メインメニューを開く

田所 善治郎(たどころ ぜんじろう、1934年7月17日 - )は、静岡県焼津市出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

田所 善治郎
Zenjiro Tadokoro 1956 Scan10003.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県焼津市
生年月日 (1934-07-17) 1934年7月17日(85歳)
身長
体重
171 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

静岡商業では1952年にエース、四番打者として阿井利治とバッテリーを組み、第24回選抜高等学校野球大会に出場。準決勝では八尾高木村保に投げ勝つ。決勝では日野美澄のいた鳴門高を降し、全試合完封勝利で静岡商業を選抜初優勝に導いた[1]。同年夏は山静大会準決勝でエース矢頭高雄を擁する都留高に敗退。他のチームメートに中堅手横山昌弘がいる。

卒業後、1953年国鉄スワローズに入団。同年4月から先発陣の一角として起用される。5年目の1957年にはエースの金田正一と共に、先発の柱として15勝21敗と初の2桁勝利を記録した。1959年にも11勝を挙げている。その後は勝ち星も少なくなり、1964年限りで現役を引退した。翌年からは国鉄に残って、コーチを務めた。現在、静岡県野球連盟競技役員。オーバースローからドロップ、カーブ、シュート、シンカーを武器とした。

エピソード編集

1967年7月読売ジャイアンツ戦に一塁コーチだった際、ヒットを打ったデーヴ・ロバーツに「ノー、ノー」と言ったつもりがデーヴ・ロバーツは「ゴー、ゴー」と聞き違え、結果走塁死になり、チームも1点差で敗れ、対読売ジャイアンツに開幕から10連敗となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1953 国鉄 29 13 1 0 0 2 6 -- -- .250 464 104.1 108 9 57 -- 1 54 2 0 50 45 3.86 1.58
1954 18 10 4 0 0 4 8 -- -- .333 372 87.1 89 10 26 -- 1 38 1 0 44 36 3.68 1.32
1955 27 18 4 2 0 5 9 -- -- .357 494 117.2 100 17 50 7 5 44 1 0 54 47 3.58 1.27
1956 45 22 3 2 0 7 7 -- -- .500 651 165.2 132 14 44 6 4 95 2 0 46 39 2.11 1.06
1957 56 34 15 4 3 15 21 -- -- .417 1172 301.1 221 15 77 11 4 162 2 0 93 81 2.41 0.99
1958 34 23 3 1 0 6 11 -- -- .353 581 136.2 144 20 39 4 1 47 3 0 72 63 4.14 1.34
1959 42 21 5 2 2 11 6 -- -- .647 665 158.2 155 23 47 4 1 67 3 0 75 62 3.51 1.27
1960 35 9 0 0 0 3 4 -- -- .429 336 76.1 80 11 38 1 3 42 1 0 43 38 4.44 1.55
1961 25 2 1 0 0 0 3 -- -- .000 202 48.2 45 2 20 1 1 24 0 0 18 15 2.76 1.34
1962 34 6 2 0 0 0 5 -- -- .000 323 81.0 64 5 18 2 1 43 3 0 32 24 2.67 1.01
1963 35 4 0 0 0 3 2 -- -- .600 282 72.0 62 12 22 0 1 29 0 0 29 28 3.50 1.17
1964 11 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 54 12.0 11 3 8 1 0 2 0 0 6 6 4.50 1.58
通算:12年 391 162 38 11 5 56 83 -- -- .403 5596 1361.2 1211 141 446 37 23 647 18 0 562 484 3.20 1.22

記録編集

  • ゲーム最多被本塁打(セ・リーグ記録):7 (1958年6月1日)

背番号編集

  • 46 (1953年)
  • 11 (1954年 - 1964年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集