・卷十三・齊策六》:君王后死,后勝相齊,多受秦間金玉,多使賓客入秦,皆為變辭,勸王朝秦,不脩攻戰之備。
  3. ^ a b 島崎晋 2019, p. 102.
  4. ^ 寺田 1997, p. 49.
  5. ^ 史記・卷四十六・田敬仲完世家第十六》:五國已亡,秦兵卒入臨淄,民莫敢格者。王建遂降,遷於共。故齊人怨王建不蚤與諸侯合從攻秦,聽奸臣賓客以亡其國,歌之曰:「松耶柏耶?住建共者客耶?」疾建用客之不詳也。
  6. ^ 資治通鑑 秦紀卷七》:齊王建也死於流放之地。王賁自燕南攻齊,卒入臨淄,民莫敢格者。秦使人誘齊王,約封以五百里之地。齊王遂降,秦遷之共,處之松柏之間,餓而死。
  7. ^ 戰國策・卷十三・齊策六》:齊王建入朝於秦,雍門司馬前曰:「所為立王者,為社稷耶?為王立王耶?」王曰:「為社稷。」司馬曰:「為社稷主王,王何以去社稷而入秦?」齊王還車而反。即墨大夫與雍門司馬諫而聽之,則以為可可為謀,即入見齊王曰:「齊地方數千里,帶甲數百萬。夫三晉大夫,皆不便秦,而在阿、鄄之間者百數,王收而與之百萬之眾,使收三晉之故地,即臨晉之關可以入矣;鄢、郢大夫,不欲為秦,而在城南下者百數,王收而與之百萬之師,使收楚故地,即武關可以入矣。如此,則齊威可 立,秦國可亡。夫舍南面之稱制,乃西面而事秦,為大王不取也。」齊王不聽。秦使陳馳誘齊王内之,約與五百里之地。齊王不聽即墨大夫而聽陳馳,遂入秦。處之共松柏之間,餓而死。先是齊為之歌曰:「松邪!柏邪!住建共者,客耶!」
  8. ^ 『戦国策』巻13 斉6 の「齊閔王之遇殺」より。

参考文献編集

  • 史記
  • 『史記の事典』(青木五郎中村嘉弘大修館書店
  • 島崎晋 『春秋戦国の英傑たち』 双葉社、2019年。 
  • 寺田隆信 『物語 中国の歴史』 中央公論新社、1997年。