メインメニューを開く

田所 秀孝(たどころ ひでたか、1950年10月31日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属している元騎手調教師。父は田所秀雄元調教師、伯父は田所稔元調教師、従兄弟の夫は田所清広元調教師である。

田所秀孝
Hidetaka-Tadokoro20100704.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1950-10-31) 1950年10月31日(69歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 東京・中村広(1971.3 - 1977.11)
栗東・田所秀雄(1977.11 - 引退)
初免許年 1971年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1995年2月28日
重賞勝利 3勝
通算勝利 4152戦292勝
調教師情報
初免許年 1995年(1996年開業)
経歴
所属 栗東T.C.(1995年 -)
テンプレートを表示

来歴編集

1966年、4月に父の京都・田所秀雄厩舎所属で騎手候補生となる。

1969年、4月に東京中村広厩舎所属となる。

1971年、騎手免許を取得し同厩舎よりデビュー。同期には中野栄治南井克巳らがいる。3月6日にオンワードケイトで初騎乗し11着。5月15日にスガワシに騎乗して勝利し初勝利を挙げる。

1971年11月6日に行われた福島競馬第1競走のアラブ系3歳未勝利戦(9頭立て)で、タマワイチに騎乗し勝利した。しかしタマワイチの単勝馬券は無投票(総投票数は1928票)で、単勝式的中者なしとして1票あたり70円を返金するという、いわゆる「特払い」となった(複勝式は2840票中46票の投票も、やはり最低人気であった)。なお、中央競馬での特払いはこのレース以降現れていない。

1977年、11月に父の栗東・田所秀雄厩舎所属となる。

1978年阪神4歳牝馬特別をサンエムジョオーで制し重賞初勝利を挙げる。

1995年、2月に調教師免許を取得し騎手を引退する。騎手成績はJRA通算4152戦292勝(うち重賞3勝)。

1996年、厩舎を開業。1月27日、初出走となった京都競馬場での第3競走は、ヤクモアゲインが4着となる。3月17日阪神競馬場での第2競走でヤクモアゲインが勝利し、のべ15戦目で初勝利を挙げる。

1998年アーリントンカップをダブリンライオンが制しJRA重賞初勝利を挙げる。

2007年函館記念エリモハリアーが制し同レース3連覇を達成する。

2018年中山大障害ニホンピロバロンで制してJ・GI初勝利を挙げた。

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 274 329 385 4020 .068 .150
障害 18 19 15 132 .136 .280
292 348 400 4152 .070 .154
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1971年3月6日 - オンワードケイト - - 11着
初勝利 1971年5月15日 - スガワシ - - 1着
重賞初騎乗 1971年10月24日 福島大賞典 デボートターフ 9頭 8 8着
重賞初勝利 1978年3月19日 阪神4歳牝馬特別 サンエムジョオー 14頭 6 1着
GI級初騎乗 1978年4月9日 桜花賞 サンエムジョオー 21頭 3 2着

主な騎乗馬編集

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1996年1月27日 2回京都1日3R 4歳未勝利 ヤクモアゲイン 16頭 4 4着
初勝利 1996年3月17日 1回阪神8日2R 4歳未勝利 ヤクモアゲイン 12頭 1 1着
重賞初出走 1996年9月21日 2回函館7日11R 函館3歳S シルクマスタング 8頭 5 4着
重賞初勝利 1998年3月1日 1回阪神2日11R アーリントンC ダブリンライオン 11頭 6 1着
GI初出走 1997年5月11日 2回東京8日11R NHKマイルC シルクマスタング 18頭 15 9着
GI初勝利 2018年12月22日 5回中山7日10R 中山大障害 ニホンピロバロン 13頭 3 1着

主な管理馬編集

主な厩舎所属者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ News「原田敬伍騎手 JRA初勝利」” (日本語). 競馬実況web. 日経ラジオ社 (2013年3月9日). 2013年6月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集